村田広光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
村田 広光 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム むらた ひろみつ
ラテン文字 MURATA Hiromitsu
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 短距離走
生年月日 (1946-11-28) 1946年11月28日
出身地 宮崎県児湯郡都農町
没年月日 (2003-05-27) 2003年5月27日(56歳没)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

村田 広光(むらた ひろみつ、1946年11月28日 - 2003年5月27日)は、日本の陸上競技選手、プロ野球コーチ。宮崎県児湯郡都農町出身。

来歴[編集]

学生時代は陸上選手だった。宮崎県立向洋高等学校(現:宮崎県立延岡工業高等学校)では1965年のインターハイで史上初の3種目(100m、200m、400m)制覇を果たし[1]順天堂大学では、3年生時に関東学生陸上競技対校選手権大会(関東インカレ)で100m、200m、400m、400mリレー、1600mリレーの五冠に輝く(翌4年生時には三冠制覇)。

日本陸上競技選手権大会では、男子200mで1967年、1968年と連覇し、1970年にも優勝するなど三度栄冠に輝いた[2]

順天堂大学卒業後は西日本新聞社に入社[1]し、1970年バンコクでのアジア大会日本代表として4x400mリレーで優勝した。

1978年プロ野球阪急ブレーブス上田利治監督の招聘でトレーニングコーチとして入団し球界におけるフィジカル担当の先駆けとなるが、上田が退団したこともありその年限りでチームを去る。翌1979年中日ドラゴンズに移籍。以後1999年まで約20年近くに渡り同球団でトレーニングコーチを務め(1993年-1995年はコーチ職を離れる)、多くの選手の基礎体力増進に力を注いだ。「ヒゲの村田」「鬼の村田」と選手たちからは恐れられたが、その一方で「怪我なくプレーできたのは村田先生のおかげ」と感謝していた。

その後、体調面の不安からコーチの職を退き(遠征での移動がネックになった)、2002年より中日球団寮「昇竜館」館長兼体力強化担当として若手の指導に当たっていたが、2003年5月27日に膵臓癌のため56歳で死去[1]。昇竜館館長の職は堂上照が後を継いだ。なお、中日スポーツには村田が週一回、若手選手のレポートを書く「館長日記」が掲載されていたが、堂上がこれを引き継いで2008年末に豊田誠佑に寮長職を譲るまで連載を続けた。

背番号[編集]

  • 70(1979年-1983年、1996年-1999年)
  • 80(1984年-1991年)
  • 90(1992年)

著書[編集]

  • 「ドラゴンズ健康法 星野V1軍団の○秘体力作り全公開」(ネスコ文春、ISBN:9784890360574)
  • 「さあ!運動しよう」(時事通信社、ISBN:978-4-7887-8811-4)

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 鈴木章介 - 村田に先駆けて陸上競技界からプロ野球入りし、東京読売巨人軍のトレーニングコーチとして選手の指導に当たった。