池沢義行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
池沢 義行
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県
生年月日 (1939-05-14) 1939年5月14日(83歳)
身長
体重
174 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1962年
初出場 1962年4月15日
最終出場 1966年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

池沢 義行(いけざわ よしゆき、1939年(昭和14年)5月14日 - )は、栃木県[1]出身の元プロ野球選手。ポジションは外野手

来歴・人物[編集]

大田原高校では、1956年(昭和31年)秋季関東大会県予選準々決勝に進むが、宇都宮工に大敗。卒業後は神奈川大学に進学。神奈川五大学リーグでは、2年下のエース森川卓郎らを擁し、1960年(昭和35年)春季、1961年(昭和36年)春秋季リーグと3回の優勝を経験。全日本大学野球選手権大会にも2回出場するが、いずれも中京大に2回戦で敗れた。同リーグでは3度首位打者を獲得している[1]

1962年読売ジャイアンツへ入団し、契約金は1,600万円であった[2]。1年目から一軍に上がり、シーズン後半には坂崎一彦らと右翼手の定位置を争う。同年は35試合に先発を果たし、打率.250、2本塁打を記録する。2年目の1963年には、主に五番打者として57試合に先発出場。同年6月26日には長嶋茂雄の急な欠場もあって、広島を相手に1試合だけだが四番打者も経験[1]。8月11日の阪神タイガース戦では、リリーフで登板した村山実が審判(国友正一)のボール判定に抗議し、涙を浮かべながら退場する場面があったが(「どこ見てるんや! わしは一球一球、命かけて投げてるんや」と。)、この時に打席に立っていた打者が池沢である。ちなみに池沢は前日の試合でも、7回までノーヒットピッチングだった村山から8回にヒットを放っている。シーズンでは打率は.249ながら、チーム4位の42打点を挙げた。同年の西鉄ライオンズとの日本シリーズでは全7試合に右翼手、五番打者として先発。第6戦までわずか2安打と苦しむが、最終第7戦では田中勉から本塁打を放つなど3安打を放ち、チームの日本一に貢献した。

1964年も開幕直後から活躍するが、7月9日の阪神タイガース戦で太田紘一から右肘に死球を受ける。死球禍により打撃不振に陥り[1]、さらに手当を十分にしなかったことから、右肘に水が溜まるようになり、右投げの池沢は送球に支障を来すようになった[2]。死球の影響は大きく、7月半ば以降は先発出場からも外れた。

同年オフには、吉田勝豊安藤元博石原碩夫との交換トレードで坂崎一彦山崎正之と共に東映フライヤーズへ移籍する。しかし、1965年は打率.158と不本意な成績に終わり、オフに戦力外通告を受けた。同年10月には東急病院で前年に死球を受けた右肘を手術する。病室には大洋ホエールズスカウトも現れたが、包帯だらけの右腕を見て黙って帰って行ったという。さらに、韓国に詳しいチームメイトからソウル南部にの名人がいるとの話を聞いて、渡韓して治療を受けた[3]

手術に伴って右手の握力は25㎏まで落ちたが、同年12月中旬より仲の良かった城之内邦雄に誘われて伊豆山でトレーニングを行う。そこで池沢は入団テストを通じた巨人への復帰を考え、監督の川上哲治に相談して、1966年2月から宮崎の二軍キャンプに自費で参加、2月下旬には復帰が決まった。同年5月6日の対サンケイアトムズ戦で代打として登場し、村田元一からタイムリー二塁打を打つ。その後も主に代打として起用されるが、握力の低下により打球の勢いが失せ、打率.118とあまり活躍できないまま、同年オフに引退した[1][4]

引退後すると、東京都新宿区に池沢建設を開くが、1967年に6,000万円の手形詐欺にあって会社は倒産[5]。のち、埼玉県志木市ガソリンの輸送・販売を行う大豊産業の社長を務めた[6]

逸話[編集]

遠征の際は長嶋茂雄と相部屋で、毎晩のように二人で素振りをしていたが、スイングによる筋肉の動きがよくわかるように、上半身は裸、下半身はパンツ一つで行っていた。なお、池沢の長男の名付け親は長嶋であった[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1962 巨人 76 158 148 7 37 4 0 2 47 15 1 2 2 0 7 0 1 30 5 .250 .288 .318 .606
1963 113 225 197 18 49 7 0 8 80 42 0 1 2 8 18 3 0 31 4 .249 .312 .406 .718
1964 77 138 126 8 27 4 0 3 40 12 0 0 0 0 11 2 1 11 5 .214 .283 .317 .600
1965 東映 61 63 57 1 9 2 0 0 11 3 0 0 0 1 5 0 0 6 2 .158 .226 .193 .419
1966 巨人 43 43 34 0 4 1 0 0 5 4 0 0 0 0 8 0 1 6 1 .118 .302 .147 .449
通算:5年 370 627 562 34 126 18 0 13 183 76 1 3 4 9 49 5 3 84 17 .224 .290 .326 .616

記録[編集]

背番号[編集]

  • 6 (1962年 - 1964年)
  • 8 (1965年)
  • 41 (1966年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、33ページ
  2. ^ a b 『背番号の消えた人生』324頁
  3. ^ 『背番号の消えた人生』325頁
  4. ^ 『背番号の消えた人生』327頁
  5. ^ 『背番号の消えた人生』332頁
  6. ^ a b 『背番号の消えた人生』320頁

参考文献[編集]

外部リンク[編集]