2010年の北海道日本ハムファイターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2010年の北海道日本ハムファイターズ
成績
パシフィック・リーグ4位
74勝67敗3分 勝率.525
本拠地
都市 北海道札幌市豊平区
球場
札幌ドーム
Sapporo dome view from seats.jpg
球団組織
オーナー 大社啓二
経営母体 日本ハム
監督 梨田昌孝
« 2009
2011 »

2010年の北海道日本ハムファイターズ(2010ねんのほっかいどうにっぽんハムファイターズ)では、2010年北海道日本ハムファイターズにおける動向をまとめる。

この年の北海道日本ハムファイターズは、梨田昌孝監督の3年目のシーズンである。

概要[編集]

シーズン序盤は金子誠坪井智哉ら野手陣に多数の怪我人が生じ、4月終了時点で借金12と最下位に沈んだが[1]、5月以降は怪我で欠場の主力に代わり出場した中田翔陽岱鋼ら若手が台頭し[2][3]、チーム成績が上昇した。4月終了時点で12あった借金は7月1日に完済し[4]、以降はロッテオリックスと三つ巴のCS争いをする。最終的には74勝67敗3分とロッテが残り2試合勝たなければCS進出の処まで行ったもののロッテが2連勝し日本ハムは0.5ゲーム差届かず、シーズンを4位で終了した[5]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 田中賢介
2 二岡智宏
3 稲葉篤紀
4 高橋信二
5 糸井嘉男
6 小谷野栄一
7 中田翔
8 鶴岡慎也
9 金子誠
投手 ダルビッシュ有
2010年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 ロッテ -- ロッテ -- 西武 -- ソフトバンク -- ソフトバンク -- ソフトバンク --
2位 西武 0.0 西武 0.5 ロッテ 2.0 西武 2.0 西武 1.0 西武 0.0
3位 ソフトバンク 0.5 ソフトバンク 2.5 ソフトバンク 3.0 ロッテ 3.5 ロッテ 2.0 ロッテ 2.5
4位 オリックス 4.5 オリックス 7.5 オリックス 7.0 オリックス 5.5 オリックス 5.5 日本ハム 3.0
5位 楽天 6.5 楽天 8.5 日本ハム 7.5 日本ハム 7.5 日本ハム 6.5 オリックス 7.5
6位 日本ハム 9.5 日本ハム 10.5 楽天 10.5 楽天 12.5 楽天 12.5 楽天 15.0
2010年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 福岡ソフトバンクホークス 76 63 5 .547 ---
2位 埼玉西武ライオンズ 78 65 1 .545 0.0
3位 千葉ロッテマリーンズ 75 67 2 .528 2.5
4位 北海道日本ハムファイターズ 74 67 3 .525 3.0
5位 オリックス・バファローズ 69 71 4 .493 7.5
6位 東北楽天ゴールデンイーグルス 62 79 3 .440 15.0

日本生命 セ・パ交流戦2010[編集]

日本生命セ・パ交流戦2010 最終成績
順位 球団 勝率
優勝 オリックス・バファローズ 16 8 0 .667 ---
2位 埼玉西武ライオンズ 14 10 0 .583 2.0
3位 福岡ソフトバンクホークス 13 10 1 .565 2.5
4位 千葉ロッテマリーンズ 13 10 1 .565 2.5
5位 東北楽天ゴールデンイーグルス 13 10 1 .565 2.5
6位 北海道日本ハムファイターズ 12 11 1 .522 3.5
7位 読売ジャイアンツ 12 12 0 .500 4.0
8位 阪神タイガース 11 12 1 .478 4.5
9位 中日ドラゴンズ 11 13 0 .458 5.0
10位 広島東洋カープ 10 12 2 .455 5.0
11位 東京ヤクルトスワローズ 9 14 1 .391 6.5
12位 横浜ベイスターズ 6 18 0 .250 10.0
  • 同率の場合は前年の順位で上位のチームが上位にランクされる


できごと[編集]

1月[編集]

3月[編集]

  • 3月22日 - 対ソフトバンク戦(札幌ドーム)に16対5で勝利し、梨田昌孝がNPB史上25人目の監督通算500勝[11]。日本ハムの坪井智哉がNPB史上434人目の通算1000試合出場[12]

4月[編集]

  • 4月1日 - 江尻慎太郎と横浜の石井裕也の交換トレードが発表[13]
  • 4月4日 - 日本ハム対西武戦(札幌ドーム)で4回裏、日本ハムは無死一塁から併殺打を一塁手が失策、安打を挟んでこの回2つめの併殺打。1イニング2併殺打はNPB史上5度目、パ・リーグ史上2度目、球団初[14]。6回表に西武のディー・ブラウン武田勝からこの試合2打席連続本塁打を放ち、NPB史上通算90000本塁打[15]
  • 4月24日 - 稲葉篤紀が対楽天戦でNPB史上48人目の通算1000三振[12]

5月[編集]

6月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前シーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 背番号 前所属 備考
投手
ウルフ 10 トロント・ブルージェイズ 新外国人
カーライル 12 アトランタ・ブレーブス 新外国人
大塚豊 14 創価大学 ドラフト2位
松家卓弘 30 横浜ベイスターズ 坂元弥太郎松山傑稲田直人と3対3のトレード
ケッペル 31 ミネソタ・ツインズ 新外国人
中村勝 36 春日部共栄高 ドラフト1位
木田優夫 42 東京ヤクルトスワローズ 移籍
増井浩俊 43 東芝 ドラフト5位
加藤武治 49 横浜ベイスターズ 坂元弥太郎・松山傑・稲田直人と3対3のトレード
運天ジョン・クレイトン 55 浦添工業高 ドラフト4位
捕手
荒張裕司 60 徳島インディゴソックス ドラフト6位
内野手
加藤政義 39 九州国際大学 ドラフト3位
岩舘学 40 読売ジャイアンツ 金銭トレード
外野手
関口雄大 57 横浜ベイスターズ 坂元弥太郎・松山傑・稲田直人と3対3のトレード

退団[編集]

選手名 去就
投手
藤井秀悟 巨人に移籍
坂元弥太郎 加藤武治・松家卓弘・関口雄大との3対3のトレードで横浜に移籍
松山傑 加藤武治・松家卓弘・関口雄大との3対3のトレードで横浜に移籍
伊藤剛 球団職員に転身
津田大樹
星野八千穂 打撃投手に転身
スウィーニー 米・マリナーズとマイナー契約
ウィング
内野手
稲田直人 加藤武治・松家卓弘・関口雄大との3対3のトレードで横浜に移籍
小田智之 スコアラーに転身
ボッツ 米・ホワイトソックスとマイナー契約
外野手
金子洋平 一般企業に就職
佐藤吉宏 二軍マネージャーに就任
スレッジ 横浜に移籍

シーズン開幕後[編集]

本節では、本シーズン開幕から本シーズン終了までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 背番号 前所属 備考
投手
石井裕也 27 横浜ベイスターズ 4月2日、江尻慎太郎とトレード
外野手
佐藤賢治 69 千葉ロッテマリーンズ 5月7日、無償トレード

退団[編集]

選手名 去就
投手
江尻慎太郎 4月2日、石井裕也とトレードで横浜に移籍

選手・スタッフ[編集]

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 斎藤佑樹 投手 早稲田大学 入団
2位 西川遥輝 外野手 智辯学園和歌山高 入団
3位 乾真大 投手 東洋大学 入団
4位 榎下陽大 投手 九州産業大学 入団
5位 谷口雄也 外野手 愛知工業大学名電高 入団
6位 齊藤勝 投手 セガサミー 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 史上最悪ペース…ダルで勝てず、リーグ最速20敗スポニチ2010年4月25日配信
  2. ^ 中田、あるぞ逆転新人王!パ・リーグ争い混とんスポニチ2010年8月9日配信
  3. ^ 日本ハム 陽岱鋼、尾崎の伏兵が奮闘!スポニチ2010年5月2日配信
  4. ^ ハム 借金14完済!連覇見える“6・5差”スポニチ2010年7月2日配信
  5. ^ 梨田監督悔し「あと1試合あれば…」スポニチ2010年10月2日配信
  6. ^ 新外国人 ボビー・ケッペル投手 契約のお知らせ日本ハム球団公式サイト2010年1月7日配信
  7. ^ 新外国人 ブライアン・ウルフ投手 契約のお知らせ日本ハム球団公式サイト2010年1月8日配信
  8. ^ 訃報日本ハム球団公式サイト2010年1月17日配信
  9. ^ 関根裕之氏がファーム投手コーチ就任日本ハム球団公式サイト2010年1月25日配信
  10. ^ コーチングスタッフ変更のお知らせ日本ハム球団公式サイト2010年1月25日配信
  11. ^ 梨田監督が通算500勝!史上25人目スポーツニッポン 3月22日配信
  12. ^ a b c d e f 18 達成記録一覧セ・リーグ公式サイト
  13. ^ 交換トレードのお知らせ日本ハム球団公式サイト2010年4月1日配信
  14. ^ 日本ハム 48年ぶり2度目の珍記録スポーツニッポン 4月4日配信
  15. ^ プロ野球通算9万号本塁打!スポーツニッポン 0月0日配信
  16. ^ トレードのお知らせ日本ハム球団公式サイト2010年5月4日配信
  17. ^ カーライル選手退団のお知らせ日本ハム球団公式サイト2010年9月30日配信
  18. ^ 来季契約について日本ハム球団公式サイト2010年10月1日配信
  19. ^ 多田野選手退団のお知らせ日本ハム球団公式サイト2010年10月2日配信
  20. ^ 坪井選手退団のお知らせ日本ハム球団公式サイト2010年10月2日配信
  21. ^ 1軍投手コーチに芝草宇宙氏が就任日本ハム球団公式サイト2010年10月15日配信
  22. ^ 読売ジャイアンツと交換トレードが成立日本ハム球団公式サイト2010年11月5日配信
  23. ^ 根本投手と北海道日本ハムファイターズ山本投手、高口選手のトレードについてロッテ球団公式サイト2010年11月14日配信
  24. ^ 前埼玉西武ライオンズ・松坂選手の獲得を決定日本ハム球団公式サイト2010年11月15日配信
  25. ^ 新外国人マイカ・ホフパワー選手と契約合意日本ハム球団公式サイト2010年11月19日配信
  26. ^ 背番号について日本ハム球団公式サイト2010年11月20日配信
  27. ^ 建山選手がテキサス・レンジャーズと契約日本ハム球団公式サイト2010年12月1日配信
  28. ^ 森本選手が横浜ベイスターズ移籍を表明日本ハム球団公式サイト2010年12月1日配信
  29. ^ 多田野数人選手と再契約日本ハム球団公式サイト2010年12月17日配信