鍵谷康司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鍵谷 康司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県熊毛郡平生町
生年月日 (1950-07-02) 1950年7月2日(72歳)
身長
体重
166 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1975年 ドラフト4位
初出場 1976年4月7日
最終出場 1982年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

鍵谷 康司(かぎたに こうじ、1950年7月2日 - )は、山口県熊毛郡平生町[1]出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

柳井高校では、3年次の1968年に春季中国大会へ進むが、1回戦で岡山東商奥江英幸らに完封を喫する。卒業後は1969年大昭和製紙へ入社し、都市対抗の常連として活躍。1975年大会では山根政明[2]池田信夫の両エースを擁し、2番打者として準々決勝に進出するが電電関東に惜敗[3]

同年のドラフト4位で日本ハムファイターズに入団[1]。1年目の1976年から二塁手として一軍に定着し、5月には2番打者に抜擢される。同年は26試合に先発出場するが、打撃面で実績を残せず、その後は一時低迷。1979年には復活を果たし、菅野光夫吉岡悟と二塁手の定位置を争う。その後も内野のユーティリティプレイヤーとして活躍し、1981年には巨人との日本シリーズ第3戦で、定岡正二から決勝点となる適時二塁打を放っている。同シリーズでは8打数3安打2打点を記録し、1982年限りで現役を引退[1]

現在は沼津リトルシニア監督として少年達に指導し、チームを関東大会出場に導き、関東連盟夏季大会において結果を残している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1976 日本ハム 50 123 109 7 25 1 0 0 26 2 1 3 6 0 8 0 0 14 0 .229 .282 .239 .521
1977 5 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1978 21 49 42 4 11 1 0 0 12 1 0 1 7 0 0 0 0 7 0 .262 .262 .286 .548
1979 90 136 112 13 29 2 2 0 35 11 3 4 4 0 20 0 0 17 1 .259 .371 .313 .684
1980 67 129 109 10 25 1 1 0 28 8 1 1 11 2 7 0 0 15 0 .229 .271 .257 .528
1981 69 121 104 7 27 4 1 0 33 3 0 2 8 0 9 0 0 17 3 .260 .319 .317 .636
1982 44 72 59 8 16 2 1 0 20 4 1 0 3 0 7 0 3 8 1 .271 .377 .339 .716
通算:7年 346 632 537 50 133 11 5 0 154 29 6 11 39 2 51 0 3 79 5 .248 .315 .287 .602

背番号[編集]

  • 29 (1976年 - 1982年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、138ページ
  2. ^ 山根和夫の実兄。
  3. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]


外部リンク[編集]