青木一三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青木 一三
Aoki Ichizo.JPG
1956年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 1926年
没年月日 1994年3月17日
選手情報
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

青木 一三(あおき いちぞう、1926年 - 1994年3月17日)は、日本プロ野球選手スカウト。大阪府生まれ。関西大学卒業。「マムシの一三」と呼ばれた。

人物[編集]

市岡中学時代に幻の甲子園大会といわれる「大日本学徒体育振興大会」に出場。蔭山和夫(のちに南海ホークス)と二遊間を組み活躍するが、平安中学富樫淳ノーヒットノーランを達成される。

戦後、関西大学に進学し同大野球部に所属。選手は1年生のころに既に引退し、学生マネージャーとなっていた。同野球部監督だった森田忠勇1950年大阪タイガースの二軍監督になると、青木は在学中であるにもかかわらず二軍マネージャー補佐として大阪タイガースに入団した。大学卒業後スカウト専任となる。1950年代大阪タイガースで、関大トリオとして森田二軍監督・浅野マネージャーと共にフロントを支えた。交渉能力が高く、新人選手の獲得にも腕を発揮した。吉田義男三宅秀史山本哲也藤本勝巳ら、他球団がノーマークの選手を発掘し、次々と獲得している。

松木謙治郎監督退団後、阪神と折り合いがつかず大映スターズ移籍を決意、いったんは野田誠三オーナーに慰留されるが藤村排斥事件の責任をとらされて解雇される。後の著書において、排斥事件は自らが裏で糸を引いていたと述べている[1]。ちなみに、青木が退団したことでスカウト陣が薄くなったため、タイガースは同年に中日ドラゴンズを解雇されたスカウト・佐川直行を入団させている[注釈 1]

1957年に大映スターズに入社。入社早々高橋ユニオンズとの合併を経験。オーナーの永田雅一と出会ったことをきっかけに政財界に人脈を築いた[2]。大毎オリオンズ→東京オリオンズ→ロッテオリオンズ(現在の千葉ロッテマリーンズ)時代も村田兆治有藤道世らを発掘したり、1958年田宮謙次郎獲得、1963年小山正明山内一弘の世紀のトレードを担当する。この小山-山内のトレードを阪神側で担当したのが、青木と入れ替わりで阪神に入団した佐川であった。1966年に巨人を現役引退したばかりで当時34歳の広岡達朗を永田オーナーの反対を押し切り、オリオンズの監督に招聘要請したこともある(受諾せず)[3]。青木は「広岡クンの監督としての才能に誰よりも早く目を付けたのは私」と誇っていた[3]

永田が球団経営から身を引いた後は、代わってオーナーとなった中村長芳に従う。中村が西鉄ライオンズ救済のためにロッテを退団して福岡野球株式会社を興し、太平洋クラブライオンズのオーナーとなると、取締役としてフロントに入った。太平洋クラブライオンズ→クラウンライターライオンズ(現在の埼玉西武ライオンズ)では球団経営に奔走、ロッテとの遺恨試合を演出する(詳細はライオンズとオリオンズの遺恨を参照)、巨人とのトレードを前提とした江川卓の強行指名などのさまざまな策を繰り出し、苦しい球団経営を支えた。

晩年の著書の中で、ドラフト制度については「チームの均質化は各チームの営業努力を奪い、また契約金の抑制はプロ野球への魅力を落としている」として撤廃を強く主張した[4]。また、当時は日本では導入されていなかったFAについても「やや早い気もするが」という但し書きつきながら、同様の理由で賛意を表明した[5]

太平洋クラブ時代の監督であった稲尾和久については、その監督としての能力に否定的な記述を著書でおこなっている。一方、稲尾の側も「どうもソリが合わない」と記し、青木がベンチの横の管理室から聞こえよがしに「ここでバントはないだろう」などの采配批判を口にしていたと述べている[6]

略歴[編集]

球界「裏面史」[編集]

上記の「藤村排斥事件」や"遺恨試合"以外に、青木が著書で紹介している球界「裏面史」とでもいうべき内容に以下のものがある。他の資料等で真偽を確認できない話題もあるが、広い人脈や策士ぶりをうかがわせるものである。

  • セントラル・リーグ鈴木龍二の会長退任の花道という名目で、2球団を追加して8球団にする構想を持っていた。その一つが上記の坪内がオーナーとなって松山市をフランチャイズとする球団、もう一つは田中六助の肝いりによる福岡市の球団だった。この話があったために坪内は南海の売却話に乗らなかった[7][注釈 2]
  • 堤康次郎が健在だった頃、永田雅一と青木のもとに堤清二が使者として訪れ、「西武グループ芝公園に球場を建てるので大毎の本拠地に使ってほしい。康次郎は球場経営はしても球団経営はするなと言っているので、大毎の乗っ取りなどは考えていないから安心してほしい」と申し入れた[9]
  • 堤義明西武球場を建設した当初は球団を持つ意思がなかった。それが変わったのは、堤と親しかった安倍晋太郎が、義父の岸信介の意向を受けて買収を勧めたためである(当時のライオンズオーナーの中村長芳は岸の元秘書だった)[9]

著書[編集]

  • 『猛虎復活の全員野球』(オーエス出版、1985年)
  • 『ここだけの話 プロ野球どいつも、こいつも……』(ブックマン社、1989年)
  • 『ダイエー/オリックス球団買収の真相』(ブックマン社、1989年)
  • 『12球団全監督のオモテとウラ プロ野球ここだけの話』(ブックマン社、1990年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ちなみに佐川はタイガース入団後、鎌田実並木輝男を皮切りに、村山実江夏豊田淵幸一らを獲得。敏腕スカウトとして1950年代後半から1960年代のタイガースを支える存在となった。
  2. ^ このセ・リーグ8球団化構想については稲尾和久も著書『神様、仏様、稲尾様』で触れている。また吉田義男は、中内功が1985年に鈴木龍二にプロ野球団買収を相談したと記している(『牛若丸の履歴書』日経ビジネス人文庫、2009年、P116)。吉田が聞いたところでは、中内は鈴木から四国を本拠地にするよう勧められたために断念し、福岡ダイエーホークスに方針を切り替えたという。

参照[編集]

  1. ^ 『ダイエー/オリックス球団買収の真相』P90
  2. ^ 『ダイエー/オリックス球団買収の真相』P181
  3. ^ a b 青木一三『ここだけの話 プロ野球どいつも、こいつも』、ブックマン社、1989年、P170-173
  4. ^ 『ダイエー/オリックス球団買収の真相』P159 - 168
  5. ^ 『ダイエー/オリックス球団買収の真相』P173 - 176
  6. ^ 稲尾和久『神様、仏様、稲尾様』日本経済新聞社、2002年、P228。
  7. ^ a b 『ダイエー/オリックス球団買収の真相』P18 - 21
  8. ^ 『ダイエー/オリックス球団買収の真相』P107 - 108
  9. ^ a b 『ダイエー/オリックス球団買収の真相』P114 -117