富永格郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
富永 格郎
Tadao Tominaga 1956 Scan10006.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市中京区西ノ京小堀町
生年月日 1937年5月4日
没年月日 (2014-07-18) 2014年7月18日(77歳没)
身長
体重
181 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1956年
初出場 1956年
最終出場 1966年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

富永 格郎(とみなが ただお、1937年5月4日 - )は、京都府京都市中京区西ノ京小堀町出身の元プロ野球選手である。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

立命館高校では1955年に、チームの主戦投手として、二塁手辰市祐英らとともに夏の甲子園に出場。立命館高はこの大会で、中京商桐生高などと共に優勝候補のひとつと目されていた。準々決勝では津久見高田中喜八郎と投げ合い完封勝利。準決勝に進むが坂出商の岡崎秀智投手(中大電電関東)に抑えられ、1-2で惜敗した[1]。同年の神奈川国体は準々決勝で新宮高前岡勤也に投げ勝ち2-0で完封、準決勝に進むが四日市高の高橋正勝(巨人)に抑えられ敗退。

高校卒業後、1956年東映フライヤーズへ入団。1年目より先発陣の一角として起用され、この年は自己最多となるシーズン11勝を挙げた。翌1957年も6勝を記録するが、その後は一時低迷、中継ぎに回る。しかし1961年には先発に復帰し8勝、1962年も8勝を挙げた。同年のリーグ優勝に貢献、日本シリーズではリリーフで3試合に登板している。1963年以降は成績が振るわず、1966年無償トレードサンケイアトムズへ移籍。ここでも活躍の場はなく同年オフに引退した。

速球に威力があり、変化球はスライダー、カーブ、シュートを武器とした。

家族[編集]

「スカウト トニー・ルカデロ最後の旅」(マーク・ワインガードナー  Mark Winegardner 著 東京書籍1992年初版)、「メタルギアソリッド」(レイモンド・ベンソン著 角川文庫 2008年)、「虚栄は死なず」(ルース・レンデル著 光文社文庫)、「Xmen 2」(クリス・クレアモン著)などを日本語に翻訳して出版した翻訳家の富永和子は妻。同じく翻訳家の富永晶子は娘。著書に「ダース・ヴェイダーと仲間たち」(ジェフリー・ブラウン著 辰巳出版)など。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1956 東映 41 26 8 1 0 11 9 -- -- .550 837 202.2 183 5 63 2 3 147 4 0 76 67 2.97 1.21
1957 38 22 4 2 1 6 15 -- -- .286 601 142.2 136 7 51 0 2 106 3 0 63 57 3.59 1.31
1958 9 4 0 0 0 0 1 -- -- .000 102 22.1 28 3 9 0 1 4 0 0 17 15 5.87 1.66
1959 23 9 1 1 1 3 3 -- -- .500 237 56.0 58 3 16 0 2 32 0 1 25 23 3.70 1.32
1960 6 3 0 0 0 1 1 -- -- .500 81 21.1 19 1 2 0 0 6 0 0 8 8 3.27 0.98
1961 38 15 5 1 2 8 10 -- -- .444 516 129.1 100 7 31 0 0 124 0 1 50 37 2.56 1.01
1962 47 14 2 1 0 8 6 -- -- .571 651 165.1 136 12 30 3 5 129 1 0 55 44 2.39 1.00
1963 17 4 0 0 0 1 3 -- -- .250 199 44.2 54 4 14 0 2 23 0 0 33 25 5.00 1.52
1964 22 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 178 41.2 43 1 11 0 0 29 1 0 19 12 2.57 1.30
1965 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 35 8.0 8 1 3 0 1 2 0 0 5 5 5.63 1.38
1966 サンケイ 5 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 23 4.1 7 0 3 0 1 2 0 0 6 4 9.00 2.31
通算:11年 250 98 20 6 4 38 48 -- -- .442 3460 838.1 772 44 233 5 17 604 9 2 357 297 3.19 1.20

背番号[編集]

  • 12 (1956年 - 1965年)
  • 20 (1966年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]