陸上競技マガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

陸上競技マガジン(りくじょうきょうぎまがじん)は、ベースボール・マガジン社が発行する月刊の陸上競技専門雑誌日本陸上競技連盟機関誌である。

概要[編集]

日本初の月刊陸上競技専門誌として創刊され、現在に至るまで陸上競技専門誌の最高峰として君臨している。石井朗生寺田辰朗ら、陸上競技に造詣の深いライターや新聞記者の原稿を積極的に採用しており、読み応えのある記事と豊富なグラビアページで人気を博している。

沿革[編集]

  • 1951年、創刊。
  • 2001年、創刊50周年を迎えた。

コーナー[編集]

  • NAC Talk Relay
  • STATS
  • 突然ですがおじゃまします!
  • 青春の火は燃ゆ
  • ようこそ! 私たちのチームへ
  • 陸マガ記録室
  • 読者のひろば
  • NARUHODO the HISTORY
  • 競技力アップのボディコントロール
  • 純ちゃんの今日のこんだて
  • スポーツドクターの診断書
  • 自己記録更新のためのボディコンディショニング
  • 競技力向上のためのイベント情報
  • ブカツの未来
  • 陸マガ突撃隊が行く! お道具拝見!!
  • トレーニングワイド
  • 陸連時報(日本陸上競技連盟機関誌)

過去

  • What's up?(谷川聡が連載していた、谷川のアメリカ留学記)
  • 若葉のころ
  • 陸マガ持ち物検査
  • あのころ
  • あすの技術
  • あすれちっくWeb
  • 投てき夫婦、ドイツで修行中(成瀬美代子成瀬真一郎が連載していた)
  • 座右の銘
  • あのころ
  • 八木たまみのちょっときかせて
  • 飛ぶソクラテス(陸連時報)
  • 輝ける日本陸上(陸連時報)
  • 日本陸上タイムトラベル(陸連時報)
  • 乃木坂46 柏幸奈のロンドンの星を探せ(2012年6月号・7月号・8月号・10月号)

備考[編集]

  • 雑誌内のコーナーのタイトルでも使われる「リクマガ」が購読者の間での略称になっている
  • ベースボール・マガジン社が発行しているスポーツ雑誌の中で、50音順で最後に来る雑誌であったが、1999年にワールドサッカーマガジンが創刊されたため、後ろから2番目になった。
  • 箱根駅伝、高校駅伝、全国高等学校総合体育大会陸上競技大会の際には、別冊付録が製作される。また、世界選手権などのイベントが開催される際には、増刊号が製作される。箱根駅伝に際しては、別冊付録のほかに、増刊号が製作される。
  • 定価は920円である。しかし、ほとんどの号で特別定価が設定されており(950円~980円が多い)、920円で販売されることはめったにない。
  • 毎年3月中旬には前年度の記録集計号が発行される。一般、高校、中学の男女別100傑と共に、各部門の歴代50傑も掲載される。なお世界50傑(世界100傑以内に相当する日本人選手は別掲で表示)、世界歴代50傑も掲載される。但し、これらは全国各地の陸上競技協会や日本学生陸上競技連合高体連中体連などからの情報をもとにしている為に、編集締め切りに間に合わなかった場合の記録漏れや選手名の誤字、脱字が毎回数件見られる。
  • 雑誌内では予め、一般、高校、中学の男女別に掲載する記録の標準記録を定めており、春先に掲載されている。そして標準記録は満たしているが、記録集計号からは漏れた(100傑に入れなかった)選手全てが後日の雑誌内できちんと掲載される。

外部リンク[編集]