橋岡優輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
橋岡 優輝 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム はしおか ゆうき
ラテン文字 Yuki Hashioka
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 走幅跳
所属 富士通
大学 日本大学
生年月日 (1999-01-23) 1999年1月23日(23歳)
出身地 埼玉県浦和市(現・さいたま市
居住地 東京都
身長 183cm[1]
体重 76kg[1]
コーチ 森長正樹
渡辺大輔
成績
オリンピック 走幅跳:6位(2021年
世界選手権 走幅跳:8位(2019年
地域大会決勝 走幅跳:4位(2018年
国内大会決勝 日本選手権
走幅跳:優勝(2017年2018年2019年2022年
最高世界ランク 3位(2022年6月17日現在)
自己ベスト
走幅跳 8m36(2021年)
獲得メダル
陸上競技
日本の旗 日本
アジア選手権
2019 ドーハ 走幅跳
ユニバーシアード
2019 ナポリ 走幅跳
世界ジュニア選手権
2018 タンペレ 走幅跳
編集 テンプレートのヘルプを表示する

橋岡 優輝(はしおか ゆうき、1999年1月23日 - )は、埼玉県浦和市出身の陸上競技選手。専門は跳躍競技走幅跳世界ジュニア陸上競技選手権大会アジア陸上競技選手権大会ユニバーシアード金メダリスト。同種目では日本歴代2位となる8m36を記録している。また、サッカー選手の橋岡大樹橋岡和樹は従兄弟。

経歴[編集]

父母共に元陸上選手のサラブレッドである[1]。父の利行日本選手権で7度優勝した棒高跳の元日本記録保持者であり、母の直美(城島直美)も走幅跳三段跳100mハードルの元中学記録保持者である。

さいたま市立岸中学校で陸上を始め[1]、東京・八王子高校で走り幅跳びに転向、高校生歴代10傑となる7m70(+1.4)の好記録を出して脚光を浴びた[1]

日本選手権では3連覇を果たしている。

2019年の世界陸上ドーハ大会では7m97(-0.2)を記録して8位になり、日本人史上初の世界陸上入賞を果たした。

2021年の東京オリンピックの陸上競技男子走り幅跳び予選では、1本目に8m17を跳び、決勝進出条件の8m15を超えたことで同種目で37年ぶりとなる日本選手の決勝進出を果たした[2]。決勝では2本目で7m95を跳んで上位8人に入って入賞を確定させた。最終6本目では8m10の跳躍を見せて6位に入り、37年ぶりの日本選手入賞を果たした[3]

2022年6月12日、ヤンマースタジアム長居で行われた日本選手権の男子走幅跳で、2本目に8m27(+1.4)を記録し、同年7月に米オレゴン州で行われる世界選手権の代表に内定した[4]

オレゴン州で行われた世界選手権では、予選で8m18の全体1位となる跳躍を見せて、決勝に駒を進めた。しかし、決勝では7m86の跳躍に留まり、10位に終わった[5]

記録[編集]

人柄[編集]

ベルギー・ファースト・ディビジョンAシント=トロイデン橋岡大樹関東サッカーリーグ2部・エリース東京FC橋岡和樹は従兄弟である[1]

叔母(母の妹)の城島良子100mハードル経験者で、その夫の渡辺大輔シドニーオリンピック男子走幅跳代表選手。また、叔母(父の弟の妻)の笹川深雪200m走経験者である[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

  1. ^ GQ Japan