田中喜八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 喜八郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県
生年月日 (1937-07-26) 1937年7月26日(81歳)
身長
体重
176 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1959年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田中 喜八郎(たなか きはちろう、1937年7月26日 - )は、大分県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

津久見高校では、エースとして1955年夏の東九州大会決勝に進み、出水高を完封して甲子園出場を決める。選手権大会では2回戦(初戦)で成田高牧野宏と投げ合い、大差で完封勝ち。しかし準々決勝では立命館高富永格郎に完封負けを喫する[1]

卒業後は社会人野球東洋高圧大牟田に進みエースとして活躍。1958年都市対抗日鉄二瀬の補強選手として出場。井洋雄、村上峻介らと強力投手陣を組み決勝に進出するが、日本石油の伊藤正敏に完封され準優勝に終わる[2]

1959年西鉄ライオンズへ入団。実績のある本格派右腕として期待され、同年は55試合に登板。5月からは先発としても起用されるが、わずか1勝にとどまる。その後も先発、中継ぎとして活躍、1962年には6勝を記録するが、翌1963年は登板機会が減少し同年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1959 西鉄 55 16 0 0 0 1 9 -- -- .100 554 136.2 123 9 34 1 6 102 1 0 55 51 3.35 1.15
1960 23 12 4 0 1 3 5 -- -- .375 370 95.0 72 11 20 1 4 70 2 0 28 26 2.46 0.97
1961 29 7 0 0 0 2 4 -- -- .333 286 66.0 75 11 17 1 0 45 3 0 36 27 3.68 1.39
1962 44 18 2 2 2 6 11 -- -- .353 524 124.2 130 8 29 1 5 88 3 0 60 50 3.60 1.28
1963 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 24 5.0 9 1 1 0 1 0 0 0 6 6 10.8 2.00
通算:5年 154 53 6 2 3 12 29 -- -- .293 1758 427.1 409 40 101 4 16 305 9 0 185 160 3.36 1.19

背番号[編集]

  • 15 (1959年 - 1962年)
  • 20 (1963年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]