中島健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中島 健
基本情報
本名 中島 健
階級 ライトフライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1978-02-12) 1978年2月12日(40歳)
出身地 北海道
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 21
勝ち 16
KO勝ち 10
敗け 5
テンプレートを表示

中島 健(なかじま けん、1978年2月12日 - )は、日本男性プロボクサーグリーンツダボクシングクラブ所属。北海道河西郡芽室町出身。身長163cm。北海道帯広三条高等学校近畿大学卒業。

来歴[編集]

中学2年生からボクシングを始める。1994年、高校選抜ライトフライ級で優勝し、1996年1998年全日本選手権でそれぞれ3位に入賞した。アマチュア戦績は、72戦58勝14敗。

1999年10月21日、プロデビュー戦で1RKO勝ち。

2001年1月28日ロデル・マヨールフィリピン、後のOPBF東洋太平洋ミニマム級王者)に6R判定負けでプロ初の黒星を喫した。

2004年10月11日、8連勝で元WBA世界ミニマム級王者チャナ・ポーパオインタイ)と戦うも、6R判定で2敗目を喫した。

2004年10月11日、世界ランカーのアルマンド・デラ・クルス(フィリピン)に10R判定勝ち。

2005年8月21日WBCインター王者フランシスコ・ロサスメキシコ)と戦い、10R判定で3連勝となった。

2006年1月9日パシフィコ横浜でWBC世界ミニマム級王者イーグル京和に挑戦するが、終始イーグルの強打を浴び続け、7RTKO(1分1秒)負けを喫した。

2006年11月7日、OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座挑戦者決定戦を國重隆と争うも、10R判定で敗れ挑戦権を得られず。

2007年4月26日、OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者ファニト・ルビリアルに挑戦、グリーンツダの津田博明名誉会長の追悼興行であったが、5RKOで敗れ、引退を表明した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]