2006年の北海道日本ハムファイターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
2006年の北海道日本ハムファイターズ
成績
アジアシリーズ優勝
日本一
日本S:4勝1敗(対中日[1]
パシフィック・リーグ優勝
CS 2nd:3勝0敗[注 1](対ソフトバンク
レギュラーシーズン1位
82勝54敗 勝率.603[2]
本拠地
都市 北海道札幌市豊平区
球場
札幌ドーム
Sapporo dome view from seats.jpg
球団組織
オーナー 大社啓二
経営母体 日本ハム
監督 トレイ・ヒルマン
« 2005
2007 »

2006年の北海道日本ハムファイターズ(2006ねんのほっかいどうにっぽんハムファイターズ)では、2006年北海道日本ハムファイターズにおける動向をまとめる。

この年の日本ハムファイターズは、トレイ・ヒルマン監督の4年目のシーズンであり、1981年以来、25年ぶり3度目のリーグ優勝と1962年以来、44年ぶり2度目の日本一に輝いたシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 マシーアス
2 坪井智哉
3 小笠原道大
4 セギノール
5 稲葉篤紀
6 SHINJO
7 高橋信二
8 飯山裕志
9 金子誠
投手 金村曉
2006年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 西武 -- ロッテ -- ソフトバンク -- 西武 -- 西武 -- 日本ハム --
2位 ソフトバンク 1.0 西武 1.5 西武 1.0 ソフトバンク 1.0 ソフトバンク 1.0 西武 1.0
3位 ロッテ 1.5 ソフトバンク 2.0 ロッテ 3.0 日本ハム 3.0 日本ハム 2.0 ソフトバンク 4.5
4位 日本ハム 2.5 日本ハム 3.0 日本ハム 3.5 ロッテ 7.0 ロッテ 11.5 ロッテ 16.5
5位 オリックス 3.0 オリックス 7.5 オリックス 12.0 オリックス 16.5 オリックス 24.0 オリックス 28.5
6位 楽天 10.0 楽天 16.0 楽天 16.0 楽天 23.0 楽天 30.0 楽天 33.0
2006年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 北海道日本ハムファイターズ 82 54 0 .603 -
2位 西武ライオンズ 80 54 2 .597 1.0
3位 福岡ソフトバンクホークス 75 56 5 .573 4.5
4位 千葉ロッテマリーンズ 65 70 1 .481 16.5
5位 オリックス・バファローズ 52 81 3 .391 28.5
6位 東北楽天ゴールデンイーグルス 47 85 4 .356 33.0


プレーオフ[編集]

2006 パシフィック・リーグプレーオフ 第2ステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
アドバンテージ 福岡ソフトバンクホークス 北海道日本ハムファイターズ
10月11日(水) 第1戦 福岡ソフトバンクホークス 1-3 北海道日本ハムファイターズ 札幌ドーム
10月12日(木) 第2戦 福岡ソフトバンクホークス 0-1 北海道日本ハムファイターズ
勝者:北海道日本ハムファイターズ

日本シリーズ[編集]

2006年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月21日(土) 第1戦 北海道日本ハムファイターズ 2-4 中日ドラゴンズ ナゴヤドーム
10月22日(日) 第2戦 北海道日本ハムファイターズ 5-2 中日ドラゴンズ
10月23日(月) 移動日
10月24日(火) 第3戦 中日ドラゴンズ 1-6 北海道日本ハムファイターズ 札幌ドーム
10月25日(水) 第4戦 中日ドラゴンズ 0-3 北海道日本ハムファイターズ
10月26日(木) 第5戦 中日ドラゴンズ 1-4 北海道日本ハムファイターズ
優勝:北海道日本ハムファイターズ(44年ぶり2回目)

アジアシリーズ[編集]

2006年 アジアシリーズ
日付 試合 先攻球団 スコア 後攻球団 開催球場
予選リーグ
11月9日(木) 第1戦 北海道日本ハムファイターズ 7-1 サムスン・ライオンズ 三星ライオンズ 東京ドーム
11月10日(金) 第2戦 北海道日本ハムファイターズ 2-1 Lamigoモンキーズ La Newベアーズ
11月11日(土) 第3戦 チャイナスターズ チャイナスターズ 1-6 北海道日本ハムファイターズ
決勝戦
11月12日(日) Lamigoモンキーズ La Newベアーズ 0-1 北海道日本ハムファイターズ 東京ドーム

オールスターゲーム2006[編集]

  • ファン投票
小笠原道大
SHINJO
  • 監督推薦
武田久
八木智哉
森本稀哲

2006 WBC選出選手[編集]

  • 日本代表
  • 代表入り
小笠原道大
  • 予備登録
稲葉篤紀
  • 台湾代表
陽仲壽

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[3]

表彰選手[編集]

小笠原道大(一塁手、5年ぶり3度目[注 2]
田中賢介(二塁手、初受賞)
稲葉篤紀(外野手、5年ぶり2度目)
フェルナンド・セギノール(指名打者、2年ぶり2度目)
小笠原道大(一塁手、4年ぶり5度目[注 3]
田中賢介(二塁手、初受賞)
森本稀哲(外野手、初受賞)
SHINJO(外野手、3年連続10度目)
稲葉篤紀(外野手、初受賞)

ドラフト[編集]

大学生・社会人ドラフト
順位 選手名 守備 所属 結果
希望入団枠 宮本賢 投手 早稲田大学 入団
1巡目 (選択権なし)
2巡目 (選択権なし)
3巡目 糸数敬作 投手 亜細亜大学 入団
4巡目 長野久義 外野手 日本大学 拒否[注 4]
5巡目 山本一徳 投手 早稲田大学 入団
6巡目 金子洋平 外野手 ホンダ 入団
7巡目 今浪隆博 外野手 明治大学 入団
8巡目 内山雄介 投手 旭川大学 入団
高校生ドラフト
順位 選手名 守備 所属 結果
1巡目 吉川光夫 投手 広陵高 入団
2巡目 (選択権なし)
3巡目 植村祐介 投手 北照高 入団
4巡目 ダース・ローマシュ匡 投手 関西高 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ アドバンテージの1勝含む。
  2. ^ 他に三塁手部門で2度受賞しており、通算5度目。
  3. ^ 2003年に三塁手部門で受賞しており、通算6度目。
  4. ^ 社会人野球のホンダに入団。

出典[編集]

  1. ^ 2006年度日本シリーズ”. 2015年10月18日閲覧。
  2. ^ 年度別成績 2006年 パシフィック・リーグ”. 2015年10月18日閲覧。
  3. ^ 北海道日本ハムファイターズ公式HP 選手名鑑2006”. 2015年10月18日閲覧。

関連項目[編集]