大阪市立桜宮高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大阪市立桜宮高等学校
Osaka City Sakuranomiya Senior High School.JPG
過去の名称 大阪市立実科高等女学校
大阪市立桜宮高等女学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大阪市
学区 大阪府全域
校訓 知性・敬愛・活力
設立年月日 1916年
創立記念日 11月10日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
人間スポーツ科学科
高校コード 27221D
所在地 534-0001
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大阪市立桜宮高等学校(おおさかしりつ さくらのみやこうとうがっこう)は、大阪府大阪市都島区にある公立高等学校

普通科のほか、人間スポーツ科学科(各学年120名)を併設している。また知的障害生徒自立支援コースを設置し、別枠の入学試験を実施して知的障害生徒3名を受け入れている。

沿革[編集]

大阪市北区の区会が、大正天皇即位記念事業として泉布観に実科女学校を設立することを決め、1914年3月に設立が認可された。しかし財政難のため開校が延期され、1916年からの開校となった。

1916年4月、大阪市北区実科女学校として開校した。開校当初は第一盈進高等小学校を仮校舎とした。1917年には泉布観の払い下げを受け、同地の一角・大阪市北区新川崎町(現在の大阪市北区天満橋1丁目)に移転している。

北区会は1922年6月28日高等女学校令に準拠する教育課程へと学科課程を改正した。大阪市会は1927年2月14日、従来の北区の区有財産としての運営から、市直営の実科高等女学校へと移管することを決定した。直後の1927年4月1日付で大阪市立実科高等女学校に改称している。

1934年4月1日には大阪市立桜宮高等女学校へと改称している。

学制改革により、1948年に大阪市立桜宮高等学校となった。しかし校舎を新制の大阪市立都島第二中学校(現在の大阪市立桜宮中学校)に転用することになったことに伴い、大阪市南区西賑町(現在の中央区谷町6丁目)・大阪市立南高等学校内に移転し、南高校と同居する形となった。当時、大阪市立南桜宮高等学校と併称することもあった。

1950年3月には南高校との同居を解き、北区・大阪市立滝川小学校(戦災被害により当時休校中)への移転をおこなった。1953年8月には現在地に新敷地が決定し、1955年5月に新校舎第一期工事が完成した。1955年より3年生が現在地へ移転し、1957年には現在地への全面移転が実現した。

なお旧制女学校時代に使用されていた校地は、大阪市立桜宮中学校が退去したのち、1952年10月より大阪市立北稜中学校が入っている。

1980年には大阪府の公立高校で初めてとなる体育科が併設された。また1999年にはスポーツ健康科学科が設置された。体罰事件の反省を受けて、2014年に体育科とスポーツ健康科学科を改組し、新たに人間スポーツ科学科を新設した。

年表[編集]

  • 1916年4月1日 - 北区実科女学校として開校
  • 1927年4月1日 - 大阪市立実科高等女学校に改称
  • 1934年4月1日 - 大阪市立桜宮高等女学校に改称
  • 1948年4月1日 - 学制改革により、大阪市立桜宮高等学校に改称
  • 1948年 - 大阪市立南高等学校内に移転し、同校と同居
  • 1950年 - 大阪市立滝川小学校北区)内に移転し、独立校舎となる
  • 1955年5月12日 - 現在地に新校舎竣工
  • 1957年1月17日 - 新校舎へ完全移転
  • 1980年4月1日 - 体育科設置
  • 1981年6月30日 - 体育館・室内温水プール増改築竣工
  • 1999年4月1日 - スポーツ健康科学科設置
  • 2006年4月1日 - 知的障害生徒自立支援コース設置
  • 2013年1月21日 - 体育科およびスポーツ健康科学科の入学試験中止[1]し、この年は普通科のみの入試となった(ただし体育科とスポーツ健康学科に本来割り当てられている定員の枠はすべて普通科の枠としたため普通科の募集定員はその分増加した)
  • 2014年 - 体育科とスポーツ健康科学科を改組し人間スポーツ科学科を新設した。

部活動[編集]

1982年3月には野球部が第54回選抜高等学校野球大会に出場している。

部活動における体罰について[編集]

2012年12月22日にバスケットボール部の顧問を務めていた男性教諭が同部キャプテンを務める2年男子生徒に体罰を与え、翌23日に生徒が自殺する事件が起きた[2]。自殺した生徒は恒常的に体罰を受け、自殺前夜には30~40回殴られていた[3]。その後の調査の結果、バスケットボール部以外の複数の部活動においても顧問による体罰と称する暴行や暴言が横行していた実態を、1月22日に橋下徹大阪市長が明らかにした[4][5]。大阪市教育委員会が全校生徒に対して行った調査の結果、2つを除く全ての部活動で顧問による体罰と称する暴行や暴言が横行していた実態が明らかになっている[6]。2011年にはバレーボール部顧問の男性教諭が体育館倉庫や更衣室で部員6名に対して約250回、平手打ちや体を蹴るなどの体罰を行っていた事が公益通報により発覚し、停職三ヶ月の処分を受けている。この時、バスケ部顧問の教諭に関しても同様の通報があったが確認はされず、隠蔽された[7]大阪市教育委員会は、バスケットボール部の活動を無期限に停止すること、および校長の更迭を決定した[8][9]。その後、バスケットボール部の顧問を務めていた元教諭は懲戒免職処分となった。2013年3月4日に元教諭はニュースウォッチ9に出演した[10]。2013年7月4日に元教諭は暴行と傷害の罪で大阪地検に在宅起訴された[11]。当該元教諭は生徒の自殺から二週間後に生徒宅を訪問し、生徒の両親に桜宮高校で指導者として復帰したい旨の希望を伝えたが、拒否されている[12]

2013年9月26日、大阪地裁は元教諭に懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡した[13]

著名な出身者[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 桜宮高「体育科」入試を中止 「普通科」で実施 大阪市教委決定”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2013年1月21日). 2013年1月22日閲覧。
  2. ^ 強豪バスケ部主将 体罰自殺”. 日刊スポーツ (2013年1月9日). 2013年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月22日閲覧。
  3. ^ 島澤優子 「桜宮高校バスケット部体罰事件の真実」96頁
  4. ^ 桜宮高、他の部でも体罰確認 常態化を示すデータも”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2013年1月21日). 2013年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月22日閲覧。
  5. ^ 複数の部 体罰や暴言 桜宮高 全生徒・教員調査で”. 東京新聞. 中日新聞社 (2013年1月22日). 2013年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月22日閲覧。
  6. ^ 島澤優子 「桜宮高校バスケット部体罰事件の真実」106頁
  7. ^ 島澤優子 「桜宮高校バスケット部体罰事件の真実」105頁
  8. ^ バスケ部を無期限活動停止に 桜宮高校”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2013年1月15日). 2013年1月22日閲覧。
  9. ^ 『桜宮高校長を更迭へ…バスケ部主将自殺』スポーツ報知(2013年1月24日)
  10. ^ 「まだ生きていられるんだな」「彼の今後を見守りたい」 桜宮高校バスケ部元顧問、テレビで謝罪に賛否両論”. J-CASTニュース (2013年3月5日). 2014年1月5日閲覧。
  11. ^ 体罰のバスケ部元顧問を在宅起訴 大阪地”. 産経新聞 (2013年7月4日). 2013年7月31日閲覧。
  12. ^ 島澤優子 「桜宮高校バスケット部体罰事件の真実」84頁
  13. ^ 『自殺生徒の両親を激怒させた元顧問の「電話」…桜宮高体罰問題はこうして刑事事件に発展した』MSN産経ニュース(2013年9月28日)

参考文献[編集]

  • 大阪市立桜宮高等学校記念誌編集委員会 『80年の歩み:大阪市立桜宮高等学校80周年記念誌』、1999年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]