1962年の東映フライヤーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1962年の東映フライヤーズ
成績
日本一
4勝2敗1分(対阪神[1]
パシフィック・リーグ優勝
78勝52敗3分 勝率.600[2]
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 大川博
経営母体 東映
監督 水原茂
 < 1961 1963 > 

1962年の東映フライヤーズでは、1962年の東映フライヤーズにおける動向をまとめる。

この年の東映フライヤーズは、水原茂監督の2年目のシーズンであり、球団創設以来初のリーグ優勝と日本シリーズ制覇を果たしたシーズンである。また、前年まで本拠地としていた駒澤野球場が閉場したため、このシーズンから2シーズン、暫定的に明治神宮野球場を本拠地とした。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[3]
1 毒島章一
2 青野修三
3 吉田勝豊
4 張本勲
5 山本八郎
6 西園寺昭夫
7 山本久夫
8 安藤順三
9 富永格郎
1962年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 東映 -- 東映 -- 東映 -- 東映 -- 東映 -- 東映 --
2位 西鉄 4.5 大毎 6.0 大毎 9.5 阪急 15.0 南海 10.5 南海 5.0
3位 阪急 6.5 阪急 6.0 阪急 12.5 大毎 16.0 阪急 13.0 西鉄 16.0
4位 大毎 6.5 西鉄 9.0 近鉄 14.0 南海 17.0 西鉄 14.0 阪急 18.0
5位 近鉄 8.5 近鉄 11.5 西鉄 14.5 近鉄 19.5 大毎 17.5 大毎
6位 南海 10.0 南海 15.5 南海 18.5 西鉄 19.5 近鉄 20.0 近鉄 21.0
1962年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 東映フライヤーズ 78 52 3 .600 -
2位 南海ホークス 73 57 3 .562 5.0
3位 西鉄ライオンズ 62 68 6 .477 16.0
4位 毎日大映オリオンズ 60 70 2 .462 18.0
阪急ブレーブス 60 70 1 .462 18.0
6位 近鉄バファローズ 57 73 1 .438 21.0

[2]

日本シリーズ[編集]

1962年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月13日(土) 第1戦 東映フライヤーズ 5-6 阪神タイガース 阪神甲子園球場
10月14日(日) 第2戦 東映フライヤーズ 0-5 阪神タイガース
10月15日(月) 移動日
10月16日(火) 第3戦 阪神タイガース 2-2 東映フライヤーズ 明治神宮野球場
10月17日(水) 第4戦 阪神タイガース 1-3 東映フライヤーズ
10月18日(木) 第5戦 阪神タイガース 4-6 東映フライヤーズ 後楽園球場
10月19日(金) 移動日
10月20日(土) 第6戦 東映フライヤーズ 7-4 阪神タイガース 阪神甲子園球場
10月21日(日) 第7戦 東映フライヤーズ 2-1 阪神タイガース
優勝:東映フライヤーズ(初優勝)

[1]

オールスターゲーム1962[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
監督 水原茂
投手 尾崎行雄
土橋正幸 5
久保田治 2
捕手 安藤順三 2
外野手 張本勲 3
吉田勝豊 2
毒島章一 6
  • 太字はファン投票による選出。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[4]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
張本勲 最優秀選手 初受賞
最高出塁率 .440 (新設)
尾崎行雄 新人王
久保田治 最優秀防御率 2.12 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
張本勲 外野手 3年連続3度目
吉田勝豊 初受賞

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 1962年度日本シリーズ”. 2015年10月24日閲覧。
  2. ^ a b 年度別成績 1962年 パシフィック・リーグ”. 2015年10月24日閲覧。
  3. ^ 『読売新聞』1963年4月8日付朝刊、14版、7面
  4. ^ ベースボール・マガジン 1998年夏季号