君嶋愛梨沙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
君嶋 愛梨沙 Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 KIMISHIMA, Arisa
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 短距離走
所属 土木管理総合試験所
大学 日本体育大学大学院
生年月日 (1995-12-23) 1995年12月23日(26歳)
出身地 日本の旗 日本
山口県岩国市
身長 168cm[1]
体重 56kg
100m 11秒36(2022年)
200m 23秒53(2022年)[2]
編集 テンプレートのヘルプを表示する

君嶋 愛梨沙(きみしま ありさ、1995年12月23日 - )は、日本陸上競技選手ボブスレー選手。専門は短距離走。土木管理総合試験所所属。

経歴・人物[編集]

アメリカ合衆国にてアメリカ人の父と日本人の母から生まれる[3]

陸上競技[編集]

岩国市立麻里布中学校で陸上競技を始める[3]

2009年、全日本中学校陸上競技選手権大会にて200m走で24秒36の中学記録を樹立[4]

埼玉栄高校進学後、2013年の日本選手権4×100mリレーに初見笑里、阿部彩花、土井杏南とともに3位[5]

日本体育大学進学後の2017年、関東インカレで100m走と4×100mリレーの2冠を達成[6]。また、日本大学選手権では100m走と4×100mリレーで3位となった[7]

2022年6月10日、日本選手権女子100m走で11秒36を記録し初優勝[8]

ボブスレー[編集]

2016年2月、欧州カップでボブスレーデビュー[9]

2017年のFIBT世界選手権にて女子2人乗りで7位入賞[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Profile”. IBSF. 2020年11月12日閲覧。
  2. ^ 【第106回日本選手権】結果・速報
  3. ^ a b Kasai, Masaki (2017年5月23日). “ボブスレーと陸上、「二刀流」で五輪狙う 君嶋愛梨沙”. 朝日新聞. オリジナルの2017年8月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170817194421/https://www.asahi.com/articles/ASK5Q5D81K5QUTQP01J.html 2020年11月14日閲覧。 
  4. ^ Results (PDF)”. 2009 Japanese Junior High School Championships. 2009年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月14日閲覧。
  5. ^ 2013 Japanese Championships Relay Events Results (PDF)”. JAAF. 2016年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月14日閲覧。
  6. ^ 2017 Kanto University Championships Results” (Japanese). The Inter-University Athletic Union of Kanto. 2017年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月14日閲覧。
  7. ^ 2017 Japanese University Championships Results (PDF)”. The Inter-University Athletics Union of Japan. 2018年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月14日閲覧。
  8. ^ “【陸上】君嶋愛梨沙100m初優勝 3連覇を狙った児玉芽生にゴール前で競り勝つ”. 日刊スポーツ. (2022年6月10日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/202206100001136.html 2022年6月11日閲覧。 
  9. ^ 陸上・ボブスレーの二刀流で国際総合競技大会を目指す「君嶋 愛梨沙」選手が土木管理総合試験所に入社!~社員として初の陸上競技大会にも出場予定~”. PR TIMES (2020年4月6日). 2020年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月14日閲覧。

外部リンク[編集]