小谷優介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小谷優介 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム こたに ゆうすけ
ラテン文字 Yusuke Kotani
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m, 200m
所属 住友電工
大学 立命館大学
生年月日 (1989-09-23) 1989年9月23日(29歳)
出身地 滋賀県
居住地 滋賀県
身長 177cm
体重 66kg
引退 2017年度
成績
地域大会決勝 アジア選手権
100m 7位 (2011年)
国内大会決勝 日本選手権
100m 2位 (2011年)
自己ベスト
100m 10秒21 (2012年)
200m 20秒67 (2014年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

小谷優介(こたに ゆうすけ、1989年平成元年)9月23日 - )は日本の男子陸上競技選手。専門は短距離走滋賀県出身。彦根市立稲枝中学校滋賀県立八日市高等学校立命館大学経済学部卒業。住友電工所属。

主な経歴[編集]

  • 陸上は稲枝中学校に入学してから始める[1]
  • 八日市高校では、2年生の時に県大会1位、3年生の時には10秒59をマークした[2]。しかし、インターハイでは準決勝敗退するなど目立った実績は残せなかった[3]

大学時代[編集]

  • 2008年(平成20年)4月、立命館大学に入学。
  • 2010年(平成22年)9月、平塚で行われた日本学生個人選手権の100m決勝を10秒28(+3.7)で制し、全国タイトルを獲得した。
  • 2011年(平成23年)4月、広島で行われた第45回織田記念国際の100mに出場し、予選で追い風参考記録ながら10秒18(+2.8)をマークすると、決勝では10秒28(+1.2)をマークし、山縣亮太川面聡大らを抑え優勝を果たした[4]
  • 2011年(平成23年)6月、熊谷で行われた第95回日本選手権100mに3年連続の出場を果たし、3回目にして初の決勝に進出した。決勝では優勝した江里口匡史と0秒02差の10秒40(-0.5)で2位に終わり、優勝を逃した。
  • 2011年(平成23年)7月、神戸で行われた第19回アジア選手権の日本代表に選出され、100mの決勝で10秒39(+1.8)の7位となっている[5]
  • 2011年(平成23年)8月、深圳で行われた第26回ユニバーシアード日本代表に選出され、100mで10秒52(-0.8)の準決勝2組8着、4×100mリレーでは予選で日本チーム(山縣亮太-小谷-川面聡大-飯塚翔太)の2走を任されたが、日本チームはバトンミスで失格となった[6]
  • 2011年(平成23年)9月、熊本で行われた第80回日本学生選手権の100m決勝で10秒51(-1.9)をマークし、山縣亮太を抑え初優勝を果たした[7]。関西勢では1994年の朝原宣治同志社大学)以来、17年ぶりにこの種目を制した[3]
  • 2011年(平成23年)10月、平塚で行われた第51回実業団・学生対抗の100mを10秒29(+1.5)の大会新記録で制し、最優秀選手に輝いた[8]

社会人時代[編集]

  • 2012年(平成24年)4月、住友電工に入社。
  • 2012年(平成24年)4月、広島で行われた第46回織田記念国際の100m予選で10秒21(+1.3)の自己ベストとロンドンオリンピックB標準をマークした[9]
  • 2012年(平成24年)4月、川崎で行われたゴールデングランプリ川崎に出場し、4×100mリレーで日本Aチーム(江里口匡史-山縣亮太-髙平慎士-小谷)のアンカーを任された。前日にアンカーを言い渡され、当日のアップ中は緊張して何も喋れなかったという[10]
  • 2012年(平成24年)6月、大阪で行われた第96回日本選手権100mにロンドンオリンピックB標準突破選手として出場。2年連続の決勝進出を果たしたが、決勝では10秒48(0.0)の6位に終わり、オリンピック代表入りを逃した。
  • 2014年(平成26年)6月、鳥取で行われた布勢スプリントの100mに出場し、第1レースで10秒25(+2.0)の大会新記録をマークすると、第2レースでも10秒22(+1.8)の大会新記録をマークした[11]
  • 2017年(平成29年)12月、今季限りで現役引退することを発表した[12]。11月12日の立命館大学記録会にて引退レースが行われた[13]

自己ベスト[編集]

  • 記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。
種目 記録 年月日 場所 備考
100m 10秒21 (+1.3) 2012年4月29日 日本の旗 広島市
200m 20秒67 (+2.0) 2014年5月3日 日本の旗 袋井市

主要大会成績[編集]

  • 備考欄の記録は当時のもの

国際大会[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2011 (大4) アジア選手権 日本の旗 神戸 100m 7位 10秒39 (+1.8)
ユニバーシアード (en 中華人民共和国の旗 深圳 100m 準決勝 10秒52 (-0.8)
4x100mR 予選 DQ (2走)

日本選手権[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2009 (大2) 第93回 広島市 100m 準決勝 10秒40 (+1.9)
横浜市 4x100mR 2位 39秒74 (2走)
2010 (大3) 第94回 丸亀市 100m 準決勝 10秒63 (-0.7)
横浜市 4x100mR 6位 40秒54 (4走)
2011 (大4) 第95回 熊谷市 100m 2位 10秒40 (-0.5)
横浜市 4x100mR 3位 39秒99 (2走)
2012 (社1) 第96回 大阪市 100m 6位 10秒48 (0.0)
横浜市 4x100mR 7位 40秒05 (2走)
2013 (社2) 第97回 調布市 100m 予選 10秒49 (+0.9)
横浜市 4x100mR 2位 39秒51 (2走)
2014 (社3) 第98回 福島市 100m 7位 10秒37 (+0.6)
200m 予選 20秒90 (+1.5)
横浜市 4x100mR 3位 39秒14 (2走)
2015 (社4) 第99回 新潟市 100m 7位 10秒53 (-0.9)
横浜市 4x100mR 2位 39秒07 (2走)
2016 (社5) 第100回 名古屋市 100m 予選 10秒81 (-1.4)

その他[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2005 (高1) 国民体育大会 岡山市 200m 準決勝 22秒90 (+0.1)
4x100mR 予選 41秒24 (4走)
2006 (高2) 国民体育大会 神戸市 100m 準決勝 10秒63 (+3.7)
4x100mR 準決勝 40秒57 (1走)
2007 (高3) インターハイ 佐賀市 100m 準決勝 10秒82 (+0.2)
国民体育大会 秋田市 100m 8位 10秒68 (+4.1)
4x100mR 準決勝 40秒85 (1走)
日本ジュニア選手権 大分市 100m 5位 10秒88 (+0.4)
2008 (高3) 日本ジュニア室内 大阪市 60m 3位 6秒89
2008 (大1) 日本学生個人選手権 平塚市 100m 予選 10秒73 (+1.2)
日本インカレ 東京都 100m 予選 10秒74 (+1.5)
日本ジュニア選手権 鳥取市 100m 予選 10秒57 (+3.5)
2009 (大2) 日本学生個人選手権 平塚市 100m 4位 10秒55 (+1.4)
日本インカレ 東京都 100m 4位 10秒39 (+1.2)
4x100mR 4位 39秒86 (2走)
国民体育大会 新潟市 4x100mR 準決勝 40秒68 (2走)
実業団・学生対抗 平塚市 100m 4位 10秒60 (+1.1)
メドレーR 優勝 1分50秒54 (1走)
2010 (大3) 織田記念国際 広島市 100m 2位 10秒44 (-0.1)
日本学生個人選手権 平塚市 100m 優勝 10秒28 (+3.7)
日本インカレ 東京都 100m 6位 10秒87 (-3.4)
4x100mR 6位 40秒08 (2走)
国民体育大会 千葉市 100m 4位 10秒42 (+1.7)
4x100mR 準決勝 DQ (2走)
2011 (大4) 織田記念国際 広島市 100m 優勝 10秒28 (+1.2) 自己ベスト
日本学生個人選手権 平塚市 100m 決勝 DNS 準決勝10秒66 (-1.3)
日本インカレ 熊本市 100m 優勝 10秒51 (-1.9)
4x100mR 決勝 DQ (2走)
国民体育大会 山口市 100m 5位 10秒31 (+1.8)
実業団・学生対抗 平塚市 100m 優勝 10秒29 (+1.5) 大会記録
メドレーR 2位 2分04秒17 (1走)
2012 (社1) 織田記念国際 広島市 100m 4位 10秒41 (0.0) 予選10秒21 (+1.3):五輪B標準突破・自己ベスト
静岡国際 袋井市 4x100mR 4位 39秒08 (2走)
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 100m 6位 10秒30 (+2.9)
4x100mR 3位 39秒03 (4走)
全日本実業団選手権 福岡市 100m 4位 10秒56 (+2.4)
4x100mR 2位 39秒92 (2走)
国民体育大会 岐阜市 100m 5位 10秒40 (+0.6)
4x100mR 準決勝 40秒51 (2走)
実業団・学生対抗 小田原市 100m 3位 10秒58 (+0.4)
メドレーR 優勝 1分50秒17 (1走)
2013 (社2) 織田記念国際 広島市 100m 4位 10秒24 (+2.7)
全日本実業団選手権 熊谷市 100m 6位 10秒58 (+1.3)
4x100mR 優勝 39秒47 (2走) 大会記録
国民体育大会 調布市 100m 8位 10秒62 (-1.7)
4x100mR 予選 41秒11 (2走)
実業団・学生対抗 平塚市 100m 4位 10秒53 (+2.9)
メドレーR 2位 1分52秒42 (1走)
2014 (社3) 静岡国際 袋井市 200m B決勝4位 20秒73 (+0.6) 予選20秒67 (+2.0):自己ベスト
布勢スプリント 鳥取市 100m 優勝 10秒22 (+1.8) 大会記録
実業団・学生対抗 小田原市 100m 4位 10秒56 (0.0)
メドレーR 優勝 1分50秒55 (1走)
全日本実業団選手権 山口市 100m 3位 10秒55 (-1.9)
4x100mR 優勝 39秒16 (2走) 予選38秒94:大会記録
国民体育大会 諫早市 100m 6位 10秒42 (0.0)
4x100mR 準決勝 40秒31 (2走)
2015 (社4) 織田記念国際 広島市 100m 5位 10秒50 (-0.2)
オールスターナイト陸上
(実業団・学生対抗)
平塚市 100m 3位 10秒32 (+1.0)
メドレーR 優勝 1分49秒92 (2走) 大会記録
全日本実業団選手権 岐阜市 100m 6位 10秒52 (+0.5)
4x100mR 優勝 39秒27 (2走)
国民体育大会 和歌山市 100m 準決勝 10秒49 (+0.2)
4x100mR 2位 39秒94 (4走)
布勢スプリント 鳥取市 100m 6位 10秒51 (+0.3)
2016 (社5) 布勢スプリント 鳥取市 100m 予選 10秒87 (-0.6)
全日本実業団選手権 大阪市 100m 準決勝 10秒64 (+0.5)
4x100mR 2位 39秒58 (4走)
国民体育大会 北上市 100m 準決勝 10秒81 (+0.4)
4x100mR 予選 41秒61 (4走)
2017 (社6) 出雲陸上 出雲市 100m 7位 10秒60 (-0.5)
織田記念国際 広島市 100m NGP3位 10秒86 (-4.1)
布勢スプリント 鳥取市 100m 決勝 DNS 予選10秒48 (+2.9)
全日本実業団選手権 大阪市 100m 予選 10秒71 (-0.2)
4x100mR 3位 39秒84 (1走)
国民体育大会 松山市 100m 準決勝 10秒63 (-0.4)
4x100mR 準決勝 39秒87 (2走)

脚注[編集]

  1. ^ 【アスリートファイル】陸上短距離 小谷 優介 産経関西 (2011-5-9) 2014年7月1日閲覧。
  2. ^ 立命館大・小谷優介選手 陸上100㍍日本代表候補 ロンドン五輪出場目指す 滋賀彦根新聞 (2012-2-17) 2014年7月1日閲覧。
  3. ^ a b 期待のスプリンター・小谷優介、五輪へダッシュ 読売新聞 (2011-10-17) 2014年7月1日閲覧。
  4. ^ 小谷が男子100V標準記録は届かず/陸上 日刊スポーツ nikkansports.com (2011-04-29). 2014年7月1日閲覧。
  5. ^ 日本人選手結果 日本陸上競技連盟 (PDF, 200 KB) 2014年7月1日閲覧
  6. ^ 第26回ユニバーシアード競技大会(2011/深圳) 日本選手団(陸上競技)結果 日本学生陸上競技連合 (PDF, 77.3 KB) 2014年7月1日閲覧
  7. ^ 小谷が100m優勝、山縣が2位/陸上 日刊スポーツ nikkansports.com (2011-09-11). 2014年7月1日閲覧。
  8. ^ 小谷、渡辺がアベック大会新/陸上 日刊スポーツ nikkansports.com (2011-10-15). 2014年7月1日閲覧。
  9. ^ 2012年大会結果(第46回織田幹雄記念国際陸上競技大会 兼 第30回オリンピック競技会代表選手選考競技会) - 住友電工 2014年7月1日閲覧
  10. ^ 男400リレー小谷悔しい競り負け/陸上 日刊スポーツ nikkansports.com (2012-05-06). 2014年7月1日閲覧。
  11. ^ 女子トップは福島、男子小谷は大会新記録 日刊スポーツ nikkansports.com (2014-06-29). 2014年7月1日閲覧。
  12. ^ 選手引退のご報告”. 住友電工陸上競技部 (2017年12月13日). 2017年12月13日閲覧。
  13. ^ shinruchunのツイート(940937910445993984)

外部リンク[編集]