1988年の日本ハムファイターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1988年の日本ハムファイターズ
成績
パシフィック・リーグ3位
62勝65敗3分 勝率.488[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
東京ドーム
Tokyo Dome 2007-2.jpg
球団組織
オーナー 大社義規
経営母体 日本ハム
監督 高田繁
« 1987
1989 »

1988年の日本ハムファイターズ(1988ねんのにほんハムファイターズ)では、1988年シーズンついての日本ハムファイターズの動向をまとめる。

このシーズンの日本ハムファイターズは、高田繁監督の4年目のシーズンであり、本拠地が後楽園球場から東京ドームに移転した最初のシーズンである。

概要[編集]

前年4年ぶりにAクラスに浮上し、東京ドーム1年目に優勝を目指すチームはトレードで元本塁打王の大島康徳を、さらに新外国人ブライアン・デイエットを異例の4年契約で獲得。ところが開幕直前に前年35本塁打のトニー・ブリューワが腰痛で帰国、デイエットも右足の付け根を痛め、打線の破壊力が落ちたチームは5月以降下位に低迷。投手陣は西崎幸広松浦宏明が共に15勝を挙げ最多勝、河野博文も6勝止まりながら防御率1位と、チーム防御率はリーグ1位。対照的にチーム打率はリーグ最下位だったが、5月に加入したマイク・イースラーの活躍と、5月中旬から3番に定着した田中幸雄の台頭もあり、チームは勝率5割超えこそなかったが3位を確保。しかし優勝争いについに一度も絡めず、高田監督はシーズン終了後辞任した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 島田誠
2 白井一幸
3 古屋英夫
4 大島康徳
5 岡持和彦
6 田村藤夫
7 津末英明
8 早川和夫
9 田中幸雄
投手 西崎幸広
1988年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 --
2位 近鉄 1.5 近鉄 4.5 近鉄 7.5 近鉄 5.0 近鉄 4.0 近鉄 1.5 近鉄 0.0
3位 ロッテ 2.0 ロッテ 8.0 日本ハム 11.5 日本ハム 8.5 日本ハム 12.0 日本ハム 9.0 日本ハム 12.5
4位 日本ハム 3.0 日本ハム 9.5 ロッテ 11.5 阪急 10.0 南海 13.0 阪急 12.5 阪急 15.0
5位 阪急 6.5 南海 10.0 南海 11.5 南海 10.5 阪急 13.0 南海 13.5 南海 17.5
6位 南海 8.0 阪急 13.0 阪急 15.0 ロッテ 11.0 ロッテ 15.0 ロッテ 14.5 ロッテ 21.0

[2][3][4][5][6][7]

1988年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 西武ライオンズ 73 51 6 .589 -
2位 近鉄バファローズ 74 52 4 .587 0.0
3位 日本ハムファイターズ 62 65 3 .488 12.5
4位 阪急ブレーブス 60 68 2 .469 15.0
5位 南海ホークス 58 71 1 .450 17.5
6位 ロッテオリオンズ 54 74 2 .422 21.0

[1]

オールスターゲーム1988[編集]

  • コーチ
高田繁
  • ファン投票
西崎幸広
田中幸雄
  • 監督推薦
津野浩
田村藤夫

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
河野博文 最優秀防御率 2.38 初受賞
西崎幸広 最多勝利 15勝 初受賞
松浦宏明 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
西崎幸広 投手 初受賞
田中幸雄 遊撃手 初受賞
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
西崎幸広 投手 初受賞
田中幸雄 遊撃手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 中島輝士 内野手 プリンスホテル 入団
2位 鈴木慶裕 外野手 日本石油 入団
3位 川名慎一 外野手 鹿児島商工高 入団
4位 上岡良一 投手 東北福祉大学 入団
5位 難波幸治 内野手 岡山南高 入団
6位 矢作公一 内野手 立教大学 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1988年 パシフィック・リーグ”. 2016年12月23日閲覧。
  2. ^ 『読売新聞』1988年5月1日付朝刊、14版、17面
  3. ^ 『読売新聞』1988年6月1日付朝刊、14版、19面
  4. ^ 『読売新聞』1988年7月1日付朝刊、14版、19面
  5. ^ 『読売新聞』1988年8月1日付朝刊、14版、19面
  6. ^ 『読売新聞』1988年9月1日付朝刊、14版、19面
  7. ^ 『読売新聞』1988年9月30日付朝刊、14版、19面