青木益未

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
青木 益未 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム あおき ますみ
ラテン文字 Masumi Aoki
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技 (短距離走, 障害走)
種目 100m, 100mハードル
所属 七十七銀行陸上競技部
大学 環太平洋大学
生年月日 (1994-04-16) 1994年4月16日(24歳)
出身地 岡山県岡山市[1]
身長 166cm
体重 58kg
成績
地域大会決勝 アジア大会
100mH : 5位 (2018年)
4x100mR : 3位 (2014年)
国内大会決勝 日本選手権
100mH : 1位 (2018年)
自己ベスト
60m 7秒62 (2012年)
100m 11秒68 (2014年)
200m 24秒56 (2011年)
60mハードル 8秒36 (2016年)
100mハードル 13秒17 (2018年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

青木 益未(あおき ますみ、1994年4月16日 - )は、岡山県岡山市出身の陸上競技選手。専門は100m100mハードル。100mで11秒68、100mハードルで13秒17(日本歴代7位タイ)の自己ベストを持つ。2014年仁川アジア大会2018年ジャカルタアジア大会日本代表

経歴[編集]

岡山市立福田中学校創志学園高等学校環太平洋大学(体育学部体育学科)卒業。七十七銀行所属。

中学生時代まで[編集]

小学5年時に陸上競技を始めると、6年時には全国小学生陸上の4×100mリレーに出場し、岡山市ジュニア陸上クラブのアンカーを務めて優勝に貢献した。また、スポーツ好きな母親の影響で小学1年時から6年時までスノーボードに取り組み、大会にも出場していた(種目はスラローム[1]

中学時代には全日本中学校選手権の100mで3年連続入賞、200mでは3年時に3位に輝き、ジュニアオリンピックの100mでは1年時と3年時に優勝するなど、全国トップレベルのスプリンターとして活躍した。

高校生時代[編集]

2010年[編集]

創志学園高等学校に進学。

インターハイ中国大会で100mと200mの2冠に輝き、100mでは岡山の女子選手史上初の11秒台となる11秒99(0.0)をマーク[2]。迎えた沖縄インターハイの100mでは準決勝を全体トップの12秒14(-1.4)で通過すると、決勝は無欲で臨んだ結果[2]、6年前の高橋萌木子以来となる1年生優勝を成し遂げた[3]国民体育大会100mは3位、日本ユース選手権100mは1位と0秒05差の2位で、惜しくも2冠目は獲得できなかった。

2011年[編集]

インターハイ中国大会で41年ぶりとなる2年連続100mと200mの2冠を達成[4]世界ユース選手権の日本代表にも選出されて200mとメドレーリレーに出場し、200mでは準決勝に進出した。迎えた北上インターハイの100mは、優勝した1年生の土井杏南と0秒17差の3位に終わり連覇はならなかった。

2012年[編集]

インターハイ中国大会の100m準決勝で自身初の11秒8台となる11秒84(+1.6)をマーク。1年ぶりに自己ベストを更新すると、決勝も11秒88(+0.9)と連続で11秒8台をマークして100m3連覇を達成(200mは1年生の青山聖佳に敗れて3年連続の2冠は逃した)[5]。今シーズン好調のまま新潟インターハイを迎えたかに見えたが、「大会に入ってから気持ちが入ってこなかった」というように[6]、準決勝で敗退した。

新潟インターハイで思ったような結果を残せず「もう100mでは戦えない」と痛感すると[1]、「もともと好きだった」というハードルに本格的に取り組み[2]日本ジュニア選手権では1位と0秒04差の2位、岡山陸上カーニバルでは2012年高校ランク3位の記録となる13秒77(-0.3)をマークし、100mハードルの適正を見せた。

大学生時代[編集]

2013年[編集]

地元の岡山を離れたくなかったので系列校の環太平洋大学に進学[7]

4月、出雲陸上の100mで自身初の11秒7台となる11秒77(+0.9)マークすると、織田記念国際の100mハードルでは追い風参考記録ながら13秒45(+2.2)の好タイムをマークした。

6月、日本選手権には100mと100mハードルの両種目に出場。初日の100mは予選で敗退したが、2日目の100mハードルでは決勝でジュニア日本歴代5位(当時)の13秒50(-0.6)をマークして6位に入った。日本学生個人選手権ではジュニア日本歴代2位の13秒40(+1.7)をマークしたものの、優勝した相馬絵里子と同タイム着差ありの2位に終わった。

10月、日本ジュニア選手権の100mハードルを13秒60(+0.1)の大会記録(当時)で制し、100mハードルで初の日本一に輝いた。

2014年[編集]

4月、織田記念国際の100mと100mハードルに出場すると、100mハードルのA決勝を13秒36(+0.7)の自己ベストで制し、約25分後に行われた100mのB決勝も自身初の11秒6台となる11秒68(+1.8)で制した[8]

6月、日本選手権の100mハードルで表彰台にあと一歩と迫る4位。日本学生個人選手権では100mハードル準決勝で13秒35(+1.9)の自己ベスト(当時)をマークすると、決勝では追い風参考記録ながら準決勝の記録を上回る13秒30(+3.9)をマークして優勝し、初の大学日本一に輝いた。

9月、日本インカレでは100mハードルと4×100mリレーで2位に入り、初優勝にあと一歩まで迫った。特に100mハードルは1位と0秒01差だった。

9-10月の仁川アジア大会には強化育成部推薦枠で日本代表に選出され[9]、100mハードルと4×100mリレーに出場した。100mハードルはスタート直後に躓いたことも響き予選で敗退したが、4×100mリレーは3走を務めて銅メダル獲得に貢献した。

2015年[編集]

6月、西日本インカレの100mハードル決勝で学生歴代5位タイ・大会記録の13秒28(+0.7)をマークし、4×100mリレーとの3年連続2冠を達成。日本学生個人選手権の100mハードルも13秒35(+2.0)の大会記録(当時)で制して2連覇を達成し、日本選手権の100mハードルでは3位に入り初の表彰台に上った。

2016年[編集]

6月10日、日本学生個人選手権の100mハードル決勝で13秒33(+1.9)の大会記録を樹立し、自身の持つ従来の記録を0秒02更新して大会3連覇を達成した[10]

社会人時代[編集]

2017年[編集]

大学卒業後は地元の岡山県で競技を続ける道もあったが、新しい刺激を求めて宮城県の七十七銀行に入行[11]

9月、全日本実業団選手権の100mハードル決勝では向かい風の中で自己ベスト(13秒27)に迫る13秒33(-0.5)をマークして優勝し、社会人になって初の日本一に輝いた。

10月、国民体育大会の100mハードル決勝で日本歴代8位の13秒18(+0.5)をマークし、自身初となる13秒1台で初優勝を飾った。

自己ベスト[編集]

  • 記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風、-は向かい風を意味する。
種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 11秒68 (+1.8) 2014年4月29日 日本の旗 広島市
200m 24秒56 (-0.2) 2011年6月19日 日本の旗 山口市
100mハードル 13秒17 (+1.1) 2018年6月24日 日本の旗 山口市 日本歴代7位タイ
室内
60m 7秒62 2012年2月4日 日本の旗 大阪市
60mハードル 8秒36 2016年2月21日 カタールの旗 ドーハ

主な成績[編集]

  • 備考欄の記録は当時のもの

国際大会[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2010 (高1) 日韓中ジュニア交流競技会 中華人民共和国の旗 鄭州 100m 3位 12秒19 (+1.1)
4x100mR 優勝 46秒78 (3走)
100m 2位 12秒27 (-0.5)
4x100mR 2位 46秒73 (3走)
2011 (高1) 3カ国ジュニア交流室内 日本の旗 大阪 60m 5位 7秒70
2011 (高2) 世界ユース選手権 フランスの旗 リール 200m 準決勝 24秒64 (-0.6)
メドレーR 予選 2分10秒54 (2走)
2014 (大2) アジア大会 大韓民国の旗 仁川 100mH 予選 13秒76 (+0.7)
4x100mR 3位 44秒05 (3走)
2016 (大3) アジア室内選手権 (en カタールの旗 ドーハ 60mH 5位 8秒36 自己ベスト
2017 (大4) ニトロアスレチックス オーストラリアの旗 メルボルン 60m 3位 7秒69 (-0.8)
100mH 4位 14秒01 (-0.1)
2x100mHR 優勝 27秒52 (1走) 男女混合リレー
2018 (社2) アジア大会 インドネシアの旗 ジャカルタ 100mH 5位 13秒63 (+0.2)
4x100mR 5位 44秒93 (4走)

日本選手権[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2012 (高3) 第96回 大阪市 100m 予選 12秒21 (0.0)
2013 (大1) 第97回 調布市 100m 予選 12秒19 (+0.2)
100mH 6位 13秒50 (-0.6) ジュニア日本歴代5位
横浜市 4x100mR 予選 46秒81 (4走)
2014 (大2) 第98回 福島市 100m 予選 12秒06 (+1.1)
100mH 4位 13秒51 (+1.6)
横浜市 4x100mR 予選 46秒47 (4走)
2015 (大3) 第99回 新潟市 100mH 3位 13秒42 (-0.2)
2016 (大4) 第100回 名古屋市 100mH 3位 13秒38 (+2.1)
横浜市 4x100mR 予選 46秒28 (1走)
2017 (社1) 第101回 横浜市 4x100mR 予選 DQ (3走)
2018 (社2) 第102回 山口市 100mH 1位 13秒17 (+1.1)

その他[編集]

  • 主要大会を記載
大会 場所 種目 結果 記録 備考
2006 (小6) 全国小学生陸上 東京都 4x100mR 優勝 53秒38 (4走)
2007 (中1) 全日本中学校選手権 利府町 100m 7位 12秒69 (-1.3)
ジュニアオリンピック 横浜市 100m 優勝 12秒39 (+0.4) 自己ベスト
2008 (中1) 日本ジュニア室内大阪 大阪市 60m 2位 7秒91
2008 (中2) 全日本中学校選手権 新潟市 100m 5位 12秒47 (-0.8)
200m 4位 25秒23 (0.0)
ジュニアオリンピック 横浜市 100m 準決勝 12秒56 (+1.3)
2009 (中2) 日本ジュニア室内大阪 大阪市 60m 8位 7秒98
2009 (中3) 全日本中学校選手権 大分市 100m 5位 12秒19 (+1.0)
200m 3位 24秒86 (+1.6) 自己ベスト
国民体育大会 新潟市 100m 準決勝 12秒47 (-0.8)
4x100mR 予選 48秒56 (2走)
ジュニアオリンピック 横浜市 100m 優勝 12秒23 (-1.8)
4x100mR 4位 48秒09 (4走)
2010 (中3) 日本ジュニア室内大阪 大阪市 60m 2位 7秒75
2010 (高1) インターハイ 沖縄市 100m 優勝 12秒23 (-3.2)
国民体育大会 千葉市 100m 3位 11秒91 (+1.3)
4x100mR 準決勝 47秒15 (2走)
日本ユース選手権 名古屋市 100m 2位 12秒19 (-1.6)
2011 (高2) 織田記念 広島市 100m B決勝 11秒94 (+2.0)
インターハイ 北上市 100m 3位 12秒05 (-1.0)
200m 準決勝 DNS 予選24秒96 (-0.3)
国民体育大会 山口市 100m 9位 12秒20 (+0.9)
4x100mR 準決勝 46秒95 (2走)
日本ユース選手権 名古屋市 100m 3位 12秒15 (-2.2)
2012 (高2) 日本ジュニア室内大阪 大阪市 60m 2位 7秒63
2012 (高3) 出雲陸上 出雲市 100m 3位 12秒54 (-3.0)
織田記念 広島市 100m 予選 12秒03 (+1.6)
静岡国際 袋井市 4x100mR 5位 45秒94 (1走)
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 4x100mR 4位 45秒89 (1走)
インターハイ 新潟市 100m 準決勝 12秒10 (+1.3)
200m 予選 25秒13 (0.0)
国民体育大会 岐阜市 100m 5位 12秒01 (-0.3)
4x100mR 準決勝 47秒31 (2走)
日本ジュニア選手権 名古屋市 100m 5位 12秒16 (-0.7)
100mH 2位 13秒91 (+1.5)
2013 (高3) 日本ジュニア室内大阪 大阪市 60m 4位 7秒63
2013 (大1) 出雲陸上 出雲市 100m 優勝 11秒77 (+0.9) 自己ベスト
織田記念 広島市 100m B決勝 12秒21 (-0.7)
100mH B決勝 13秒45 (+2.2)
日本学生個人選手権 平塚市 100m 6位 11秒89 (+1.0)
100mH 2位 13秒40 (+1.7) ジュニア日本歴代2位
西日本インカレ 鳴門市 100m 3位 11秒91 (+1.3)
100mH 優勝 13秒77 (-0.3)
4x100mR 優勝 45秒82 (4走) 大会記録
日本インカレ 東京都 100m 3位 11秒80 (+1.6)
100mH 5位 13秒75 (+0.2)
4x100mR 3位 46秒16 (4走)
国民体育大会 調布市 100m 準決勝 12秒37 (-1.3)
4x100mR 準決勝 46秒14 (2走)
日本ジュニア選手権 名古屋市 100m 7位 12秒13 (+0.5)
100mH 優勝 13秒60 (+0.1) 大会記録
2014 (大2) 出雲陸上 出雲市 100m 3位 11秒87 (+0.9)
織田記念 広島市 100m B決勝 11秒68 (+1.8) 自己ベスト
100mH 2位 13秒36 (+0.7) 自己ベスト
水戸招待陸上 水戸市 100mH 優勝 13秒58 (+1.2)
ゴールデングランプリ東京 東京都 4x100mR 5位 52秒21 (1走)
日本学生個人選手権 平塚市 100m 4位 12秒02 (-0.1)
100mH 優勝 13秒30 (+3.9)
西日本インカレ 福岡市 100m 優勝 11秒74 (-1.1)
100mH 優勝 13秒58 (+0.4)
4x100mR 優勝 45秒90 (4走)
日本インカレ 熊谷市 100m 7位 12秒08 (-1.3)
100mH 2位 13秒67 (-0.3)
4x100mR 2位 45秒90 (4走)
国民体育大会 諫早市 100m 予選 12秒28 (-2.5)
100mH 3位 13秒60 (-1.8)
4x100mR 準決勝 46秒29 (4走)
2015 (大3) 織田記念 広島市 100m B決勝 DNS 予選12秒10 (+0.2)
静岡国際 袋井市 100mH 6位 13秒65 (+0.2)
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 100mH 7位 13秒55 (+0.9)
西日本インカレ 岐阜市 100m 4位 11秒96 (+0.3)
100mH 優勝 13秒28 (+0.7) 大会記録
自己ベスト
4x100mR 優勝 46秒09 (2走)
日本学生個人選手権 平塚市 100m 準決勝 DNS 予選11秒98 (+1.7)
100mH 優勝 13秒35 (+2.0) 大会記録
オールスターナイト陸上 平塚市 100mH 4位 13秒64 (+0.3)
日本インカレ 大阪市 4x100mR 予選 46秒25 (4走)
国民体育大会 和歌山市 4x100mR 4位 45秒36 (1走)
2016 (大4) 織田記念 広島市 100mH 8位 13秒96 (+1.1)
布勢スプリント 鳥取市 100mH 3位 13秒40 (+2.3)
日本学生個人選手権 平塚市 100m 準決勝 DNS 予選12秒05 (+1.4)
100mH 優勝 13秒33 (+1.9) 大会記録
西日本インカレ 京都市 100m 準決勝 DNS 予選12秒47 (-2.3)
100mH 優勝 13秒72 (-1.8)
4x100mR 2位 45秒64 (1走)
オールスターナイト陸上 平塚市 100mH 3位 13秒55 (+1.1)
日本インカレ 熊谷市 100mH 準決勝 14秒10 (-1.3)
4x100mR 予選 46秒45 (1走)
2017 (社1) 出雲陸上 出雲市 100m 優勝 11秒89 (+1.4)
織田記念 広島市 100mH 決勝 DNF 予選13秒46 (+0.3)
木南記念 大阪市 100mH 4位 13秒52 (-0.6)
100mH 2位 13秒27 (-0.2) 自己ベスト
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 100mH 7位 13秒43 (0.0)
オールスターナイト陸上 平塚市 100mH 5位 14秒06 (+1.2)
全日本実業団選手権 大阪市 100m 2位 11秒78 (+0.1)
100mH 優勝 13秒33 (-0.5)
4x100mR 2位 46秒35 (3走)
国民体育大会 松山市 100mH 優勝 13秒18 (+0.5) 日本歴代8位
4x100mR 5位 46秒00 (3走)
2018 (社2) 織田記念 広島市 100mH 7位 13秒44 (+3.6)
木南記念 大阪市 100mH 7位 13秒76 (-0.5)
ゴールデングランプリ大阪 大阪市 100mH 6位 13秒51 (-0.6)
全日本実業団選手権 大阪市 100m 4位 11秒89 (-0.1)
100mH 優勝 13秒31 (-0.2)
4x100mR 優勝 45秒90 (4走)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「マイプライバシー」、『月刊陸上競技』第51巻第5号、講談社、2017年4月号、 158頁。
  2. ^ a b c 「RISING HUMAN 青木益未(環太平洋大)」、『陸上競技マガジン』第63巻第13号、ベースボール・マガジン社、2013年8月号、 11頁。
  3. ^ 青木が100mで1年生女王/総体陸上”. 日刊スポーツ (2010年7月31日). 2015年11月7日閲覧。
  4. ^ お知らせ・イベント「青木益未さん中国高校大会で2年連続2冠達成!!」”. 創志学園高等学校公式サイト (2011年6月20日). 2015年11月7日閲覧。
  5. ^ 「インターハイ地区大会 中国」、『月刊陸上競技』第46巻第9号、講談社、2012年8月号、 125頁。
  6. ^ 「北信越かがやき総体2012 完全REVIEW Tweet of Athletes」、『陸上競技マガジン』第62巻第14号、ベースボール・マガジン社、2012年9月号、 24頁。
  7. ^ 「特別企画 [新興大学ルポ] 環太平洋大」、『陸上競技マガジン』第64巻第15号、ベースボール・マガジン社、2014年9月号、 33頁。
  8. ^ 「2014 日本GPシリーズ第3戦 織田記念国際」、『月刊陸上競技』第48巻第7号、講談社、2014年6月号、 66頁。
  9. ^ ニュース アジア大会2014韓国仁川”. TBSテレビ (2014年6月24日). 2015年11月14日閲覧。
  10. ^ 青木、大会新に笑顔「記録を狙って、優勝もできて良かった」/陸上”. サンケイスポーツ (2016年6月10日). 2016年6月12日閲覧。
  11. ^ 陸上の青木益未が七十七銀行へ 岡山離れ心機一転 東京五輪目指す”. 山陽新聞 (2017年4月1日). 2017年4月1日閲覧。

外部リンク[編集]