平生町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひらおちょう
平生町
馬島(Umashima from Oohoshi) - panoramio (1).jpg
大星山展望台より馬島を望む
平生町旗 平生町章
平生町旗 平生町章
日本の旗 日本
地方 中国地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
熊毛郡
市町村コード 35344-2
法人番号 1000020353442 ウィキデータを編集
面積 34.59km2
総人口 11,869[編集]
推計人口、2020年11月1日)
人口密度 343人/km2
隣接自治体 柳井市熊毛郡田布施町上関町
町の木 クロマツ
町の花 キク、ツツジ
平生町役場
町長 浅本邦裕
所在地 742-1195
山口県熊毛郡平生町大字平生町210-1
北緯33度56分16.5秒東経132度4分23.6秒座標: 北緯33度56分16.5秒 東経132度4分23.6秒
役場庁舎位置

Hirao town hall.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

平生町位置図

― 市 / ― 町

 表示 ウィキプロジェクト
石城山から望む市街地

平生町(ひらおちょう)は、山口県東南部の

地理[編集]

本州最西端山口県東南部、瀬戸内海に面した室津半島の西側に位置する。南北に約11km、東西に9kmにわたり、箕山(標高400m)、大星山(標高438m)を中心とした丘陵地帯と、平生平野を中心とした平野部から成り立つ。また、佐合島が本町に属する。18.2kmにおよぶ平生湾と共に、瀬戸内海国立公園の一端を形成する。

アクセス(車)

隣接している自治体[編集]

人口[編集]

Demography35344.svg
平生町と全国の年齢別人口分布(2005年) 平生町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 平生町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

平生町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


地名[編集]

全域で、合併前からの大字を継続して使用している(但し曽根のみ合併時の新設)。

  • 平生町
  • 平生村
  • 竪ケ浜
  • 宇佐木
  • 大野北(旧大野村)
  • 大野南(旧大野村)
  • 曽根(旧曽根村)
  • 佐賀(旧佐賀村)
  • 小郡(旧佐賀村)
  • 尾国(旧佐賀村)
  • 佐合島(旧佐賀村)

歴史[編集]

現在の平生町の土地の多くは、毛利就頼慶安三年(1650年)熊毛郡宇佐木大野河添い沖の開作につき決意して奉行横道忠右衛門に設計、施工を命じ、当時は海であった部分を埋め立てて水田を開作したものである。 常春寺にある横道忠右衛門の墓や横道が造った南蛮樋(水門)は、町の史跡・名所となっている。

沿革[編集]

行政・議会[編集]

  • 町長:浅本邦裕(2018年12月11日~、1期目)
  • 議長:中川裕之 (議員定数12)

産業[編集]

商業[編集]

工業[編集]

農業[編集]

漁業[編集]

飲食業[編集]

金融機関[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

町内に鉄道駅は無い。最寄り駅は山陽本線柳井駅田布施駅

バス[編集]

  • 防長交通 - 本町に営業所(平生営業所)があり、町内一帯に路線網を持つ。広島行き(山陽道玖珂IC経由)の高速バスも運行を行っている。

道路[編集]

主要施設[編集]

教育[編集]

熊毛南高等学校

高等学校[編集]

中学校[編集]

  • 平生町立平生中学校

小学校[編集]

  • 平生町立平生小学校
  • 平生町立佐賀小学校

図書館[編集]

  • 平生町立平生図書館

著名な出身者[編集]

地域再生計画[編集]

地域再生計画として、「イタリアーノひらお」構想を進めている。室津半島の地形、気候がイタリア半島に似ていることにヒントを得ている。平生町の地形や豊かな自然、文化及び農林水産業や商工業などの地域資源を活用し、町内各団体が地域ブランドを確立し地域経済の活性化を図ることを目的としている。

外部リンク[編集]