石川陽造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石川 陽造
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県伊予三島市
(現・四国中央市
生年月日 (1940-11-24) 1940年11月24日(78歳)
身長
体重
175 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1962年
初出場 1962年
最終出場 1965年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石川 陽造(いしかわ ようぞう、1940年11月24日 - )は、愛媛県伊予三島市(現・四国中央市[1]出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

高松商では岡村浩二とバッテリーを組み、2年時の1957年春の選抜へ出場。準々決勝まで勝ち進むが、倉敷工渡辺博文に抑えられ敗退[2]。3年時の1958年には春季四国大会決勝で徳島商板東英二と投げ合い、両者とも得点を許さぬまま延長25回まで進み、2-0で優勝を飾る。同年には夏の甲子園にも出場し、この大会でもベスト8まで進出したが、作新学院に延長11回敗退[3]。同年の富山国体にも出場、決勝まで進むがまたも作新学院に敗れる(日程が雨天順延で遅れ、決勝はオープン戦となり記録上は二校優勝)。2年下のチームメートに控え内野手であった山口富士雄がいる。

卒業後は岡村と共に立教大学に進学し、東京六大学リーグでは1年生の1959年春季リーグから活躍。岡村以外の大学同期に太田紘一(2年で中退)、岡本凱孝がいた。

大学を3年で中退し、1961年暮れに東映フライヤーズへ入団。1年目の1962年に初登板を果たす。2年目の1963年には先発陣に入り、シュートを武器に自己最高の16勝を挙げる。同年はリリーフもこなし、球団最多の65試合に登板。オールスターゲームにも出場した[1]。翌1964年も先発として起用されるが、5勝に終わる。その後は登板機会が減少し、1966年からは二軍暮らしに終始し、1967年オフに引退。

引退後は元プロ野球選手の荒井健が開発した「鶴ヶ島ゴルフ倶楽部」の支配人になった[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1962 東映 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 13 3.0 3 0 1 0 0 3 0 0 1 1 3.00 1.33
1963 65 23 11 2 1 16 13 -- -- .552 1074 275.2 219 16 52 3 11 155 4 0 90 78 2.54 0.98
1964 42 16 2 1 0 5 8 -- -- .385 676 164.2 153 10 47 5 6 61 1 0 61 48 2.62 1.21
1965 15 6 1 1 0 3 3 -- -- .500 205 48.2 48 3 12 1 1 14 0 0 19 18 3.31 1.23
通算:4年 124 45 14 4 1 24 24 -- -- .500 1968 492.0 423 29 112 9 18 233 5 0 171 145 2.65 1.09

記録[編集]

背番号[編集]

  • 28 (1962年 - 1964年)
  • 14 (1965年 - 1967年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、41ページ
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]