伊藤達彦 (陸上選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤 達彦
いとう たつひこ
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 伊藤 達彦
ラテン文字 Tatsuhiko Itoh
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離種目
大学 東京国際大学
チーム Honda陸上競技部
生年月日 (1998-03-23) 1998年3月23日(23歳)
出身地 静岡県の旗静岡県浜松市
身長 170cm
体重 52kg
5000m 13分33秒97(2020年)
10000m 27分25秒73(2020年)
ハーフマラソン 1時間01分52秒(2019年)
獲得メダル
陸上競技
ユニバーシアード
2019 ナポリ ハーフマラソン
編集 テンプレートのヘルプを表示する

伊藤 達彦(いとう たつひこ、1998年3月23日[1] - )は、静岡県浜松市出身[1]陸上競技選手。専門は長距離走静岡県立浜松商業高等学校東京国際大学卒業。Honda陸上競技部所属。

10000m日本歴代3位の記録(27分25秒73)を持つ。全日本大学駅伝の2区区間記録保持者。

経歴[編集]

中学時代はサッカー部に所属していた。浜松商業高校に入学後、本格的に陸上を始める。

高校時代の自己ベストは5000m14分33秒10と飛びぬけたものではなく、2年生の冬までは卒業後に就職するか、調理師専門学校に進学するかで迷っていたという[2][3]

大志田秀次監督からの熱心な誘いを受け、東京国際大学に進学。1年時から第48回全日本大学駅伝第93回箱根駅伝の予選会メンバーに抜擢されるが、ともに成績は振るわず予選落ちとなった。

怪我もなく順調に練習をこなしたことで2年時にはチームの主力に成長。第94回箱根駅伝予選会では個人28位(チーム内2番手)でチームを2大会ぶりの本選出場に導くと、箱根本大会では2区を務めた(区間15位)。

3年時には10000m28分28秒62まで記録を伸ばし、名実ともにチームのエースとなる。第95回箱根駅伝では再び2区を務め、8位でタスキを受けると一時は4位集団の先頭を引っ張るなど見せ場を作る。戸塚中継所では10位に後退したものの、前年より大きく記録を伸ばした(区間11位)。

2019年3月の日本学生ハーフマラソンでは、1時間01分52秒の好タイムで3位入賞。ユニバーシアードナポリ大会の出場を勝ち取ると、7月の同大会ハーフマラソンでは相澤晃東洋大学)、中村大聖駒澤大学)に次ぐ3位で銅メダルに輝く。この2大会で相澤をライバルとして強く意識するようになったという[4]

10月の第96回箱根駅伝予選会では日本人トップの個人5位と快走し、チームをトップ通過に導く。さらに一週間後の第51回全日本大学駅伝では2区を務め、14位でタスキを受けると13人をごぼう抜きする驚異の走りで先頭に立ち、後続に11秒差をつけタスキリレー。伊藤は岸本大紀青山学院大学)、浦野雄平國學院大學)、ラジニ・レメティキ拓殖大学)ら有力選手を抑え31分17秒の区間新記録を樹立。チームの4位(初出場・初シード)に大きく貢献した。

第96回箱根駅伝では3年連続で2区を務める。13位でタスキを受けると、13秒後方から追い上げてきた相澤と併走。5km過ぎから20.5kmまでおよそ15kmに渡って激しく競り合い、最後は引き離されたものの5人抜きで8位に浮上。相澤に区間賞・区間新記録こそ譲ったが、伊藤は従来の2区日本人最速タイムを上回る、2区歴代3位の1時間06分18秒を記録した。伊藤の快走で流れを作った東京国際大学は往路3位・総合5位に躍進。初のシード権を獲得した。

3年連続の出場となった第25回都道府県対抗駅伝ではアンカーを務め、6人抜きの快走で静岡県チームの5位入賞に貢献した。

大学卒業後はHondaへ入社した。入社初年度から5000m・10000mで自己ベストを記録すると、12月の第104回日本選手権10000mではまたしても相澤と激しい競り合いを演じ、日本新記録で優勝した相澤に次ぐ日本歴代2位の27分25秒73を記録。東京オリンピックの参加標準記録を突破した。

2021年の第65回ニューイヤー駅伝ではエースの集う4区を務めたが、13位から9位まで浮上しながら終盤失速し16位に後退。このレース中に両脚の大腿骨疲労骨折し、右脚ハムストリングス肉離れにも見舞われ、3月まで走ることもできない状態が続いた[5]

急ピッチでの調整を余儀なくされた5月の第105回日本選手権10000mであったが、常に先頭集団のなかで落ち着いた走りを見せ、9300mで一気にスパート。27分33秒31の好タイムで優勝し、相澤に続き東京五輪代表内定となった。

東京オリンピック10000m決勝では29分01秒31で22位だった[6]

戦績・記録[編集]

大学三大駅伝戦績[編集]

学年 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2016年度)
第28回
不出場
第48回
不出場
第93回
不出場
2年生
(2017年度)
第29回
不出場
第49回
不出場
第94回
2区-区間15位
1時間10分16秒
3年生
(2018年度)
第30回
不出場
第50回
不出場
第95回
2区-区間11位
1時間08分36秒
4年生
(2019年度)
第31回
不出場
第51回
2区-区間賞
31分17秒
区間新記録
第96回
2区-区間2位
1時間06分18秒
歴代3位

自己ベスト[編集]

種目 記録 大会 備考
5000m 13分33秒97 2020年7月18日 ホクレンディスタンスチャレンジ
10000m 27分25秒73 2020年12月4日 日本陸上競技選手権大会 日本歴代2位
ハーフマラソン 1時間01分52秒 2019年3月10日 日本学生ハーフマラソン

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 【スポーツ報知・箱根駅伝】選手名鑑 東京国際大学・伊藤 達彦” (日本語). スポーツ報知. 2020年3月9日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ 【学生駅伝ストーリー】「パリ五輪ではマラソンで勝負」東京国際大・伊藤達彦が4年間で急成長できた理由”. 2021年9月10日閲覧。
  3. ^ 東京国際大エース伊藤達彦 ナポリで発奮、有言実行の日本勢トップ 箱根駅伝予選会”. 2021年9月10日閲覧。
  4. ^ [史上最速世代が語る箱根路 vol.3]伊藤達彦「正々堂々と相澤に勝ちたかった」”. 2021年9月10日閲覧。
  5. ^ 両脚疲労骨折から復活…五輪内定・伊藤達彦、“らしくない”レース運びのワケ 「五輪では相澤晃に絶対に負けたくない」”. 2021年9月10日閲覧。
  6. ^ “相沢晃は17位、伊藤達彦は22位 「世界との差実感」も意地の走り 男子1万メートル決勝”. Sponichi Annex. https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/07/30/kiji/20210730s00056000405000c.html 2021年7月30日閲覧。 

外部リンク[編集]