木村文子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木村 文子 Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Ayako Kimura
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 100mハードル
所属 エディオン
生年月日 (1988-06-11) 1988年6月11日(29歳)
出身地 広島県広島市安佐北区[1]
身長 168㎝[2]
体重 53㎏[2]
100m 11秒95
100mハードル 13秒03
走幅跳 6m17
 
獲得メダル
日本の旗 日本
陸上競技
アジア陸上競技選手権大会
2013 プネー 100mハードル
2017 ブバネーシュワル 100mハードル
編集 テンプレートのヘルプを表示する

木村 文子(きむら あやこ、1988年6月11日 - )は、日本陸上競技選手。専門は100mハードルエディオン所属[3]

経歴[編集]

広島県出身。広島県立祇園北高等学校横浜国立大学教育人間科学部卒業[2]

横国大時代は日本学生陸上競技対校選手権大会の100mハードルや走幅跳に4年連続出場した。2009年の第78回大会は100mハードルで2位。大学4年の2010年9月、第79回大会の100mハードルで大会新記録となる13秒28をマークして初優勝を飾った[4]

2011年4月、エディオンに入社。6月の第95回日本陸上競技選手権大会の100mハードルを13秒32の記録で制して大会初優勝を飾る。同大会では走幅跳も10位の成績を残した。7月に神戸で行なわれた第19回アジア陸上競技選手権大会の100mハードルに日本代表として出場し、4位に入賞した。9月に行なわれた第59回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会の100mハードルでも優勝、10月の第66回国民体育大会成年女子100mハードルも自己新記録となる13秒19の記録で制した。

2012年4月、第46回織田幹雄記念国際陸上競技大会の100mハードルは自己新記録となる13秒04を記録し優勝した。6月の第96回日本陸上競技選手権大会の100mハードルは2連覇を飾って[5]ロンドンオリンピック女子100mハードル日本代表に選出された[6]。ロンドンは予選1組7着であった。また自社のCMキャラクターに起用された。

2013年6月の第97回日本陸上競技選手権大会は13秒03を記録したが、紫村仁美に僅差の2位。7月、インド・プネーで開催された第20回アジア陸上競技選手権大会に出場し13秒25の記録で優勝、アジア女王に輝いた。

自己記録[編集]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中国新聞2012年6月12日19面
  2. ^ a b c 木村 文子 Ayako Kimura - 公益財団法人日本陸上競技連盟
  3. ^ エディオン選手プロフィール
  4. ^ 天皇賜盃 第79回日本学生陸上競技対校選手権大会 女子100mH決勝 日本学生陸上競技連合. 2013年7月5日閲覧
  5. ^ 日本陸上競技連盟. “100m決勝”. 2012年6月11日閲覧。
  6. ^ nikkansports.com. “村上や福士 陸上五輪代表を発表”. 2012年6月11日閲覧。
  7. ^ 美女ハードラー木村自己ベスト更新/国体 日刊スポーツ 2012年10月7日閲覧

外部リンク[編集]