松村正晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松村 正晴
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県
生年月日 (1941-10-01) 1941年10月1日(78歳)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1964年
初出場 1964年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松村 正晴(まつむら まさはる、1941年10月1日- )は、広島県出身の元プロ野球選手(二塁手・三塁手/右投げ右打ち)である。

来歴・人物[編集]

広島商業高校では1年生の時、チームが1957年夏の甲子園に優勝するが、控え内野手だった松村の出番は無し。1958年夏は県予選決勝で尾道商に敗退。同期のエース森川卓郎を擁し、1959年春季中国大会で準々決勝に進むが、倉敷工に惜敗。同年夏も県予選で敗れ甲子園には届かなかった。

卒業後は駒澤大学へ進学。東都大学リーグでは、1年上のエース泉邦雄の好投もあり1962年春季リーグで駒大に初優勝をもたらす。同年の全日本大学野球選手権大会では決勝で法大に敗れ準優勝。他のチームメートに三沢今朝治がいた。リーグを代表する二塁手となり、1961年秋季リーグから4季連続でベストナインに選出される。2度目に優勝した1963年春季リーグでは最高殊勲選手に選ばれている。同年の全日本大学野球選手権大会では、決勝で慶大渡辺泰輔に完封され準優勝。リーグ通算88試合出場、305打数79安打、打率.259、4本塁打、41打点。

1964年読売ジャイアンツへ入団。俊足好打の内野手として期待され、同年のジュニアオールスターにも選出される。1966年にはイースタン・リーグ最多打点を記録し、一軍でも4試合に先発出場を果たす。しかしその後は活躍の場がなく、1967年オフに嵯峨健四郎投手との交換トレードで東映フライヤーズに移籍。

移籍1年目の1968年6月には三塁手、八番打者に定着するが、好調を維持できずその後は失速。しかし自己最多の82試合に出場し、うち34試合に先発している。翌年は低迷するが1970年にも81試合に出場し、打率.259を記録した。1971年には出場機会が減少し、シーズン終了後に現役引退。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1964 巨人 3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1966 9 14 11 0 0 0 0 0 0 0 3 0 1 0 2 0 0 3 0 .000 .154 .000 .154
1967 7 4 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .250 .250 .250 .500
1968 東映 82 153 140 12 32 2 1 2 42 13 6 5 2 0 9 1 2 24 3 .229 .285 .300 .585
1969 24 33 31 3 6 2 0 2 14 5 0 0 0 0 2 0 0 12 0 .194 .242 .452 .694
1970 81 142 135 13 35 6 1 4 55 12 3 2 0 1 5 0 1 23 4 .259 .291 .407 .698
1971 14 31 28 1 3 1 0 0 4 0 0 0 0 0 2 0 1 4 0 .107 .194 .143 .336
通算:7年 220 379 351 29 77 11 2 8 116 30 12 7 3 1 20 1 4 70 7 .219 .269 .330 .600

背番号[編集]

  • 23 (1964年 - 1966年)
  • 40 (1967年)
  • 5 (1968年 - 1971年)

関連項目[編集]