早川英里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

早川 英里(はやかわ えり、1981年11月15日 - )は、東京都世田谷区出身の女子陸上競技長距離走マラソン)元選手。153cm・42kg。

東京都立駒場高等学校成蹊大学出身。かつては谷川真理の所属するアミノバイタルACに在籍していたが、30歳の時にTOTO陸上競技部に移籍。2012年度から2016年度までの5シーズン、実業団所属の選手として活躍した。2014年仁川アジア競技大会・女子マラソン日本代表(4位)。

略歴[編集]

初マラソンは大学在学中だった2002年12月のホノルルマラソン女子の部で、日本人でトップの4位に入る。翌2003年12月のホノルルマラソン女子の部では、日本人としては初の快挙となる同マラソン初優勝を達成した。

2004年12月のホノルルマラソンで女子の部2連覇を目指したが、途中転倒するアクシデントが響き、2時間28分台の自己記録(当時)を出したものの惜しくも2位だった。

2005年10月のシカゴマラソン女子の部で自己新記録を目標に出走するも、レース終盤脱水症状を起こし急失速、ゴール手前で意識朦朧となり数度転倒してしまい5位に終わり、自己記録も僅か40秒届かなかった。

その後は足のケガや腹部深層筋の痛みが長引き、マラソン等で満足な成績を残せなかった。2011年1月から、トライアスロン日本代表の経歴をもつ山本光宏よりパーソナルトレーニング指導を受け始め、身体のバランスが整っていくにつれて、コンディションが回復。競技パフォーマンスが再び上向いていく。

2012年3月、名古屋ウィメンズマラソンでは11位、当時の自己記録に僅か8秒差で及ばなかったが7年振りに2時間28分台をマーク、復活の兆しを見せた。同年4月、アミノバイタルACからTOTO陸上競技部へ移籍[1]

2013年3月の名古屋ウィメンズマラソンでは、自己記録を約9年ぶりに2分以上更新し、2時間26分台の5位に入った。

2014年3月の名古屋ウィメンズマラソンでは、35km過ぎ辺りから田中智美と日本人トップ争いを演じたものの、40km付近で後方から追い上げた木崎良子(2位)に抜かれたが、再び自己記録を46秒更新する2時間25分台の3位[2]でゴール。この成績により、仁川アジア競技大会・女子マラソンに木崎と共に初選出となった。

2014年10月の仁川アジア大会女子マラソンでは、10kmを過ぎて2位・銀メダル獲得の木崎良子のペースアップについていけず脱落。レース後半に入ってから順位を上げ、競技場に入った後銅メダル獲得のリシャン・ドゥラ・ジェムジュバーレーン)がゴールラインを間違えるハプニングで、一旦早川が3位に上がるも、ゴール手前でジェムジュに再逆転されてしまい、惜しくも4位でメダル獲得はならなかった。

2015年3月、名古屋ウィメンズマラソンに出場したが、17km辺りでハイペースの先頭集団についていけず優勝争いから後退し、結局2時間30分台の9位[2]に留まった。同年9月、ベルリンマラソン・女子の部に出場、日本人では田中智美に次いでの2番手・総合14位だった。

2016年3月、リオデジャネイロオリンピック女子マラソン・国内最終選考会となる名古屋ウィメンズマラソンに5年連続でエントリー。14km地点までは、5km毎約17分前後のペースメーカーについていく先頭集団に居たが、その後ペースダウン。結果2時間31分台の16位に終わり、リオ五輪日本代表選出はならなかった[3][4]

2017年3月 世界陸上ロンドン大会・女子マラソンの日本代表選考レースとなる名古屋ウイメンズマラソンに6年連続して出場したものの、2時間34分台で16位という結果に終わった。3月末にTOTO陸上競技部を退部、第一線からの引退を表明した。引退後の現在はTOTO東京事業所の社員として勤務する傍ら、一般市民ランナーでも活動中[5]

自己記録[編集]

マラソン全記録[編集]

  • 2002年12月8日 ホノルルマラソン女子の部 2時間32分42秒 4位(初マラソン)
  • 2003年12月14日 ホノルルマラソン女子の部 2時間31分57秒 優勝(マラソン初優勝・当時自己記録)
  • 2004年3月14日 名古屋国際女子マラソン 2時間30分47秒 8位(当時自己記録)
  • 2004年12月12日 ホノルルマラソン女子の部 2時間28分11秒 2位(当時自己記録)
  • 2005年10月9日 シカゴマラソン女子の部 2時間28分50秒 5位
  • 2005年12月11日 ホノルルマラソン女子の部 2時間32分59秒 5位
  • 2006年4月23日 ロンドンマラソン女子の部 2時間31分41秒 10位
  • 2006年12月10日 ホノルルマラソン女子の部 2時間32分31秒 3位
  • 2008年12月14日 ホノルルマラソン女子の部 3時間07分39秒 11位
  • 2009年12月13日 ホノルルマラソン女子の部 2時間44分33秒 5位
  • 2010年4月18日 長野オリンピック記念長野マラソン女子の部 2時間33分05秒 3位
  • 2010年10月31日 アテネマラソン女子の部 2時間40分25秒 4位
  • 2010年12月12日 ホノルルマラソン女子の部 2時間42分12秒 5位
  • 2011年11月20日 横浜国際女子マラソン 2時間36分37秒 12位
  • 2012年3月11日 名古屋ウィメンズマラソン 2時間28分19秒 11位
  • 2012年11月18日 横浜国際女子マラソン 2時間33分21秒 9位
  • 2013年3月10日 名古屋ウィメンズマラソン 2時間26分17秒 5位(当時自己記録)
  • 2013年9月29日 ベルリンマラソン女子の部 2時間37分45秒 7位
  • 2014年3月9日 名古屋ウィメンズマラソン 2時間25分31秒 3位[2](現在自己記録)
  • 2014年10月2日 仁川アジア競技大会女子マラソン 2時間33分14秒 4位
  • 2015年3月9日 名古屋ウィメンズマラソン 2時間30分21秒 9位[2]
  • 2015年9月27日 ベルリンマラソン女子の部 2時間31分27秒 14位
  • 2016年3月13日 名古屋ウィメンズマラソン 2時間31分47秒 16位
  • 2017年3月12日 名古屋ウィメンズマラソン 2時間34分27秒 16位(現役ラストラン)

脚注[編集]

  1. ^ 早川英里選手 TOTO陸上部へ(MICKY'S 山本光宏のトレーニング&デイリーブログ)2012年4月10日掲載
  2. ^ a b c d 当初名古屋ウィメンズマラソンで2014年首位・2015年2位だったマリア・コノワロワロシア)が、2015年12月にドーピング違反で失格判定。同選手の2009年以降の記録・順位が抹消により、早川の順位が1つずつ繰り上がった。
  3. ^ 田中、1秒差で日本人トップ/名古屋ウィメンズ詳細(日刊スポーツ)2016年3月13日記事
  4. ^ 名古屋ウィメンズマラソン2016 上位結果(公式サイト)2016年3月13日掲載
  5. ^ 早川英里 (TOTO陸上競技部)より退部のお知らせ(MICKY'S 山本光宏のトレーニング&デイリーブログ)2017年3月24日掲載

外部リンク[編集]