1969年の東映フライヤーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1969年の東映フライヤーズ
成績
パシフィック・リーグ4位
57勝70敗3分 勝率.449[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 大川博
経営母体 東映
監督 松木謙治郎
« 1968
1970 »

1969年の東映フライヤーズ(1969ねんのとうえいフライヤーズ)では、1969年シーズンの東映フライヤーズの動向をまとめる。

この年の東映フライヤーズは、松木謙治郎監督の1年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 大下剛史
2 毒島章一
3 白仁天
4 張本勲
5 大杉勝男
6 岩下光一
7 種茂雅之
8 大橋穣
9 高橋善正
1969年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 東映 3.5 近鉄 2.5 近鉄 0.5 近鉄 0.0 近鉄 0.5 近鉄 1.0 近鉄 2.0
3位 ロッテ 4.0 東映 6.0 東映 8.0 東映 6.0 ロッテ 8.0 ロッテ 6.5 ロッテ 5.5
4位 南海 6.0 ロッテ 7.0 ロッテ 8.0 ロッテ 8.5 東映 14.5 東映 17.0 東映 19.5
5位 西鉄 南海 7.5 西鉄 9.0 西鉄 12.0 西鉄 15.0 西鉄 20.5 西鉄 25.0
6位 近鉄 7.5 西鉄 10.0 南海 16.5 南海 18.5 南海 22.0 南海 24.0 南海 26.0
1969年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 76 50 4 .603 -
2位 近鉄バファローズ 73 51 6 .589 2.0
3位 ロッテオリオンズ 69 54 7 .561 5.5
4位 東映フライヤーズ 57 70 3 .449 19.5
5位 西鉄ライオンズ 51 75 4 .405 25.0
6位 南海ホークス 50 76 4 .397 26.0

[1]

オールスターゲーム1969[編集]

ファン投票 大杉勝男 張本勲
監督推薦 金田留広 田中調 佐野嘉幸

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
張本勲 首位打者 .333 3年連続4度目
最高出塁率 .421 3年連続5度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
大杉勝男 一塁手 2年ぶり2度目
張本勲 外野手 10年連続10度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 片岡建 投手 リッカーミシン 翌年シーズン中に入団
2位 中原勇 投手 日本鉱業佐賀関 入団
3位 渡辺弘基 投手 亜細亜大学 拒否・日産自動車入社
4位 岩崎清隆 投手 博多工業高 入団
5位 猿渡寛茂 内野手 三菱重工長崎 入団
6位 岡持和彦 投手 立教高 入団
7位 瓜生秀文 投手 向上高 入団
8位 大橋功男 投手 静岡高 拒否・早稲田大学進学
9位 荒船洋資 捕手 深谷商業高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1969年 パシフィック・リーグ”. 2017年6月14日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 123