前岡勤也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
前岡 勤也
基本情報
出身地 日本の旗 日本 三重県 亀山市
生年月日 (1937-08-13) 1937年8月13日(81歳)
身長
体重
182 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手外野手
プロ入り 1956年
初出場 1956年
最終出場 1964年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

前岡 勤也(まえおか きんや、1937年8月13日 - )は三重県亀山市出身の元プロ野球選手。旧姓、旧登録名(1958年まで)は井崎勤也(いざき きんや)。

来歴[編集]

中学卒業後、前岡家の養子になり和歌山県立新宮高等学校に進学。新宮高校では、海草中学(現・和歌山県立向陽高等学校)で嶋清一と同期の甲子園優勝メンバーである古角俊郎監督の指導を受ける。古角は同じ左腕である前岡を「第二の嶋」とすることを目指して鍛え上げたという[1]。2年生時の1954年夏の甲子園に出場し、準々決勝では北海高と延長17回の熱戦の末に完封勝利。準決勝ではこの大会に優勝した中京商中山俊丈と投げ合うが2-4で惜敗。同年の北海道国体は決勝に進むが、高知商のエース片田謙二に抑えられ準優勝に終わる。1年上のチームメートに遊撃手岡田守雄がいた。3年生となった1955年夏の甲子園では、大会屈指の強打者と呼ばれた坂崎一彦を擁する浪華商を1回戦で破り、準々決勝に進むが、またも中京商に敗退した。同年の神奈川国体は準々決勝で、立命館高富永格郎と投げ合うが0-2で惜敗。

この2年連続の活躍により、プロ野球球団の激しい争奪戦が起こる。その中で大阪タイガーススカウトの青木一三は、実家の井崎家に通い、養子縁組を解消させるという方法で契約にこぎ着けた[2]。この経緯から、入団時に登録名を元の姓の井崎勤也とする。契約金は当時としては破格の700万円と報じられた。

しかし、入団当初に肩を痛めてしまう。青木によると、キャンプ中の2月におこなわれた有料紅白戦に、親会社の希望で先発させたために肩に違和感が出てきたことが原因であるという[3]。これが尾を引き、1年目は僅か5試合の登板に終わる。1959年に登録名を前岡勤也に変更した。この年にプロ初勝利を完投で挙げた。これが、最初で最後の勝利であった。1960年オフに中日ドラゴンズに金銭トレードで移籍。しかし投手としては成績が残せず、1963年から外野手に転向。1964年に自己最多の51試合に出場するもオフに引退した。

プレースタイル・人物[編集]

新宮高校では、ホップする速球を武器とする速球派左腕であった。その速球は、低めを突くと地面から砂塵が舞ったとの伝説が残るほどであった[4]。また投球フォームは戦前の伝説的な投手・嶋清一を彷彿させる回転重視の特殊な投球フォームであった[4][5]。プロ入り後は怪我に加えて、この特殊な投球フォームを各コーチがバラバラに矯正しようとしたため、最終的に投球フォームを崩してしまう結果となったといわれ、プロでは大成できなかった[4][5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1956 阪神 5 2 0 0 0 0 1 -- -- .000 77 19.0 13 1 12 0 0 5 0 0 6 5 2.37 1.32
1957 14 3 0 0 0 0 1 -- -- .000 150 35.2 25 5 21 0 0 23 2 0 18 18 4.50 1.29
1959 9 3 1 0 0 1 1 -- -- .500 115 28.0 26 5 8 0 0 19 0 0 16 15 4.82 1.21
1960 6 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 42 8.2 13 1 6 0 0 6 0 0 6 6 6.00 2.19
1961 中日 8 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 68 16.2 10 2 8 0 0 8 0 0 10 6 3.18 1.08
通算:5年 42 9 1 0 0 1 4 -- -- .200 452 108.0 87 14 55 0 0 61 2 0 56 50 4.17 1.31

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1956 阪神 6 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1957 16 10 10 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000
1959 10 10 9 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .111 .200 .111 .311
1960 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1961 中日 9 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1962 12 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1963 16 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1964 51 12 11 9 3 0 0 0 3 1 8 4 0 0 1 0 0 1 0 .273 .333 .273 .606
通算:8年 127 42 40 12 4 0 0 0 4 1 8 6 0 0 2 0 0 12 0 .100 .143 .100 .243

背番号[編集]

  • 18(1956年 - 1958年)
  • 48(1959年 - 1964年)

登録名[編集]

  • 井崎 勤也 (いざき きんや、1956年 - 1958年)
  • 前岡 勤也 (まえおか きんや、1959年 - 1964年)

脚注[編集]

  1. ^ 山本暢俊『嶋清一 戦火に散った伝説の左腕』彩流社、2007年、P243。
  2. ^ 南萬満『真虎伝』新評論、1996年、P214。
  3. ^ 『真虎伝』P215。青木は監督の藤村富美男が親会社の要望を断れなかったと述べている。なお、青木は自著『ここだけの話 プロ野球どいつも、こいつも……』(ブックマン社、1989年)の中では、卒業式後に夜行列車でチームに戻った直後の大毎オリオンズとのオープン戦に先発させられて1死も取れずに降板し、藤村から「700万円ドブに捨てたようなもんや」と言われたと記している。青木は「夜行で着いたばかりの登板は殺生だ。勘弁してやってほしい」と藤村に頼んだが聞いてもらえなかったことを今でも恨んでいると同著で告白している
  4. ^ a b c 低めを突くと砂塵が舞った”. 激闘の記憶と栄光の記録. 2013年10月17日閲覧。
  5. ^ a b 井崎勤也”. げんまつWEBタイガース歴史研究室. 2013年10月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]