村山紘太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
村山 紘太
むらやま こうた
Portal:陸上競技
Kota Murayama - Rio 2016.jpg
リオデジャネイロ五輪
選手情報
フルネーム 村山 紘太
ラテン文字 Kouta MURAYAWA
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走
所属 旭化成
生年月日 (1993-02-23) 1993年2月23日(25歳)
生誕地 日本の旗 宮城県
身長 174cm
体重 52kg
自己ベスト 1500m : 3分39秒56(2014年)
5000m : 13分19秒62(2015年)
10000m : 27分29秒69(2015年) 日本記録
20km : 58分26秒(2014年)
ハーフマラソン : 1時間02分00秒(2018年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

村山 紘太(むらやま こうた、1993年2月23日 - )は、宮城県出身の陸上競技選手。専門は長距離種目明成高等学校城西大学卒業、旭化成陸上部所属。同チームに所属する村山謙太双子の兄である。10000m日本記録保持者

人物・経歴[編集]

「兄のまねをしているだけでは勝てない」と別の大学へ進学することを決意し、独り立ちを目指す[1]。同じ宮城県出身でトラック種目に強い選手がいたことから城西大学を選んだ[2]

  • 2014年関東学生陸上競技対校選手権大会1部10000mで優勝し、2部10000mで優勝した兄とのアベック優勝となった。同年の日本選手権5000mにおいて2位に食い込み、アジア競技大会大韓民国仁川)の日本代表に選出される。アジア大会本番前の調整で走った日本学生陸上競技対校選手権大会1500mで日本学生歴代2位のタイム(大会新記録)をマークした[3]
  • 2014年アジア競技大会では5000mに出場し、13分34秒57のタイムで5位入賞を果たした[4]
  • アジア大会出場直後に行われた第91回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会では留学生選手を破って日本人歴代1位となる58分26秒のタイムを出し、全体トップでゴールして城西大学の箱根駅伝出場権獲得に貢献した[5]。そして2015年正月の東京箱根間往復大学駅伝競走では2区で出場、兄の謙太と同じ区間での対決となり、紘太は16位で襷を受けた後、8人抜きの快走を見せて1時間7分43秒で区間2位となった[6]
  • 2015年4月、大学卒業と同時に旭化成に兄と共に入社。実業団入り後の5月9日のゴールデンゲームズinのべおか 男子5000mで日本歴代6位にして、日本人史上6人目の13分20秒を切る13分19秒62のタイムをだして北京世界選手権 参加標準(13分23秒00)を突破した[7]。この勢いで臨んだ6月28日の第99回日本選手権新潟市デンカ・ビッグスワンスタジアム)男子5000mで大迫傑との争いを制して13分37秒22で優勝。前月のゴールデンゲームズで世界陸上参加標準記録を突破していた村山は、8月開催予定の世界陸上競技選手権中華人民共和国北京市)の5000m日本代表に即内定した[8]。北京世界選手権では5日目の男子5000m予選第2組に出場、14分7秒11と振るわず予選落ちとなった[9]
  • 世界選手権の後、11月28日に八王子ロングディスタンス(法政大学多摩グラウンド)10000mにて、タイムレース第7組に出場、27分29秒69で第3位(日本人選手1位)入賞し、高岡寿成の持っていた日本記録を14年ぶりに更新した[10][11]。なお、同レースでは旭化成の同僚の鎧坂哲哉も27分29秒74で村山紘太に次いで4位に入って高岡の記録を塗り替え、日本歴代2位となった[11]
  • 2016年1月、全日本実業団対抗駅伝競走大会で、外国人ランナーが多く集まる高速の2区を任され、区間賞も期待されていたが、結果は23分36秒で日本人トップながら区間24位となり、チームの順位も5つ下げてしまい(16位→21位)悔しいデビュー戦となった。
  • 同年6月の第100回日本陸上競技選手権大会では10000mに出場し、大迫傑には敗れたものの2位でゴール。リオデジャネイロオリンピックの5000m・10000m日本代表に内定した。

主な戦績[編集]

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2009 第62回全国高等学校総合体育大会陸上競技大会 1500m予選第1組 3位 3分55秒58 決勝進出
2009 第62回全国高等学校総合体育大会陸上競技大会 1500m決勝 16位 4分00秒96 最下位
2012 第15回アジアジュニア陸上競技選手権大会 5000m 2位 14分33秒67
2012 第14回世界ジュニア陸上競技選手権大会 5000m 11位 14分18秒24
2014 第98回日本陸上競技選手権大会 5000m 2位 13分43秒16
2014 第17回アジア競技大会 5000m 5位 13分34秒57
2014 第91回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 20.0km 1位 58分26秒 日本人歴代1位
2014 第46回全日本大学駅伝対校選手権大会 1区(14.6km) 区間2位 42分58秒 兄・謙太が区間賞
2015 第91回東京箱根間往復大学駅伝競走 2区(23.1km) 区間2位 1時間07分43秒 兄・謙太に勝利
2015 第99回日本陸上競技選手権大会 5000m 優勝 13分37秒22
2015 第15回世界陸上競技選手権大会 5000m 32位 14分07秒11
2015 八王子ロングディスタンス 10000m 7組目3位 27分29秒69 日本記録、リオ五輪派遣記録突破
2016 第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会 2区(8.3km) 区間24位 23分36秒 区間日本人トップ
2016 第100回日本陸上競技選手権大会 10000m 2位 28分16秒54 リオ五輪代表内定
2016 リオデジャネイロオリンピック 10000m 30位 29分02秒51
2016 リオデジャネイロオリンピック 5000m 42位 14分26秒72 予選敗退
2016 八王子ロングディスタンス 10000m 8位(日本人1位) 27分44秒39 世界陸上ロンドン参加標準記録突破
2018 第46回全日本実業団ハーフマラソン ハーフマラソン 2位 1時間02分00秒 日本人首位・世界ハーフマラソン代表内定
2018 第23回世界ハーフマラソン ハーフマラソン 108位 1時間06分49秒 兄・謙太とともに出場
2018 第102回日本陸上競技選手権大会 5000m 12位 14分37秒79

実業団駅伝戦績[編集]

年度 大会 区間 区間順位 記録 総合順位
2015年度
(入社1年目)
第52回九州実業団対抗毎日駅伝大会 5区 区間5位(日本人トップ) 26分43秒 旭化成優勝
第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会 2区 区間24位(日本人トップ) 23分36秒 旭化成7位
2016年度
(入社2年目)
第53回九州実業団対抗毎日駅伝大会 4区 区間賞 24分08秒 旭化成2位
第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会 1区 区間13位 35分26秒 旭化成優勝
2017年度
(入社3年目)
第54回九州実業団対抗毎日駅伝大会 1区 区間8位 38分23秒 Bチーム(オープン)より出場
第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会
出走なし
旭化成優勝

自己記録[編集]

種目 記録 大会 備考
1500m 3分39秒56 2014年9月5日 日本学生陸上競技対校選手権大会 日本歴代9位
5000m 13分19秒62 2015年5月9日 ゴールデンゲームズinのべおか 日本歴代8位
10000m 27分29秒69 2015年11月28日 八王子ロングディスタンス 日本記録
20km 58分26秒 2014年10月28日 箱根駅伝予選会 予選会日本人最高記録
ハーフマラソン 1時間02分00秒 2018年2月11日 全日本実業団ハーフマラソン

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
高岡寿成
10000m日本記録
27分29秒69
次代:
-