1975年の日本ハムファイターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1975年の日本ハムファイターズ
成績
パシフィック・リーグ6位
年間6位:55勝63敗12分 勝率.466
後期4位:28勝33敗4分 勝率.459
前期4位:27勝30敗8分 勝率.474[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 大社義規
経営母体 日本ハム
監督 中西太
« 1974
1976 »

1975年の日本ハムファイターズ(1975ねんのにほんハムファイターズ)では、1975年シーズンについての日本ハムファイターズの動向をまとめる。

このシーズンの日本ハムファイターズは、中西太監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

ファイターズとして2年目のシーズンを迎え、三原脩球団社長は本格的にチーム改造に着手、大杉勝男内田順三小田義人との交換でヤクルトへ、白仁天東田正義との交換で太平洋クラブへ、大下剛史上垣内誠渋谷通との交換で広島へそれぞれ放出。こうして張本勲を除く東映時代の主力打者を一掃した打線は小田が最後まで首位打者を争ったが太平洋の白に5毛差及ばず2位、一方で前年の首位打者張本は.275と振るわなかった。また投手陣は高橋直樹東尾修鈴木啓示に次ぐ17勝をマーク、野村収も11勝止まりながら22勝の鈴木と共に最高勝率のタイトルを獲得したがチーム防御率はリーグ最下位。チームは前期・後期ともに4位だったが、総合では南海に勝率で1厘及ばず2年連続の最下位となり、中西は解任。シーズン終了後、張本も高橋一三富田勝との交換で巨人へ放出となり、新たに大沢啓二を監督に迎え、チームの再構築が始まることになる。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 阪本敏三
2 内田順三
3 張本勲
4 ジェスター
5 東田正義
6 千藤三樹男
7 高橋博士
8 渋谷通
9 菅野光夫
投手 高橋直樹
1975年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 太平洋 2.5 太平洋 2.5 太平洋 6.0
3位 ロッテ 3.5 近鉄 3.5 近鉄 6.0
4位 近鉄 3.5 ロッテ 7.0 日本ハム 8.0
5位 日本ハム 4.0 日本ハム 7.0 南海 9.0
6位 南海 4.5 南海 10.0 ロッテ 10.0
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 近鉄 -- 近鉄 -- 近鉄 --
2位 ロッテ ロッテ 3.0 ロッテ 9.5
3位 阪急 太平洋 4.5 南海 11.5
4位 日本ハム 1.0 日本ハム 5.5 太平洋 12.5
5位 南海 2.0 阪急 5.5 日本ハム
6位 太平洋 3.0 南海 8.5 阪急 14.0
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 38 25 2 .603 --
2位 太平洋クラブライオンズ 30 29 6 .5085 6.0
3位 近鉄バファローズ 31 30 4 .5082 6.0
4位 日本ハムファイターズ 27 30 8 .474 8.0
5位 南海ホークス 27 32 6 .458 9.0
6位 ロッテオリオンズ 27 34 4 .443 10.0
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 近鉄バファローズ 40 20 5 .667 --
2位 ロッテオリオンズ 32 31 2 .508 9.5
3位 南海ホークス 30 33 2 .476 11.5
4位 日本ハムファイターズ 28 33 4 .459 12.5
太平洋クラブライオンズ 28 33 4 .459 12.5
6位 阪急ブレーブス 26 34 5 .433 14.0
1975年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 64 59 7 .520
2位 近鉄バファローズ 71 50 9 .587
3位 太平洋クラブライオンズ 58 62 10 .483
4位 ロッテオリオンズ 59 65 6 .476
5位 南海ホークス 57 65 8 .467
6位 日本ハムファイターズ 55 63 12 .466

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定 [1]

オールスターゲーム1975[編集]

ファン投票 張本勲
監督推薦 高橋直樹

できごと[編集]

  • 3月26日 - MLBニューヨーク・ヤンキースとの技術援助協定の締結を発表[2]
  • 4月20日 - 張本勲が川崎球場での対ロッテ5回戦の7回表に1号3ランを放ち、プロ通算400本塁打を達成[3]
  • 4月26日 - 阪本敏三が対阪急6回戦の7回表に安打を放ち、プロ通算1000安打を達成[4]
  • 4月27日 - 張本勲が西宮球場での対阪急7回戦の六回表に二盗を決め、プロ通算300盗塁を達成[5]
  • 5月18日 - 張本勲が鳴門球場での対阪急9回戦ダブルヘッダー第1試合の8回裏に二塁打を放ち、プロ通算4000塁打を達成[6]
  • 8月28日 - 東田正義が平和台球場での対太平洋後期12回戦の6回表に6号本塁打を放ち、プロ通算100本塁打を達成[7]
  • 9月13日 - 張本勲が後楽園球場での対ロッテ後期11回戦の6回裏に安打を放ってシーズン100本目の安打となり、17年連続100安打を達成、長島茂雄のプロ野球記録と並ぶ[8]
  • 10月18日 - 六本木の球団事務所で中西太の監督解任を発表[9]
  • 10月24日 - 大沢啓二の監督就任を発表[10]
  • 11月25日 - 巨人と日本ハムは、日本ハムの張本勲と巨人の高橋一三富田勝との1対2の交換トレードが成立したと発表[11]

選手・スタッフ[編集]

[12]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー[1]
選手名 タイトル 成績 回数
野村収 最高勝率 .786 初受賞
ベストナイン
選出なし
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 福島秀喜 投手 丹羽鉦電機 入団
2位 行沢久隆 内野手 中央大学 入団
3位 中村武義 投手 丹羽鉦電機 入団
4位 鍵谷康司 内野手 大昭和製紙 入団
5位 中山信博 捕手 関東第一高 入団
6位 宮本好宣 投手 西濃運輸 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 年度別成績 1975年 パシフィック・リーグ”. 2017年6月5日閲覧。
  2. ^ パシフィック・リーグ略史(1949年〜2000年)”. パシフィック野球連盟公式サイト. 2015年12月11日閲覧。
  3. ^ 毎日新聞1975年4月21日15面「張本、狙ったこの一発 王、野村、長島に続き4人目」毎日新聞縮刷版1975年4月p569
  4. ^ 毎日新聞1975年4月27日19面「阪本が千本安打を達成」毎日新聞縮刷版1975年4月p761
  5. ^ 読売新聞1975年4月28日7面「日本ハム・張本が通算300盗塁」読売新聞縮刷版1975年4月p823
  6. ^ 毎日新聞1975年5月18日15面「張本、史上五人目の男」毎日新聞縮刷版1975年5月p483
  7. ^ 毎日新聞1975年8月29日19面「東尾、投げれば勝つ 18勝」毎日新聞縮刷版1975年8月p745
  8. ^ 毎日新聞1975年9月14日19面「張本 17年連続百安打」毎日新聞縮刷版1975年9月p391
  9. ^ 毎日新聞1975年10月19日15面「中西監督の解任を発表」毎日新聞縮刷版1975年10月p523
  10. ^ 読売新聞1975年10月24日17面「ハム新監督に大沢氏(ロッテ元監督)に」読売新聞縮刷版1975年10月p797
  11. ^ 読売新聞1975年11月26日19面「張本の巨人入りを発表 『見返り』に高橋一と富田」読売新聞縮刷版1975年11月p805
  12. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 123