鵜飼克雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鵜飼 克雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県徳島市
生年月日 (1947-10-20) 1947年10月20日(70歳)
身長
体重
178 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1973年 ドラフト1位
初出場 1974年4月9日
最終出場 1975年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

鵜飼 克雄(うかい かつお、1947年10月20日 - )は、徳島県徳島市[1]出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

徳島商業高では1965年、春夏の甲子園に五番打者、一塁手として出場[1]第37回選抜高等学校野球大会では、2回戦でエース・鈴木啓示を擁する育英を降すなど健闘、準決勝まで勝ち進む。しかし岡山東商業高平松政次がエースだった)に完封され、0-1で惜敗。第47回全国高等学校野球選手権大会では、2回戦で岩崎忠義らがいた津久見高に敗れている。当時のチームメートに、主戦投手の利光高明投手(日本生命)がいた。

高校卒業後は、同志社大学に進学し硬式野球部に入部。渡辺博之監督の指示で投手に転向した[1]関西六大学リーグでは優勝に届かなかったが、下位に低迷する同志社の立て直しに尽力する。リーグ通算48試合登板し、10勝16敗、防御率3.03、132奪三振の成績を残した。

大学卒業後は、社会人野球四国電力で活躍。1970年第41回都市対抗野球大会に出場する。

1973年秋、プロ野球ドラフト会議日本ハムファイターズからの1位指名を快諾し、プロ入りを果たした[1]。ドラフト前日に日拓ホーム日本ハムに球団を売却し、球団名を「日本ハムファイターズ」に変更したため、鵜飼は栄えあるファイターズの「初代ドラフト1位選手」となった。

1年目(1974年)のオープン戦では、ノーワインドアップ投法の変則左腕として注目された。ストレートの速さは入団前、「ノンプロ界屈指」と評価されており、カーブシュートも良く切れると前評判は高かった。

1974年は1年目から登板機会を与えられるも、満足のいく成績を挙げられなかった。同年9月29日、後楽園球場で行われた対南海とのダブルヘッダーの第2戦では先発を務めたが、この日の日本ハムは「1イニングごとに投手を変える」という奇策を行い、先発した鵜飼を初めとして三浦政基宇田東植野村収渡辺秀武等、全部で10人が起用された。また、9回表に9番手で登板した高橋博士1試合で全ポジションを守るという史上初の珍記録を達成した試合でもあった。

1975年は8月22日の対近鉄戦で、プロ初勝利を完封勝利で飾ったが、鵜飼自身にとって公式戦で挙げた唯一の白星ともなった。この試合以外は期待を裏切る成績に終わり、翌1976年以降は一軍未登板に終わった。

その後、佐伯和司久保俊巳らとの交換トレードにより、皆川康夫新美敏内田順三と共に1977年より広島東洋カープに移籍したものの、一軍に上がることができず、同年オフに現役を引退した[1]

引退後は故郷の徳島市に戻り、製菓会社(有限会社 鵜飼製菓)の取締役社長を務めているという。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1974 日本ハム 11 3 0 0 0 0 2 0 -- .000 75 14.2 22 4 12 1 1 8 0 0 18 17 10.20 2.32
1975 25 6 1 1 0 1 2 0 -- .333 211 49.2 41 5 25 0 2 26 1 0 26 25 4.50 1.33
通算:2年 36 9 1 1 0 1 4 0 -- .200 286 64.1 63 9 37 1 3 34 1 0 44 42 5.91 1.55

記録[編集]

背番号[編集]

  • 34 (1974年 - 1976年)
  • 12 (1977年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、80ページ

関連項目[編集]