1966年の東映フライヤーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1966年の東映フライヤーズ
成績
パシフィック・リーグ3位
70勝60敗6分 勝率.538[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 大川博
経営母体 東映
監督 水原茂
« 1965
1967 »

1966年の東映フライヤーズ(1966ねんのとうえいフライヤーズ)では、1966年シーズンの東映フライヤーズの動向をまとめる。

この年の東映フライヤーズは、水原茂監督の6年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 西園寺昭夫
2 青野修三
3 ラーカー
4 張本勲
5 宮原務本
6 ジマー
7 毒島章一
8 種茂雅之
9 尾崎行雄
1966年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 西鉄 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 --
2位 東映 1.0 東映 4.5 西鉄 1.0 西鉄 1.5 西鉄 3.5 西鉄 4.0
3位 南海 1.0 西鉄 5.0 東映 2.0 東映 3.5 東映 5.5 東映 9.0
4位 阪急 3.5 東京 8.0 東京 8.5 東京 10.5 東京 12.0 東京 18.0
5位 東京 4.5 近鉄 10.5 阪急 10.5 阪急 13.0 阪急 14.5 阪急 22.0
6位 近鉄 5.0 阪急 11.0 近鉄 11.0 近鉄 13.5 近鉄 21.5 近鉄 31.0
1966年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 79 51 3 .608 -
2位 西鉄ライオンズ 75 55 8 .577 4.0
3位 東映フライヤーズ 70 60 6 .538 9.0
4位 東京オリオンズ 61 69 4 .469 18.0
5位 阪急ブレーブス 57 73 4 .438 22.0
6位 近鉄バファローズ 48 82 3 .369 31.0

[1]

オールスターゲーム1966[編集]

コーチ 水原茂
ファン投票 張本勲
監督推薦 嵯峨健四郎 森安敏明 種茂雅之 毒島章一 土橋正幸
  • 取り消し線は出場辞退

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
張本勲 外野手 7年連続7度目
毒島章一 8年ぶり3度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備 所属 結果
第1次ドラフト
1位 桜井憲 投手 日本大学第一高 入団
2位 島谷金二 内野手 四国電力 拒否
3位 久保陽二 投手 高松第一高 拒否・早稲田大学進学
4位 加藤秀司 内野手 PL学園高 拒否・松下電器入社
5位 千葉剛 投手 東北高 拒否・日本鉱業日立入社
6位 笠原弘道 投手 日本鋼管 拒否
7位 尾関洋司 投手 岐阜・加納高 拒否・中京大学進学
8位 井上弘昭 外野手 電電近畿 拒否
9位 末永幸士 投手 東北高 拒否・国士舘大学進学
第2次ドラフト
1位 高橋善正 投手 中央大学 入団
2位 大下剛史 内野手 駒澤大学 入団
3位 里見忠士 投手 法政大学 拒否・河合楽器入社

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1966年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年6月14日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 123