渡辺博文 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡辺 博文
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県
生年月日 (1940-07-04) 1940年7月4日(78歳)
身長
体重
175 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1963年
初出場 1964年
最終出場 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

渡辺 博文(わたなべ ひろふみ、1940年7月4日 - )は、岡山県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

倉敷工業高校では1957年春の選抜にエースとして出場。準決勝に進むが、高知商小松敏宏と投げ合い1-3で敗退[1]。1年上のチームメートに中堅手室山皓之助がいる。同年夏は県予選決勝で石原碩夫投手を擁する岡山東商に敗れた。翌年の春の選抜にも連続出場、2回戦(初戦)で立命館高に2-3で敗れる[1]。1年下のチームメートに遊撃手三宅博がいた。

立命館大学に進み、関西六大学リーグでは在学中に3度優勝。1962年秋季リーグでは、当時のリーグ新記録となるシーズン10勝をあげる。

1963年阪急ブレーブスに入団。主力投手として期待されたが、阪急では1964年の1試合のみの登板に終わる。1965年サンケイスワローズに移籍。主として中継ぎで起用されるが、同年8月5日には広島カープを相手に初先発。6回を1失点と好投するが7回に打ち込まれ降板、勝敗はつかなかった。しかし9月7日には読売ジャイアンツとの対戦で、6回から巽一をリリーフしプロ初勝利を挙げた。その後は登板機会が減少するが、1968年には主に左打者に対するワンポイントリリーフとして22試合に起用された。同年限りで引退。引退後は第一広告に勤務した。

1966年シーズン途中から1968年までの登録名渡辺 一史(わたなべ かずし)。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]






















































W
H
I
P
1964 阪急 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 3 1.0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.00
1965 サンケイ 19 2 0 0 0 1 1 -- -- .500 124 29.1 34 3 9 0 0 11 2 1 14 14 4.30 1.47
1966 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 6 0.1 2 1 3 0 0 1 0 0 4 3 81.00 15.00
1968 22 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 63 12.2 21 2 5 0 0 9 1 0 5 5 3.55 2.05
通算:4年 45 3 0 0 0 1 1 -- -- .500 196 43.1 57 6 17 0 0 21 3 1 23 22 4.57 1.71

背番号[編集]

  • 34 (1963年 - 1964年)
  • 52 (1965年 - 1967年)
  • 46 (1968年)

登録名[編集]

  • 渡辺 博文 (わたなべ ひろふみ、1963年 - 1966年途中)
  • 渡辺 一史 (わたなべ かずし、1966年途中 - 1968年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]