谷川聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
谷川聡 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム たにがわ さとる
ラテン文字 Satoru Tanigawa
国籍 日本の旗 日本
競技 トラック競技障害走
種目 110mH
大学 中央大学
筑波大学大学院
生年月日 (1972-07-05) 1972年7月5日(47歳)
出身地 東京都
身長 185cm
体重 80kg
成績
オリンピック 110mH 2次予選組7着 (2000,2004年
世界選手権 110mH 2次予選組6着 (1999年
地域大会決勝 アジア大会
110mH 2位 (2002年
国内大会決勝 日本選手権
110mH 優勝 (1998,1999,2002,2003,2005年)
自己ベスト
110mハードル 13秒39 (2004年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

谷川 聡(たにがわ さとる、1972年7月5日 - )は、日本の陸上競技選手で、現在は筑波大学体育専門学群准教授。博士(体育科学)。110mハードルの第一人者で、2000年シドニーオリンピック2004年アテネオリンピック代表。東京都町田市出身。

人物[編集]

愛称は「サトシ」「サトル」。元祖・アイドル市民ランナーの谷川真理いとこに当たる。

ヘルシンキ世界選手権男子400mH代表の成迫健児・男子砲丸投げ日本チャンピオンの村川洋平・のちにダイハツで活躍し、世界クロスカントリー選手権日本代表になった山中美和子・初代金栗賞受賞者の鐘ヶ江幸治らは筑波大学陸上競技部の後輩に当たる。

略歴[編集]

東京都立八王子東高等学校から中央大学経済学部に進学。高校時代は都大会どまりだったが、中央大学進学後、日本トップクラスの選手として活躍。鈴木真紀小出正子とは同期。卒業後筑波大学大学院に進学した。途中休学しアメリカ合衆国に二年間留学。

大学院修了後、一年間の浪人生活をへてミズノに入社。同期入社は、女子走高跳の日本記録保持者で元日本代表の今井美希・女子円盤投とハンマー投の日本記録保持者でアテネオリンピック代表の室伏由佳室伏重信の娘)。同時期には中央大学で講師として体育実技を担当していた。

2004年のアテネオリンピックでは110mハードルで13”39の日本記録を樹立した。

その後、筑波大学に移籍。2005年には日本選手権優勝、ヘルシンキ世界選手権出場を果たした。

自己ベスト[編集]

種目 記録 年月日 場所 備考
110mハードル 13秒39 (+1.5m/s) 2004年8月24日 ギリシャの旗 アテネ 日本記録

主要大会成績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
1997 ユニバーシアード シチリア 110mH 準決勝 13秒94 (0.0) 1組3着
1998 アジア大会 バンコク 110mH 5位 14秒37 (−0.1)
1999 ユニバーシアード マヨルカ 110mH 準決勝 14秒12 (−2.1)
1999 世界選手権 セビリア 110mH 2次予選 13秒58 (−-0.4) 1組6着
2000 オリンピック シドニー 110mH 2次予選 13秒94 (+0.3) 1組7着
2001 東アジア大会 大阪 110mH 4位 13秒98 (0.0)
2001 世界選手権 エドモントン 110mH 予選 13秒85 (+1.7) 3組5着
2002 アジア大会 釜山 110mH 2位 13秒83 (+0.3)
2004 オリンピック アテネ 110mH 2次予選 13秒70 (0.0) 4組7着、予選:13秒39(+1.5、日本記録)
2005 世界選手権 ヘルシンキ 110mH 予選 14秒25 (−2.8) 5組6着

所属学会[編集]

  • 日本体育学会
  • 日本バイオメカニクス学会
  • 日本トレーニング科学会
  • 日本スポーツ方法学会
  • 日本スプリント学会
  • 日本フットボール学会
  • ACSM学会

著作[編集]

  • 『HURDLER'S DRILL 減速知らず!ハードラーのための姿勢&動きづくり』(指導・解説:谷川聡、実技協力:筑波大学陸上競技部、ジャパンライム、2010/9、DVD

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

記録
先代:
岩崎利彦
(13秒58)
110mハードル日本記録保持者
(13秒55)

1999年8月15日 - 2001年10月17日
次代:
内藤真人
(13秒50)
先代:
内藤真人
(13秒47)
110mハードル日本記録保持者
(13秒39)

2004年8月24日 - 2018年6月24日
次代:
金井大旺
(13秒36)