加藤俊夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
加藤 俊夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県仙台市宮城野区
生年月日 (1948-01-20) 1948年1月20日(70歳)
身長
体重
178 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手内野手
プロ入り 1966年 第2次ドラフト1位
初出場 1967年4月12日
最終出場 1985年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

加藤 俊夫(かとう としお、1948年1月20日 - )は、宮城県仙台市宮城野区出身の元プロ野球選手捕手)・解説者。ニックネームは「ドン」。

経歴[編集]

仙台育英高校2年時の1964年夏の甲子園へ出場するが、1回戦でエースの芝池博明を擁する滝川高に0-1で完封負けを喫した[1]。チームメートでは1期上の倉橋寛(南海)、同期の石崎一夫大洋)がプロ入りしている。1965年夏は東北大会準決勝で磐城高に惜敗し、2年連続で甲子園には出場できなかった。高校時代から「大物」とうたわれ、通算打率は.380をマークした。強肩と強打にプロ球界も目をつけ、同年のドラフトでは大洋から2位で指名されているが、入団を拒否。卒業後は日本軽金属へ入社し、1年間控え捕手としてプレー。

1966年の第2次ドラフト1位でサンケイアトムズに入団。1967年4月12日広島戦(神宮)で初出場。2年目の1968年には移籍した岡本凱孝の後継として正捕手に定着し、同年4月9日阪神戦(神宮)で若生智男からプロ初本塁打を放つ。1969年もレギュラーとして活躍するが、4年目の1970年シーズン途中に自動車の無免許運転で逮捕。球団から無期限出場停止処分を受け、シーズン終了後に解雇された。

1年のブランクを置き、1972年東映フライヤーズで現役復帰。移籍した種茂雅之の後継を岡村幸治と争い、正捕手の座に着く。一時は高橋博士に定位置を譲るが1976年には奪還。パ・リーグを代表する捕手に成長し、オールスターゲームに4度出場。1977年には初の規定打席(12位、打率.270)に達し、ベストナインダイヤモンドグラブ賞を受賞する。しかしその後は肩の衰えがウィークポイント(1981年は盗塁阻止率0%)となり出場が激減。大沢啓二監督が大宮龍男を育成する方針を打ち出したため、1982年岩井隆之との交換トレードで横浜大洋ホエールズに移籍。辻恭彦福嶋久晃との併用になり、主に3番手捕手として活躍。1983年のシーズン途中に若菜嘉晴が加入して以降は出場試合数が減り、1985年にはアキレス腱を切ってしまう。同年に現役を引退。

引退後は地元・仙台に戻ってスナック「ツーナイン」のマスターをする傍ら[2]東北放送TBCダイナミックナイター解説者(当時仙台はロッテの準本拠地でもあった)、少年野球チーム「仙塩東リトルシニア」の監督も務めた。

プロ野球マスターズリーグでは札幌アンビシャスの主戦捕手として活躍。

日本ハム在籍時の1979年5月の対ロッテオリオンズ戦で、1試合中に二盗、三盗、本盗を失敗するという珍記録を作っている[3]。これと同時に作られた1試合3盗塁死は日本タイ記録である[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1967 サンケイ
アトムズ
ヤクルト
41 48 45 1 4 0 0 0 4 2 0 0 0 0 2 0 1 9 0 .089 .146 .089 .235
1968 121 337 293 31 60 10 0 11 103 30 4 4 7 1 29 0 7 79 4 .205 .291 .352 .642
1969 113 374 330 36 72 14 0 13 125 41 2 0 8 1 27 5 8 55 10 .218 .292 .379 .671
1970 32 83 70 10 18 1 2 3 32 11 0 1 0 0 8 2 5 14 3 .257 .373 .457 .831
1972 東映
日拓
日本ハム
121 376 323 36 78 13 1 10 123 39 2 2 0 2 38 2 13 67 15 .241 .343 .381 .724
1973 106 334 283 33 83 9 0 12 128 46 3 2 3 2 37 1 9 33 11 .293 .390 .452 .842
1974 60 169 137 11 26 2 0 1 31 13 3 1 3 3 23 3 3 22 1 .190 .313 .226 .540
1975 74 137 124 12 31 4 1 6 55 22 0 0 3 2 5 0 3 6 7 .250 .291 .444 .735
1976 118 373 330 33 89 18 0 5 122 33 8 3 6 6 22 2 9 26 13 .270 .327 .370 .697
1977 129 466 408 47 110 19 1 11 164 36 17 3 9 1 34 0 14 31 11 .270 .346 .402 .748
1978 126 444 392 40 98 17 0 12 151 37 12 5 6 3 32 0 11 54 14 .250 .322 .385 .707
1979 124 408 355 52 92 19 1 14 155 38 14 9 5 0 39 2 9 46 10 .259 .347 .437 .784
1980 122 434 358 42 94 3 1 8 123 32 4 7 12 1 47 1 16 46 6 .263 .372 .344 .716
1981 48 118 102 12 26 2 0 1 31 10 1 0 2 2 10 1 2 15 2 .255 .328 .304 .632
1982 大洋 42 59 52 1 11 0 0 0 11 3 1 0 1 0 6 0 0 15 2 .212 .293 .212 .505
1983 67 163 139 16 30 1 0 6 49 17 2 1 2 1 17 3 4 25 1 .216 .317 .353 .669
1984 49 164 145 9 36 6 0 3 51 19 0 1 5 1 12 0 1 21 4 .248 .308 .352 .660
1985 14 11 9 0 4 0 0 0 4 2 0 0 0 0 1 0 1 1 0 .444 .545 .444 .990
通算:18年 1507 4498 3895 422 962 138 7 116 1462 431 73 39 72 26 389 22 116 565 115 .247 .331 .375 .707
  • サンケイ(サンケイアトムズ)は、1969年にアトムズに、1970年にヤクルト(ヤクルトアトムズ)に球団名を変更
  • 東映(東映フライヤーズ)は、1973年に日拓(日拓ホームフライヤーズ)に、1974年に日本ハム(日本ハムファイターズ)に球団名を変更

年度別守備成績[編集]

年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1969 111 89 50 39 .438
1970 26 16 12 4 .250
1972 113 125 85 40 .320
1973 103 100 72 28 .280
1974 57 69 53 16 .232
1975 6 3 3 0 .000
1976 112 120 72 48 .400
1977 126 118 75 43 .364
1978 119 117 75 42 .359
1979 118 79 52 27 .342
1980 117 84 67 17 .202
1981 42 24 24 0 .000
1982 25 19 14 5 .263
1983 58 44 28 16 .364
1984 49 45 37 8 .178
1985 7 3 1 2 .667
通算 1189 1055 720 335 .318

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 27 (1967年 - 1970年)
  • 33 (1972年 - 1973年)
  • 22 (1974年 - 1981年)
  • 29 (1982年 - 1985年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ [1] か:横浜大洋紳士録より
  3. ^ a b http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_131844

関連項目[編集]