潮喬平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
潮 喬平 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム うしお きょうへい
ラテン文字 Kyohei Ushio
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m, 200m
大学 中央大学
生年月日 (1934-12-12) 1934年12月12日
出身地 島根県益田市
没年月日 (2010-03-25) 2010年3月25日(75歳没)
身長 166cm (現役時代)
体重 61kg (現役時代)
成績
オリンピック 100m 1次予選4組3着 (1956年)
200m 1次予選2組5着 (1956年)
4x100mR 準決勝2組6着 (1956年)
地域大会決勝 アジア大会
100m 2位 (1958年)
4x100mR 2位 (1958年)
自己ベスト
100m 10秒5 (1956年, 1957年)
200m 22秒0 (1957年, 1958年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

潮 喬平(うしお きょうへい、1934年昭和9年〉12月12日 - 2010年平成22年〉3月25日)は、島根県益田市出身の陸上競技選手。専門は100m200m短距離走1956年メルボルンオリンピック日本代表1958年東京アジア大会の銀メダリストである。日本選手権の100mを1956年から3連覇した。

経歴[編集]

醸造元の次男として生まれる。

益田高校(現・益田翔陽)3年時の1952年(昭和27年)にインターハイの100mで11秒3の2位、200mで3位、4×200mリレーで4走を務めて5位、国体の19歳未満100mで11秒5の2位に入るなど活躍した。

大学は中央大学に進学し、4年時の1956年に日本インカレで3冠(100m、200m、4×100mリレー)を達成し、日本選手権100mも制した。メルボルンオリンピックには100mと200mと4×100mリレーに出場し、4×100mリレーで1走を務めて準決勝進出に貢献した。

実業団時代には、リッカーミシン所属の1958年に東京アジア大会の100mと4×100mリレー(1走)で銀メダルを獲得した。

現役引退後はプロ野球・日本ハムファイターズのトレーニングコーチ(1971年 - 1981年)などを務めた。

2010年(平成22年)3月25日、肺炎のため東京都板橋区の病院で死去[1]。75歳没。

主要大会成績[編集]

国際大会[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1956 第16回オリンピック オーストラリアの旗 メルボルン 100m 1次予選 11秒0 (-2.0)
200m 1次予選 22秒4
4x100mR 準決勝 41秒3 (1走)
1958 第3回アジア大会 (en 日本の旗 東京 100m 2位 11秒0
4x100mR 2位 41秒4 (1走)
『日本陸上競技連盟七十年史』参照[2]

日本選手権[編集]

  • 6位以内の成績を収めた大会を記載
大会 種目 結果 記録
1954 第38回日本選手権 100m 5位 10秒8 (+5.0)
200m 5位 23秒8 (+5.0)
1955 第39回日本選手権 200m 5位
1956 第40回日本選手権 100m 優勝 10秒8
1957 第41回日本選手権 100m 優勝 10秒9
1958 第42回日本選手権 100m 優勝 10秒9
1961 第45回日本選手権 100m 2位 11秒0 (-1.4)
『日本陸上競技連盟七十年史』参照[3]

日本ランキング[編集]

  • 10位以内に入った記録を記載
種目 ランク 記録 所属
1953 200m 8位 22秒5 中央大学
1954 100m 5位 10秒8 中央大学
1955 100m 1位 10秒7 中央大学クラブ
200m 4位 22秒2
1956 100m 1位 10秒5 中央大学
200m 7位 22秒2
1957 100m 2位 10秒5 門司鉄道管理局
200m 4位 22秒0
1958 100m 1位 10秒6 リッカーミシン
200m 5位 22秒0
1959 100m 9位 10秒8 リッカーミシン
1960 100m 2位 10秒7 リッカーミシン
1961 100m 4位 10秒7 リッカーミシン
『日本陸上競技連盟七十年史』参照[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 潮喬平氏死去 メルボルン五輪陸上代表”. 47NEWS (2010年3月26日). 2014年12月21日閲覧。
  2. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「競技会記録 / 国際競技会」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 1061-1123頁。
  3. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「競技会記録 / 日本選手権大会」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 869-946頁。
  4. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「年度別日本10傑」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 739-868頁。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]