新設合併

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新設合併(しんせつがっぺい)

  • 法人における合併の一形態。合併の当事者となる法人の全部が解散し、その権利義務の一切を新たな設立される法人が承継する形態をいう。これに対して、一方の法人が解散し、その権利義務の一切を他方の法人が承継する形態を吸収合併という。
  • 地方公共団体における合併の方式の一つである合体の通称。合併の当事者となる当該自治体をすべて廃止して新たな自治体を設置する方式をいう。