小山田健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小山田 健一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山形県山形市
生年月日 (1950-09-13) 1950年9月13日
没年月日 (2001-03-20) 2001年3月20日(50歳没)
身長
体重
180 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手外野手
プロ入り 1968年 ドラフト6位
初出場 1970年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小山田 健一(おやまだ けんいち、1950年9月13日 - 2001年3月20日[1])は、山形県山形市[1]出身のプロ野球選手捕手)。

プロ野球選手の小山田貴雄は実子。

来歴・人物[編集]

日大山形高では、捕手、四番打者として左腕エース柳橋明(日本石油)とバッテリーを組み、1968年夏の甲子園に出場[1]。惜しくも2回戦(初戦)で岩国商に0-1で敗れてしまったが、強打が注目され東映フライヤーズドラフト6位で指名を受け入団[1]

種茂雅之加藤俊夫ら捕手陣の揃った東映では一軍に定着しきれなかったが、1974年9月には打力を活かし一塁手として2試合に先発出場を果たす。1976年ヤクルトスワローズに移籍。ここでも大矢明彦という不動の正捕手がいたため出場機会に恵まれなかった。1978年限りで引退[1]

1979年からブルペン捕手に転向し、長く裏方としてチームを支えた[1]。その後胃癌が発覚し、2000年からブルペン捕手を休職して闘病生活に入ったが、2001年に亡くなった[1]

2001年にヤクルトが日本シリーズで優勝した際に、池山隆寛が小山田の遺影を持ってセレモニーに臨んだことで知られる。池山は後に著書『池山隆寛のブンブンブン! 夢、ありがとう プロ野球栄光と挫折の19年』でも小山田について「お世話になった人」として触れている。

2007年のドラフトで、息子の小山田貴雄が育成選手としてヤクルトに指名を受け、父と同じチームでプレーすることになった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1970 東映
日拓
日本ハム
1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1971 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1972 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1974 12 16 16 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2 .188 .188 .188 .376
通算:4年 15 16 16 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2 .188 .188 .188 .376
  • 東映(東映フライヤーズ)は、1973年に日拓(日拓ホームフライヤーズ)、1974年に日本ハム(日本ハムファイターズ)に球団名を変更

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1970 1 0 0 0 -
1971 1 1 1 0 .000
通算 2 1 1 0 .000

背番号[編集]

  • 41 (1969年 - 1970年)
  • 31 (1971年 - 1975年)
  • 56 (1976年 - 1977年)
  • 80 (1978年)
  • 85 (1983年 - 1990年)
  • 91 (1991年 - 1999年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、135ページ