関東第一高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
関東第一高等学校
関東第一高等学校
過去の名称 関東商業学校
帝国第一工業学校
関東第一商工学校
関東総合高等学校
関東商工高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人守屋育英学園
校訓 貫行
設立年月日 1925年
創立者 守屋荒美雄村上周三郎
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
設置学科 普通科
高校コード 13608F
所在地 132-0031
東京都江戸川区松島二丁目10番11号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
関東第一高等学校の位置(東京都区部および多摩地域内)
関東第一高等学校

関東第一高等学校(かんとうだいいちこうとうがっこう)は、東京都江戸川区松島二丁目にある私立高等学校。以前は男子校であったが、2004年共学化した。略称は「関東一高」「関一」など。

概要[編集]

1925年、帝国書院の創設者である守屋荒美雄と初代校長の村上周三郎によって、関東商業学校として設立された。

開校当初からあった商業科、その後には電気科・機械科・建築科を擁する学校だったが、1973年に普通科設置とともに順次募集停止となり、2012年に工業科の募集を停止したことで、現在は普通科のみの学校となっている。

3学期制で、普通科に特別進学・進学A・進学G・スポーツの4コースがある。進学Aの1年次は選抜クラスとAクラスに分かれる。特別進学と進学Aは、2年次から文系・理系に分かれる。進学Gは2年次から文系カリキュラムで実力を磨く。2年次へ進級のときに、本人の希望と模試等の成績によりコース変更が可能となっている(スポーツコースを除く)。

スポーツコースは、運動系部活動を中心に、スポーツに集中できるカリキュラムとなっている。週4日・午後の授業がすべて体育となり、そのまま放課後のクラブ活動につながる独自のカリキュラムを導入している(体育の授業8単位を週4日・午後の時間にカリキュラムとして組み込んで、各クラブの練習を行っている)。

沿革[編集]

  • 1925年 - 守屋荒美雄村上周三郎が関東商業学校を東京都千代田区神田錦町三丁目3番地に設立
  • 1939年 - 江戸川区松島二丁目10番11号の現在地に移転
  • 1939年 - 電気科設置
  • 1943年 - 帝国第一工業学校と改称
  • 1943年 - 機械科設置
  • 1945年 - 関東第一商工学校と改称
  • 1947年 - 関東第一中学校併設
  • 1948年 - 学校制度の改正により関東総合高等学校と改称
  • 1953年 - 関東商工高等学校と改称
  • 1958年 - ブレザー型制服モデルチェンジ
  • 1961年 - 円形校舎(現西館)落成
  • 1965年 - 建築科設置
  • 1969年 - 機械科総合実習館落成
  • 1973年 - 商業科廃止、普通科設置
  • 1973年 - 関東第一高等学校と改称
  • 1977年 - 総合体育館落成
  • 1981年 - 進学コース開設
  • 1983年 - 南1号館(現東館)校舎落成
  • 1985年 - 南2号館校舎落成
  • 1984年 - 創立60周年記念式典
  • 1988年 - 国土交通大臣指定自動車整備士養成施設(自動車整備コース)
  • 1991年 - 大村記念館・船橋研修所設立
  • 1994年 - 創立70周年記念式典
  • 1995年 - 八千穂山荘落成
  • 2001年 - 新館(現本館)落成
  • 2003年 - 硬式野球部合宿所「貫行寮」新築
  • 2004年 - 普通科共学開始、制服モデルチェンジ
  • 2005年 - 特別進学コース開設
  • 2006年 - 建築科を建築ビジュアル科に改称し共学開始、自動車整備コース募集停止
  • 2007年 - 進学選抜コース開設
  • 2009年 - 電気科募集停止
  • 2010年 - 普通科コース改編(進学コース・普通コース募集停止、進学Aコース・進学Gコース開設)
  • 2012年 - 機械科、建築ビジュアル科募集停止
  • 2013年 - 進学選抜コース募集停止

設置課程[編集]

  • 普通科
    • 特別進学コース
    • 進学Aコース
    • 進学Gコース
    • スポーツコース

※工業科(機械科・建築ビジュアル科)は平成24年度より募集停止し、普通科(進学選抜コース)は平成25年度より募集停止した。

施設[編集]

校内の校庭はテニスコート4面分ほどの面積であるため、野球部のグラウンドと寮はおよそ20キロメートル遠方の千葉県白井市に位置し、サッカー部は私学事業団総合グランドや江東区新砂運動場など、多くの運動部は学外施設を賃借して活動している。

校内施設
  • 本館
  • 東館
  • 西館
  • 南館
  • 体育館
  • 校庭(テニスコート2面)
校外施設
  • 八千穂山荘 長野県南佐久郡 - 林間学校などで使用される。
  • 大村記念館・研修センター JR亀戸駅駅前
  • 白井グラウンド 千葉県白井市
夜間照明を備えた両翼95メートルの硬式野球部専用グラウンドと室内練習場がある。住所は千葉県白井市冨士261で、白井市立白井第三小学校近傍に位置する。交通は、北総線西白井駅」から徒歩で約20分、新京成線鎌ヶ谷大仏駅」、北総線白井駅」、東武野田線馬込沢駅」、JR東京メトロ東西線東葉高速線西船橋駅」北口から、ちばレインボーバス白井線:西船橋駅⇔白井駅・白井車庫、「八木ヶ谷」バス停下車で徒歩約6分。もしくは北総線京成成田空港線新京成線東武野田線新鎌ヶ谷駅」、北総線西白井駅」「白井駅」から白井市循環バス南ルート:冨士・新鎌ヶ谷駅ルー、「冨士センター」か「第三小学校入口」バス停下車で徒歩約2分。
  • 貫行寮(千葉県白井市)
硬式野球部員専用の寮で、定員は60名。場所は白井グラウンドと同じ敷地にある。

部活動[編集]

スポーツコース以外の一般コースから入部できる部もあるが、サッカー部の場合は基本的にスポーツコース在籍者のみで構成されるクラブとなっている。グラウンドの関係で、一般コースの授業が終わってから合流することが難しいため、スポーツコース以外からの入部は難しい状況となっている。

運動部では、野球部や男子バレーボール部、男女バドミントン部が全国大会に出場している。
文化部では、吹奏楽部が全日本吹奏楽コンクールに12回出場し、1993年~1995年に3年連続金賞を受賞したことがある。ただし、1996年の3年連続全国大会金賞受賞により不出場以降は、全国に出ていない。 過去には相撲部も存在し、関東大会で優勝する選手や国体で活躍する選手を輩出していた。相撲場は現在取り壊されている。

運動部
  • 硬式野球部
全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)・6回出場(1985年ベスト8、1990年1回戦敗退、1994年1回戦敗退、2008年ベスト16、2010年ベスト8、2015年ベスト4)
選抜高等学校野球大会(春のセンバツ)・6回出場(1986年1回戦敗退、1987年準優勝、2008年1回戦敗退、2012年ベスト4、2014年2回戦敗退、2016年1回戦敗退)
  • サッカー部 2015年 インターハイ ベスト4、第95回全国高校サッカー出場
  • 男子柔道部
  • 卓球部
  • テニス部
  • 軟式野球部
  • 陸上部
  • バスケットボール部
  • バドミントン部
  • 男女バドミントン同好会
  • 男子バレーボール部
  • 女子バレーボール同好会
  • ラグビー部
  • ダンス・DJ部
冬の日本高校ダンス部選手権全国大会において、2015年東日本大会準優勝、2016年東日本大会3位
  • チアリーダー部
  • 女子フットサル部
  • 男子フットサル同好会
  • ハンドボール部
  • ダブルダッチ部
文化部
  • 吹奏楽部
  • 合唱部
  • 放送部
  • 漫画研究部
  • 軽音楽部
  • 美術部
  • 書道部
  • OTA/ITCクラブ
  • インターナショナルクラブ
  • インターアクトクラブ
  • 演劇部
  • サイエンスクラブ
  • クッキング部
  • ロジコ・プラクティコ
  • 写真部
  • 競技かるた部
  • 文芸同好会
  • ホラーミステリーサスペンス同好会
  • サブカルチャー研究会

交通[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]