山口県農業協同組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山口県農業協同組合
統一金融機関コード 8134
SWIFTコード なし
法人番号 8250005008485[1] ウィキデータを編集
代表理事組合長 金子 光夫
店舗数 本所及び118支所[2]
設立日 2019年4月1日
出資金 16,321,021,000円
(2021年度末[3]
貯金残高 1,236,954百万円
(2021年度末[3]
職員数 2,325人
組合員数 正組合員7万691人
准組合員14万165人(2021年度末[3]
本所
所在地 754-8585
日本の旗 日本 山口県山口市小郡下郷2139
山口県JAビル[4]
北緯34度5分36.4秒 東経131度23分20.1秒 / 北緯34.093444度 東経131.388917度 / 34.093444; 131.388917座標: 北緯34度5分36.4秒 東経131度23分20.1秒 / 北緯34.093444度 東経131.388917度 / 34.093444; 131.388917
外部リンク https://www.ja-ymg.or.jp/
テンプレートを表示

山口県農業協同組合(やまぐちけんのうぎょうきょうどうくみあい、英称:JA Yamaguchi )は、山口県山口市小郡に本店を置く農業協同組合。略称はJA山口県山口県全域を区域とするJAとして2019年4月に発足した。

概要[編集]

「1県1JA」として構想され、県内の12の総合農業協同組合すべてが合併して発足した。都道府県域を区域とする農業協同組合としては全国8番目(そのうち県内全ての総合農業協同組合が参加するものとしてはJAならけんJAおきなわJA島根県JA香川県に続く5番目[注 1])であり[5]、正准組合員数の合計ではJA島根県に次いで[6]全国2番目[7]、正組合員数のみでは全国最大[8]の規模となる。

合併形態は新設合併方式を採り[4]統一金融機関コード周南農業協同組合のものを引き継いだ[2]。本店はJA山口中央会などが入る山口県JAビルに置く[注 2]

合併農協の目標販売額は300億円、合併により物流の効率化や取扱品目の集約による生産価格低減、農業経営・技術指導の強化を目指す[6]

本農協の発足に伴い、全農やまぐち(全国農業協同組合連合会山口県本部)は青果物販売事業を山口県農業協同組合に事業移管したうえで廃止、引き続き全農が行う事業については新設される全農山口県事務所が担う。

本農協の発足日である2019年4月1日現在の全国の総合農協数は611となる[9]

主な域内の農産品[編集]

  • 主穀(コメ大豆) - 部会数29、構成員数3818人で野菜(複数品目)の1593人を大きく上回る最大組織[10]。「水田フル活用ビジョン」や「稲作栽培指針(こよみ)」を作成・公開している[11]
  • 山口県産牛肉販売協議会を組織し、山口県産牛に協議会独自のロゴマークを付与しトレーサビリティの確立と振興に注力している[15]。また、やまぐち和牛ブランド推進協議会と連携し、山口県統一ブランド「やまぐち和牛燦(きらめき)」の消費宣伝活動を行い販売促進に取り組んでいる[10]

地区統括本部[編集]

直売所・朝市[編集]

以下の農産物直売所および朝市を運営している[16][17]

農産物直売所[編集]

店舗名 住所 備考
島の恵み本店 大島郡周防大島町大字久賀6500-1 旧・JA山口大島店舗
島の恵み小松店 大島郡周防大島町大字小松209-9
FAM'S キッチンいわくに 岩国市多田97-2 旧・JA岩国店舗
遊気百菜館 柳井市中央三丁目17-15 旧・JA南すおう店舗
ふれあいどころ437 柳井市日積4150-1
菜さい来んさい!光店 光市三井五丁目3-10 旧・JA周南店舗
菜さい来んさい!北部店 周南市大字須々万本郷2647-1
菜さい来んさい!徳山東店 周南市久米中央4丁目10番5号
菜さい来んさい!下松店 下松市西柳二丁目3-48
菜さい来んさい!三田川店 周南市大字徳山字三田川5825-8
菜さい来んさい!新南陽店 周南市清水二丁目1390-6
とれたて満菜 防府市中央町6-7 旧・JA防府とくぢ店舗
ぶちええ菜山口店 山口市維新公園3-11-1 旧・JA山口中央店舗
新鮮館厚南店 宇部市厚南中央一丁目7-70 旧・JA山口宇部店舗
新鮮館阿知須店 山口市阿知須4825-1
いただきま~と川中店 下関市伊倉新町四丁目4-42 旧・JA下関店舗
いただきま~と下関東部店 下関市清末五毛一丁目3-9
あぐりプラザおふく 美祢市於福町下則田2867-1 旧・JA山口美祢店舗
直売所みとう 美祢市美東町真名968-8
ふれあいらんど萩 萩市大字椿3395-12 旧・JAあぶらんど萩店舗

朝市[編集]

域内で49の朝市(うち1が2箇所開催)を50箇所で開催している。(朝市の開催日・開催時間は公式サイトを参照[16]

卸売市場[編集]

以下の3の卸売市場地方卸売市場)を開設・運営している[18]。また、山口青果地方卸売市場を開設・卸売を行う株式会社山口青果卸売市場を連結子会社としている[10]

市場名 住所 取扱品目 備考
山口県農業協同組合南すおう地方卸売市場 柳井市大字余田3510番1 野菜及び果実
山口県農業協同組合安岡地方卸売市場 下関市横野町一丁目16番12号 野菜
山口県農業協同組合長門地方卸売市場 長門市東深川1381番地 野菜及び果実
市場名 住所 取扱品目 備考
山口青果地方卸売市場 山口市維新公園三丁目11番3号 野菜及び果実 当組合連結子会社である[10]株式会社山口青果卸売市場[19]が開設・運営及び卸売業務を担う

関連会社[編集]

  • 株式会社ジャネックス(子会社[4]) - JAグループ山口の情報サービスセンター
  • 株式会社山口県農協印刷(子会社[4]) - JAグループ山口の印刷会社。山口県農業協同組合中央会(JA山口中央会)の印刷部門から分離。
  • 株式会社山口青果卸売市場 - 青果卸売市場の開設・運営、卸売業務。
  • JA協同サポート山口株式会社 - 介護、配食、葬祭事業
  • 周防大島ファーム株式会社 - 農畜産物の生産・販売事業
  • 株式会社Aコープながと - スーパーマーケットAコープ)事業
  • 有限会社ジェイエイ南グリーン - 農作業受委託・育苗事業
  • 周南農協観光開発株式会社 - 不動産事業
  • 株式会社ベリーろーど - 農畜産物の生産販売事業

その他[10]

沿革[編集]

  • 2015年(平成27年)11月 - 第39回JA山口県大会にて県1JA構想を決議。
  • 2016年(平成28年)3月 - 「県下1JA構想(基本的考え方)」を策定。
  • 2017年(平成29年)8月 - 県内の12農協全てが合併契約に調印[20]
    • 同年11月 - 合併協議に参加していた県内12農協が一斉に臨時総代会を開き、合併議案を承認した[7]
  • 2019年(平成31年)4月 - JA山口県発足。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 発足当初から域内のすべての総合農協が合併に参加するものとしては奈良、沖縄に次ぐ3例目
  2. ^ なお、本所勘定は新設されるもので、周南農業協同組合の本所勘定は周南統括本部支所に引き継がれる。

出典[編集]

  1. ^ https://www.houjin-bangou.nta.go.jp/henkorireki-johoto.html?selHouzinNo=8250005008485; 資料の名称: 国税庁法人番号公表サイト.
  2. ^ a b JA合併に伴うお取引についてのご案内|JAバンク山口
  3. ^ a b c 組合概要|JA山口県の概要|JA山口県とは|JA山口県
  4. ^ a b c d JAだより『ふれあい』 No.265(JA山口宇部) (PDF)
  5. ^ “12JAが合併契約調印 「JA山口県」11月正式決定”. 山口新聞. (2017年8月22日). https://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2017/0822/2p.html 2019年3月31日閲覧。 
  6. ^ a b “山口県内の12JA統合 組合員22万人超、全国2位に”. 日本経済新聞. (2019年4月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43168010R00C19A4LC0000/ 2019年4月3日閲覧。 
  7. ^ a b “県内12、合併承認 全国2位規模のJA誕生へ /山口”. 毎日新聞. (2017年11月19日). https://mainichi.jp/articles/20171119/ddl/k35/020/352000c 2019年3月31日閲覧。 
  8. ^ “JA山口県発足 正組合員全国最多に”. 日本農業新聞. (2019年4月1日). https://www.agrinews.co.jp/p47242.html 2019年4月3日閲覧。 
  9. ^ “全国の総合JA数611に|ニュース|JAの活動|JAcom 農業協同組合新聞”. JAcom 農業協同組合新聞. (2019年3月19日). https://www.jacom.or.jp/noukyo/news/2019/03/190326-37675.php 2019年4月1日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f ディスクロージャー誌2022[PDF]
  11. ^ 営農情報 | JA山口県とは | JA山口県
  12. ^ a b JAだより – 2022年9月号 vol.41
  13. ^ 晴るる|お米|とれたて大百科|食や農を学ぶ|JAグループ
  14. ^ 米 | 山口県の農業 | JA山口県
  15. ^ 畜産 | 山口県の農業 | JA山口県
  16. ^ a b 直売所・朝市店舗一覧 | 直売所・朝市 | JA山口県
  17. ^ 「山口県」直売所の検索結果|JAファーマーズマーケット(直売所)検索|JAファーマーズマーケット(直売所) |JAグループ
  18. ^ 卸売市場・地方卸売市場の認定を受けた卸売市場 - 山口県ホームページ
  19. ^ 山口青果卸売市場
  20. ^ “山口県内の12JA、19年春に統合 販売やブランド力強化に注力”. 日本経済新聞. (2017年8月22日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO20217250R20C17A8LC0000/ 2019年4月1日閲覧。 

外部リンク[編集]