門司税関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
門司税関
Moji Customs
Moji customs01.jpg
門司税関本関(門司港湾合同庁舎)
種別 税関
管轄区域 山口県
福岡県長崎税関の管轄区域を除く)
佐賀県のうち
唐津市伊万里市東松浦郡西松浦郡
長崎県のうち
対馬市壱岐市
大分県
宮崎県
所在地 〒801-8511
福岡県北九州市門司区西海岸一丁目3番10号
門司港湾合同庁舎
リンク 公式サイト
位置 北緯33度56分38.3秒 東経130度57分30.8秒 / 北緯33.943972度 東経130.958556度 / 33.943972; 130.958556座標: 北緯33度56分38.3秒 東経130度57分30.8秒 / 北緯33.943972度 東経130.958556度 / 33.943972; 130.958556

門司税関(もじぜいかん)は日本税関。九州の東側および山口県を管轄し、福岡県北九州市門司区に主たる事務所を置く。

歴史[編集]

旧門司税関(2代目門司税関庁舎)
  • 1909年(明治42年)11月5日 - 長崎税関門司支署が長崎税関から独立して、門司税関となる。
  • 1910年(明治43年)
    • 7月 - 門司税関庁舎(初代)が完成。
    • 8月1日 - 門司市港町1丁目1番地の新庁舎に移転[1]
    • 12月 - 税関庁舎、失火により焼失。
  • 1912年(明治45年) - 2代目門司税関庁舎完成。
  • 1927年(昭和2年) - 3代目庁舎となる、合同庁舎完成。
  • 1928年(昭和3年) - 税関閉鎖(第二次世界大戦により税関官制廃止、海運局に併合)。
  • 1946年(昭和21年) - 税関再開(門司税関の管轄として長崎佐世保・三池・三角・鹿児島に支署を設置)。
  • 1953年(昭和28年) - 長崎税関が門司税関から独立(支署:佐世保、三池、三角、鹿児島)。
  • 1979年(昭和54年)5月 - 4代目の庁舎として、門司港湾合同庁舎(地上10階、地下1階)が完成。
  • 2009年(平成21年)11月5日 - 門司税関100周年。門司港レトロ地区の旧門司税関で、門司税関100周年を記念し、11月24日30日、文書や写真などで歩みを振り返る「税関展」を開く[2]。また、ホームページ上に門司税関100周年記念誌を掲載。

管内支署・出張所[編集]

細島税関支署(細島港湾合同庁舎)
  • 門司税関本関
  • 下関税関支署
    • 萩出張所
  • 宇部税関支署
  • 岩国税関支署
  • 徳山税関支署
    • 防府出張所
    • 光出張所
    • 平生出張所
  • 戸畑税関支署
    • 若松出張所
  • 博多税関支署
  • 福岡空港税関支署
  • 伊万里税関支署
    • 唐津出張所
  • 厳原税関支署
    • 比田勝監視署
  • 大分税関支署
  • 細島税関支署

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第8142号、明治43年8月11日。
  2. ^ 西日本新聞2009年11月6日[リンク切れ] 国際貿易港の発展支え… 門司税関が開設100年 レトロ地区 24日から記念展

関連項目[編集]

外部リンク[編集]