飯塚翔太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
飯塚翔太 Portal:陸上競技
Shōta Iizuka Rio2016.jpg
選手情報
フルネーム いいづか しょうた
ラテン文字 Shota Iizuka
愛称 和製ボルト
国籍 日本の旗 日本
種目 短距離走
所属 ミズノ
大学 中央大学
生年月日 (1991-06-25) 1991年6月25日(26歳)
生誕地 静岡県の旗静岡県御前崎市
身長 185cm
体重 80kg
成績
オリンピック 200m 予選3組4着 (2016年)
4x100mR 2位 (2016年)
世界選手権 200m 準決勝1組5着 (2017年)
4x100mR 3位 (2017年)
地域大会決勝 アジア大会
200m 4位 (2014年)
4x100mR 2位 (2014年)
4x400mR 優勝 (2014年)
国内大会決勝 日本選手権
100m 4位 (2012年)
200m 優勝 (2013年, 2016年)
4x100mR 優勝 (2011年)
4x400mR 優勝 (2011年)
最高世界ランク 200m 18位 20秒21 (2013年)
自己ベスト
100m 10秒08 (2017年)
200m 20秒11 (2016年)
 
獲得メダル
日本の旗 日本
男子陸上競技
オリンピック
2016 リオデジャネイロ 4×100mR
世界陸上競技選手権大会
2017 ロンドン 4×100mR
アジア競技大会
2014 仁川 4×400mR
2014 仁川 4×100mR
東アジア競技大会
2013 天津 4×100mR
2013 天津 200m
ユニバーシアード
2013 カザン 4×100mR
2013 カザン 200m
世界ジュニア陸上競技選手権大会
2010 モンクトン 200m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

飯塚 翔太(いいづか しょうた、1991年6月25日 - )は、日本陸上競技選手、専門は短距離走静岡県御前崎市出身。藤枝明誠高等学校中央大学卒業、ミズノ所属。

経歴[編集]

2004年中学1年時のジュニアオリンピックDクラス100mで優勝。2006年3年時のジュニアオリンピックAクラス200mで優勝するなど早くから活躍を見せた。

2007年藤枝明誠高校に入学、10月の国民体育大会少年男子B200mにおいて21秒71の記録で優勝した。肉離れを起こすなど怪我があったものの、2009年8月全国高等学校総合体育大会では100mが10秒46で2位、200mでは21秒01で優勝した[1]。10月国民体育大会少年男子A100mを10秒38の記録で優勝した。

2010年4月中央大学に進学する。5月22日、第89回関東学生陸上競技対校選手権大会4×100mリレーにアンカーとして出場。早稲田大学の選手と競り合う状態でスタートしたが飯塚が10mの差をつけ、中央大学が38秒54の日本学生記録を樹立して優勝した[1]。翌23日には200mに出場し、江里口匡史安孫子充裕らを直線で交わして優勝した。6月の第94回日本陸上競技選手権大会の参加標準記録を突破していたが目標をカナダモンクトンで開催される世界ジュニア陸上競技選手権大会に絞り、日本学生陸上競技個人選手権大会200mを大会新記録で制した後、世界へと向かった。

2010年7月23日、世界ジュニア陸上競技選手権大会200mに出場し20秒67の記録で優勝した。男子日本選手による同大会での優勝は初めての快挙となった[2]。毎日新聞に掲載された高野進日本陸上競技連盟強化委員長のコメントによると「後半の加速力と器用さがあり、ロンドン五輪に間に合う逸材」と説明されるなど、身長184cm・体重78kgの身体を生かしたレース後半の強さが持ち味である[1][3]

2011年4月、世界ジュニア選手権における金メダル獲得が評価され、平成22年度JOCスポーツ賞の新人賞を受賞した[4]

2012年6月の日本選手権において100mで4位、200mで2位の成績を残す。この結果を受け200m、400mリレーの2種目でロンドンオリンピック出場が決まった。8月、ロンドンオリンピック200m予選では20.81の3組5着で、準決勝進出を逃した。 男子4×100mリレーでは日本チーム(山縣亮太-江里口匡史-高平慎士-飯塚)の第4走を務め、予選を38秒07の全体4番目の記録で通過。決勝では38秒35で4位入賞を果たした(USA失格、5位→4位に順位繰上げ)。

2013年5月3日、静岡国際200mを日本歴代3位の記録(日本学生新記録)となる20秒21で優勝し、8月に開催される世界選手権の派遣設定記録(日本陸連が定めた20秒29)を突破した[5]。世界選手権代表内定をかけた6月の日本選手権200mは20秒31のセカンドベストで優勝し[6]、日本選手権終了後はヨーロッパに遠征してからユニバーシアードへ向かった。ユニバーシアードは200mで銅メダル、400mリレーは第4走を務めて銀メダルを獲得した[7]。7月23日、大学卒業後にミズノへ入社することが発表された[8]。8月、世界選手権に初出場。200mは準決勝に進出するも、20秒61の2組7着で敗退した。400mリレーは第4走(桐生祥秀藤光謙司高瀬慧-飯塚)を務め、予選ではシーズンベストの38秒23で決勝に進出し、決勝では38秒39の6位で2大会ぶり7回目の入賞を果たした(7番目でゴールしたが、イギリスが失格したため6位に繰り上がった)[9]。9月の日本インカレ100m準決勝で10秒22の自己ベストを記録した[10]。10月の東アジア競技大会に飯塚は選手団の主将として出場し[11]、200mはケンブリッジ飛鳥に次ぐ銀メダル[12]、400mリレーは第2走(山縣-飯塚-ケンブリッジ-大瀬戸一馬)を務めて大会新記録と日本学生新記録を樹立して優勝した[13]

2014年4月、ミズノに入社する。5月にバハマナッソーで行われた世界リレーの4×100mに出場、日本チームのアンカーを務めて5位入賞に貢献し、来年行われる世界選手権同種目の出場権を獲得した[14]。6月、日本選手権の200mに出場。連覇と9月のアジア競技大会日本代表入りを懸けて挑んだ。結果は3位に終わり連覇は逃したが、既にアジア競技大会の派遣設定記録Aを突破していたため、入賞で日本代表に内定した[15]。同月15日、アメリカ・ニューヨークで行われたダイヤモンドリーグ第6戦のアディダスグランプリ200mに出場し、飯塚の所属するミズノの国際代理人が交渉をまとめてダイヤモンドリーグ初出場を果たしたが結果は21秒04の最下位に終わった[16]。10月、アジア大会に出場。200mは4位、4×100mリレーは2走を務め2位に終わった。当日昼に出場を言い渡され、4×100mリレー決勝を走ってから55分後に走ることになった4×400mリレー決勝では、3走を務めて16年ぶりの金メダル獲得に貢献した[17]

2015年、3月に右太ももを痛めてスタートに出遅れるも徐々に調子を上げていき[18]、6月の日本選手権200m予選で北京世界選手権の参加標準記録(20秒50)を突破した。しかし代表入りをかけて臨んだ決勝では直線の手前で飯塚は右ハムストリングスを痛め失速、最後は歩いてゴールしたものの途中棄権扱いとなり2大会連続の世界選手権日本代表入りを逃してしまった[19]

リオデジャネイロオリンピック男子4×100mリレーでは日本チーム(山縣亮太-飯塚翔太-桐生祥秀ケンブリッジ飛鳥)の二走を務め、現地時間18日の予選で37秒68のアジア新記録をマーク、全体2位で決勝へ進出した[20]。19日の決勝では予選のアジア記録を更新する37秒60で2位となり、銀メダルを獲得した[21]

人物・エピソード[編集]

  • 飯塚はサッカーが盛んな静岡県出身だが子供の頃にサッカーはやっておらず、陸上を始める前にスイミングクラブに2年ほど通っていた[22]飯塚が陸上を始めたきっかけは小学3年生の時に地元で行われた陸上大会の100mで優勝し、地元にある陸上クラブの監督から誘われたため[23]
  • 身長が小学6年時で約170cm、中学1年時で約180cmという恵まれた体格が故に、成長痛や怪我に悩まされてまともに走れない時期があった[23][24]
  • 2005年のジュニアオリンピックでは専門外の走幅跳で8位に入っている。これは当時成長痛のために短距離を全力で走れず、しかしジュニアオリンピックにはどうしても出場したかったので走幅跳に取り組んで出場したものである(自己ベストは6m23)[22][23]
  • 高校2年の時からイメージトレーニングを取り入れていて、3年のインターハイ200m優勝の時はインタビューで言うことまで決めていたという[22]
  • 2010年の世界ジュニア選手権200mにはシーズンジュニア世界ランキング1位(20秒58)として臨んだが、アメリカ選手などは実力を信じていない様子で、予選の前にふざけ半分で握手を求めてきたという。決勝の前は緊張せず、前日からウイニングランや優勝インタビューを受けているシーンを10回以上イメージしたという[22]
  • 日本のトップレベルのスプリンターとしては珍しい長身選手で、ウサイン・ボルトも優勝した世界ジュニア選手権200mで日本人初の金メダルを獲得したことなどから「和製ボルト」の愛称を持つ[25]。高校時代のあだ名は「セカイ」[26]

自己記録[編集]

種目 記録 (m/s) 年月日 備考
100m 10秒08 (+1.9) 2017年6月4日 日本歴代8位
200m 20秒11 (+1.8) 2016年6月26日 日本歴代2位

年次記録[編集]

100m 200m
2004年
(中学1年)
11秒60 (0.0)
2005年
(中学2年)
11秒34 (0.0) 23秒30 (-0.1)
2006年
(中学3年)
10秒92 (+2.0) 22秒29 (+2.0)
2007年
(高校1年)
10秒76 (-2.5) 21秒64 (0.0)
2008年
(高校2年)
10秒68 (-0.4) 21秒32 (-0.2)
2009年
(高校3年)
10秒38 (0.0) 21秒01 (+1.6)
2010年
(大学1年)
10秒45 (+1.7) 20秒58 (-0.6)
2011年
(大学2年)
10秒50 (-0.6) 20秒64 (0.0)
2012年
(大学3年)
10秒35 (+0.5) 20秒45 (0.0)
2013年
(大学4年)
10秒22 (+0.3) 20秒21 (+1.4)
2014年
(社会人1年)
10秒41 (+1.0) 20秒39 (+0.8)
2015年
(社会人2年)
10秒37 (+1.6) 20秒42 (+1.4)
2016年
(社会人3年)
10秒36 (+0.4) 20秒11 (+1.8)

括弧内は風速(m/s)。+は追い風、-は向かい風。

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

国際大会[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2010 世界ジュニア選手権 カナダの旗 モンクトン 200m 優勝 20秒67 (+0.5) 日本人初の短距離種目金メダル[27]
4x100mR 4位 39秒89 (4走)
2011 アジア選手権 日本の旗 神戸 200m 4位 21秒10 (-0.4)
ユニバーシアード 中華人民共和国の旗 深圳 200m 準決勝1組5着 21秒02 (-0.1)
4x100mR 予選失格 DQ (4走)
2012 オリンピック イギリスの旗 ロンドン 200m 予選3組5着 20秒81 (+1.1) 全体36位
4x100mR 4位 38秒35 (4走) 予選38秒07:日本歴代2位
大会後に順位繰上げ (5位→4位)
2013 ユニバーシアード ロシアの旗 カザン 200m 3位 20秒33 (+2.4)
4x100mR 2位 39秒12 (4走)
世界選手権 ロシアの旗 モスクワ 200m 準決勝2組7着 20秒61 (0.0) 全体18位
4x100mR 6位 38秒39 (4走)
東アジア大会 中華人民共和国の旗 天津 200m 2位 21秒01 (-0.3)
4x100mR 優勝 38秒44 (2走) 日本学生記録 (混成)
大会記録
2014 世界リレー バハマの旗 ナッソー 4x100mR 5位 38秒40 (4走)
ダイヤモンドリーグ
(アディダスグランプリ)
アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク 200m 8位 21秒04 (-0.2)
アジア大会 大韓民国の旗 仁川 200m 4位 20秒87 (+0.3)
4x100mR 2位 38秒49 (2走)
4x400mR 優勝 3分01秒88 (3走) 決勝のみ出場
2016 ダイヤモンドリーグ
(ヘラクレス)
モナコの旗 モナコ 200m 5位 20秒39 (+0.1)
オリンピック ブラジルの旗 リオデジャネイロ 200m 予選3組4着 20秒49 (+0.3) 全体30位
4x100mR 2位 37秒60 (2走) アジア記録
2017 世界選手権 イギリスの旗 ロンドン 200m 準決勝1組5着 20秒62 (+2.1) 全体16位
4x100mR 3位 38秒04 (2走)

日本選手権[編集]

リレー種目は日本選手権リレーの成績

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2010 日本選手権 横浜市 4x100mR 予選失格 DQ (4走)
2011 日本選手権 熊谷市 200m 4位 20秒64 (0.0)
横浜市 4x100mR 優勝 39秒48 (2走)
4x400mR 優勝 3分05秒02 (2走) 大会記録
2012 日本選手権 大阪市 100m 4位 10秒36 (0.0)
200m 2位 20秒45 (0.0)
横浜市 4x100mR 予選途中棄権 DNF (4走)
2013 日本選手権 調布市 200m 優勝 20秒31 (+0.9)
2014 日本選手権 福島市 200m 3位 20秒66 (+0.9)
2015 日本選手権 新潟市 200m 決勝途中棄権 DNF 予選20秒42 (+1.4)
2016 日本選手権 名古屋市 200m 優勝 20秒11 (+1.8) 日本歴代2位
2017 日本選手権 大阪市 200m 3位 20秒55 (+0.3)

その他[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
小学生時代
2003 全国小学生陸上 東京都 100m 準決勝1組7着 12秒99 (-1.1)
中学生時代
2004 ジュニアオリンピック 横浜市 100m 優勝 11秒60 (0.0)
4x100mR 4位 43秒39 (3走)
2005 ジュニアオリンピック 横浜市 走幅跳 8位 6m08 (+1.4)
2006 全日本中学校選手権 丸亀市 100m 予選棄権 DNS
200m 予選6組3着 23秒17 (-2.8)
ジュニアオリンピック 横浜市 200m 優勝 22秒41 (0.0)
4x100mR 7位 43秒73 (4走)
高校生時代
2007 インターハイ 佐賀市 4x100mR 7位 41秒42 (4走)
国民体育大会 秋田市 200m 優勝 21秒71 (-1.7) 同着
4x100mR 準決勝1組4着 40秒90 (3走)
2008 静岡国際 袋井市 200m 予選1組6着 21秒61 (-1.2)
インターハイ 熊谷市 4x100mR 3位 41秒02 (2走)
2009 インターハイ 奈良市 100m 2位 10秒46 (+1.1)
200m 優勝 21秒01 (+1.6) 静岡県高校記録
4x100mR 5位 41秒09 (2走)
国民体育大会 新潟市 100m 優勝 10秒38 (0.0) 自己ベスト
2010 日本ジュニア室内大阪 大阪市 200m 2位 22秒57
大学生時代
2010 静岡国際 袋井市 200m 決勝棄権 DNS 予選20秒58 (-0.6):自己ベスト
関東インカレ 東京都 100m 2位 10秒58 (-0.4)
200m 優勝 20秒76 (-0.5)
4x100mR 優勝 38秒54 (4走) 日本学生記録
日本学生個人選手権 平塚市 200m 優勝 20秒95 (+2.0) 大会記録
日本インカレ 東京都 200m 2位 20秒70 (+3.8)
4x100mR 2位 39秒62 (4走)
国民体育大会 千葉市 100m 5位 10秒45 (+1.7)
4x100mR 優勝 39秒83 (4走)
日本ジュニア選手権 名古屋市 200m 2位 20秒90 (+1.1)
2011 静岡国際 袋井市 200m 2位 20秒70 (+0.5)
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 4x100mR 2位 38秒94 (4走)
関東インカレ 東京都 4x100mR 予選1組1着 39秒19 (4走) 決勝進出[28]
日本インカレ 熊本市 200m 優勝 20秒67 (0.0)
4x100mR 優勝 38秒85 (4走)
国民体育大会 山口市 4x100mR 優勝 39秒83 (4走)
2012 静岡国際 袋井市 200m 4位 20秒85 (-0.3)
4x100mR 4位 39秒08 (4走)
関東インカレ 東京都 100m 優勝 10秒40 (-1.2)
200m 予選途中棄権 DNF
4x100mR 予選2組1着 40秒20 (4走) 決勝進出[29]
日本インカレ 東京都 100m 優勝 10秒71 (-2.9)
200m 予選5組7着 40秒41 (-2.1)
4x100mR 3位 39秒33 (2走)
国民体育大会 岐阜市 4x100mR 優勝 39秒70 (4走)
2013 テキサスリレー オースティン 100m 8位 10秒25 (+2.2)
フロリダリレー ゲインズビル 200m 決勝1組4着 20秒82 (+1.3)
織田記念国際 広島市 100m 7位 10秒39 (+2.7)
静岡国際 袋井市 200m 優勝 20秒21 (+1.4) 日本歴代3位
日本学生記録
大会記録
関東インカレ 東京都 100m 2位 10秒50 (-1.4)
4x100mR 優勝 38秒75 (4走)
ヤヌス・クソチンスキー記念 シュチェチン 200m 3位 21秒03 (-1.2)
ヴィラ・デ・ビルバオ国際 ビルバオ 100m 予選1組2着 10秒34 (+1.9)
トワイライト・ゲームス 東京都 4x100mR - 38秒90 (4走)
日本インカレ 東京都 100m 2位 10秒35 (+0.5)
4x100mR 優勝 38秒77 (4走)
4x400mR 優勝 3分06秒18 (2走)
2014 テキサスリレー オースティン 4x100mR 2位 38秒71 (4走)
社会人時代
2014 静岡国際 袋井市 200m 優勝 20秒39 (+0.8)
ゴールデングランプリ東京 東京都 200m 7位 21秒24 (-1.2)
パーヴォ・ヌルミゲームズ トゥルク 100m 優勝 10秒41 (+1.0)
スロベニア・グランプリ ヴェレニエ 100m 4位 10秒63 (-0.3)
ジュライ・イシュトヴァーン記念 セーケシュフェヘールヴァール 200m 5位 21秒21 (-2.0)
Spitzen Leichtathletik Luzern ルツェルン 200m 4位 21秒00 (+0.5)
ミーティング・マドリード マドリード 200m 第2レース失格 DQ フライング
全日本実業団選手権 山口市 200m 2位 20秒80 (0.0)
4x100mR 2位 39秒37 (4走)
4x400mR 優勝 3分07秒53 (2走)
国民体育大会 諫早市 4x100mR 3位 39秒73 (2走)
2015 織田記念国際 広島市 200m B決勝7位 21秒25 (+2.6)
静岡国際 袋井市 200m 4位 20秒95 (+0.2) ノングランプリ
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 200m 5位 20秒79 (-0.5)
東日本実業団選手権 熊谷市 100m 2位 10秒47 (-2.1)
全日本実業団選手権 岐阜市 4x100mR 2位 39秒62 (2走)
4x400mR 優勝 3分07秒36 (2走)
国民体育大会 和歌山市 4x100mR 優勝 39秒79 (4走)
2016 タイガートラッククラシック オーバーン 100m 2位 10秒41 (+0.1)
200m 優勝 20秒49 (+1.1)
静岡国際 袋井市 200m 優勝 20秒38 (+1.0)
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 200m 2位 20秒40 (-0.6)
東日本実業団選手権 熊谷市 100m 準決勝棄権 DNS 予選10秒27 (+2.2)
200m 決勝棄権 DNS 予選20秒46 (+2.5)
リエージュ国際 リエージュ 100m 3位 10秒36 (+0.4)
ジュライ・イシュトヴァーン記念 セーケシュフェヘールヴァール 200m 5位 20秒67 (+0.7)
全日本実業団選手権 大阪市 200m 優勝 20秒57 (0.0)
4x100mR 優勝 39秒37 (2走)
4x400mR 優勝 3分04秒51 (2走)
国民体育大会 北上市 4x100mR 3位 40秒07 (4走)
2017 タイガートラッククラシック オーバーン 200m 4位 20秒73 (+2.2)
マウント・サック・リレー トーランス 100m 優勝 10秒24 (+2.1)
静岡国際 袋井市 200m 2位 20秒50 (+0.2)
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 200m 5位 21秒10 (-2.0)
布勢スプリント 鳥取市 100m 優勝 10秒08 (+1.9) 日本歴代7位
ミーティング・マドリード マドリード 200m 4位 20秒69 (0.0)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「「和製ボルト」は18歳 中大1年・飯塚翔太 陸上・関東学生対校選手権」 『朝日新聞』2010年5月24日東京夕刊、スポーツ1面、9頁。
  2. ^ 「和製ボルト」飯塚翔太、世界ジュニアで「金」 YOMIURIONLINE (2010-07-24). 2010年8月1日閲覧。
  3. ^ 「陸上:世界ジュニア選手権 二百V飯塚ら、ロンドンへ新戦力 メダル5個、最多タイ」 『毎日新聞』2010年7月27日東京朝刊、運動面、19頁。
  4. ^ 平成22年度JOCスポーツ賞受賞者一覧(PDF)をダウンロード (PDF, 65.5 KB) (2011-04-16). 2013年11月21日閲覧
  5. ^ 飯塚、歴代3位の20秒21 派遣記録も突破、静岡陸上 スポニチ Sponichi Annex (2013-05-3). 2013年11月21日閲覧。
  6. ^ 飯塚、ハイレベルな男子200で初V/陸上 SANSPO.COM (2013-06-10). 2013年11月21日閲覧。
  7. ^ 山県亮太、銀も「満足できない」/ユニバ nikkansports.com (2013-07-13). 2013年11月21日閲覧。
  8. ^ ロンドン五輪代表の飯塚&ディーン 来春ミズノ入社 スポニチ Sponichi Annex (2013-07-23). 2013年11月21日閲覧。
  9. ^ 日本6位入賞、男子400R決/世界陸上 nikkansports.com (2013-8-19). 2013年11月21日閲覧。
  10. ^ 飯塚翔太が専門外で10秒22/陸上 nikkansports.com (2013-9-7). 2013年11月21日閲覧。
  11. ^ 選手団主将・飯塚「めっちゃ緊張」 nikkansports.com (2013-10-2). 2013年11月21日閲覧。
  12. ^ 飯塚2位、ケンブリッジ飛鳥が優勝/東アジア大会 SANSPO.COM (2013-10-7). 2013年11月21日閲覧。
  13. ^ 日本男子、400リレーで優勝=卓球女子団体は銀-東アジア大会 時事ドットコム (2013-10-9). 2013年11月21日閲覧。
  14. ^ 日本、男子400Mで5位!世界選手権の切符獲得/陸上 サンスポ SANSPO.COM (2014-5-27). 2014年7月17閲覧。
  15. ^ <陸上日本選手権>男子200 高瀬2位、飯塚3位 静岡新聞 (2014-6-8). 2014年7月17閲覧。
  16. ^ 最高峰の舞台での惨敗 飯塚翔太が語った「ギャップ」と「誓い」 MSN産経ニュース (2014-6-22). 2014年7月17閲覧。
  17. ^ 男子1600mリレー4大会ぶり金 陸上”. 日刊スポーツ (2014年10月2日). 2014年10月15日閲覧。
  18. ^ 「和製ボルト」世界ジュニアで金 陸上・飯塚翔太(上)”. 日本経済新聞 (2015年5月23日). 2015年8月8日閲覧。
  19. ^ 「総特集 日本選手権 白熱の男子スプリント ラウンド1 男子200m」、『月刊陸上競技』第49巻第9号、講談社、2015年8月号、 12-13頁。
  20. ^ 【陸上】男子400Mリレー、予選とは「別人」の米国、ジャマイカと勝負でメダル狙う”. スポーツ報知 (2016年8月20日). 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  21. ^ 陸上男子400mリレーで日本が銀メダル”. NHK NEWS WEB. 日本放送協会 (2016年8月20日). 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  22. ^ a b c d 「Gold Medalist Interview」、『月刊陸上競技』第44巻第11号、講談社、2010年10月号、 44-47頁。
  23. ^ a b c 広報おまえざき2012年7月号 (PDF, 3.0 MB) 2013年11月30日閲覧
  24. ^ 【7】「五輪はスタートライン」 YOMIURI ONLINE 読売新聞 (2012-08-01). 2013年11月30日閲覧。
  25. ^ 中大・五輪トリオ壮行会で飯塚ら意気込み”. 日刊スポーツ (2012年6月22日). 2017年4月10日閲覧。
  26. ^ 【陸上】第2走者・飯塚、入場時の「侍ポーズ」を提案…男子400Mリレー”. スポーツ報知 (2016年8月21日). 2017年4月10日閲覧。
  27. ^ 全てのカテゴリーのオリンピック(オリンピックユースオリンピック)と世界選手権(世界選手権世界ジュニア選手権世界ユース選手権)を通じて
  28. ^ 決勝は未出走。決勝の中央大は39秒30で優勝
  29. ^ 決勝は未出走。決勝の中央大は39秒73で2位

外部リンク[編集]