岡本凱孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡本 凱孝
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 (1940-08-14) 1940年8月14日(79歳)
身長
体重
176 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1963年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岡本 凱孝(おかもと よしたか、1940年8月14日 - )は、大阪府[1]出身の元プロ野球選手。ポジションは捕手

来歴・人物[編集]

浪華商業高校では池上栄一郎(法大)とバッテリーを組み捕手として活躍。1957年秋季近畿大会では、四番打者、中堅手張本勲らとチームを牽引、準決勝に進むが海南高の宗邦夫に完封負け。しかし翌1958年春の選抜への出場を決める。ところが一般生徒が刑事事件を起こし、チームは出場辞退を余儀なくされた。翌1958年には夏の甲子園に捕手、七番打者として出場[1]。1回戦で魚津高村椿輝雄に完封を喫する[2]。同期の張本は不祥事により甲子園出場を辞退している。

卒業後は立教大学へ進学。当時は長嶋杉浦森滝らが相次いで卒業した後で、戦力が次第に低下しており、東京六大学リーグでは、在学中の優勝は1年の秋季リーグのみ。リーグ通算57試合出場、183打数37安打、打率.202、1本塁打。大学同期に石川陽造岡村浩二がいるが、両者とも中退して早期にプロ入りした。

1963年国鉄スワローズへ入団[1]1965年から正捕手の根来広光に変わってマスクを被る回数が増え、1966年にはレギュラーの座を獲得。野村克也と同様な「ささやき戦術」を用い、インサイドワークに優れた捕手であったが、弱肩で盗塁阻止率が低かった。1968年西鉄ライオンズへ移籍し、1969年に現役を引退[1]

引退後は立大時代の友人が専務を務める地元・大阪の鉄鋼会社に庶務課長として勤務し、その後は福岡市博多区美野島焼き鳥もつ鍋の「青龍」を経営。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1963 国鉄
サンケイ
30 22 22 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .045 .045 .045 .091
1964 4 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1965 60 81 77 4 19 1 2 1 27 7 0 1 1 1 2 0 0 16 1 .247 .266 .351 .616
1966 121 332 313 9 65 11 0 2 82 21 2 6 4 1 10 3 4 28 9 .208 .242 .262 .504
1967 122 337 316 18 79 9 0 6 106 30 1 8 6 1 9 0 5 29 7 .250 .282 .335 .617
1968 西鉄 54 69 65 2 7 0 0 1 10 4 0 0 0 0 3 1 1 9 0 .108 .159 .154 .313
通算:6年 391 847 799 33 171 21 2 10 226 62 3 15 11 3 24 4 10 86 17 .214 .246 .283 .529
  • 国鉄(国鉄スワローズ)は、1965年途中にサンケイ(サンケイスワローズ)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 19 (1963年 - 1967年)
  • 26 (1968年 - 1969年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、121ページ
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年