佐藤圭汰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤 圭汰
Keita SATO
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 佐藤 圭汰
ラテン文字 Keita SATO
国籍 日本の旗 日本
競技 トラック
種目 中距離走長距離走
大学 駒澤大学
生年月日 (2004-01-22) 2004年1月22日(20歳)
生誕地 京都府の旗京都府京都市
身長 184cm
体重 67kg
自己ベスト
1500m 3分37秒18(2021年)
3000m 7分42秒56(i :日本記録)(2024年)
5000m 13分09秒45(i :日本記録)(2024年)
10000m 27分28秒50(2023年)
獲得メダル
日本の旗 日本
陸上競技
アジア室内選手権
2023 アスタナ 3000m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

佐藤 圭汰(さとう けいた、2004年1月22日 - )は、京都府京都市出身の陸上競技選手。専門は中距離走長距離走洛南高等学校卒業、駒澤大学陸上競技部所属。1500m3000mの高校日本記録保持者。

来歴[編集]

高校1年生時の2019年の全国高等学校駅伝競走大会では2区を走り、区間賞を獲得した[1][2]

2年生時の2020年の全国高校駅伝競走大会では3区を走り、区間5位(日本人トップ)を記録する[1][3]。2年生最後となる2021年3月21日の伊那高校駅伝で4区(9.1キロ)を担当、降雨の中、区間賞となる25分31秒(2位に47秒差)の走りでスタート時の32秒差を逆転してトップに立ち、そのまま洛南高校は大会新記録で優勝を達成した[3]。このとき取材に対して3年生時の目標を「1500m・3000m・5000mの高校日本記録更新」と答えた[3]

3年生となった2021年7月17日、ホクレンディスタンスチャレンジ千歳大会の1500mに出場、日本歴代3位となる3分37秒18の記録で2着になり、1999年に佐藤清治(当時佐久長聖高等学校)が樹立した高校男子日本記録(3分38秒49)を22年ぶりに更新した[4]

さらに同年10月3日に出場した日本体育大学長距離競技会の5000mでは13分31秒19の記録で日本人トップの5着となり、石田洸介(当時東京農業大学第二高等学校)が2020年に樹立した高校男子日本記録(13分34秒74)を更新した[5]。11月21日には京都陸協記録会の3000mに出場、7分50秒81の高校男子日本新記録を樹立して(従来の記録は2016年に遠藤日向が樹立した7分59秒18)[6]、3月に立てた目標を達成した。

日本陸上競技連盟が実施した2021年度ファン投票のU20・中学高校部門(この年度は「これからの成長や活躍が最も楽しみな選手」というテーマ)で3位となった[7]

2021年3月当時の報道では2022年3月の高校卒業後、関東地方の大学への進学を希望していたが[3]、希望通りに2022年4月に東京都世田谷区に本部を置く駒澤大学に入学し、陸上競技部に入部した。

大学入学後、5月のゴールデンゲームズinのべおかで5000mに13分22秒91のU20日本新記録を樹立したが、6月の第106回日本陸上競技選手権大会の5000mは17位に終わる[8]。8月に出場したU20世界陸上競技選手権大会(コロンビア)では体調を崩して5000mで11位の結果だった[8]

10月の第34回出雲駅伝では2区に出走。1位・中央大から9秒差の2位で襷を受けると、わずか1kmでトップに立ち3区・田澤廉に襷を繋いだ。佐藤は従来の記録を20秒更新する15分27秒の区間新記録で区間賞を獲得した。その後も4人全員が区間2位以内と快走を続け9年ぶり4回目の優勝を果たし、青学大の大会記録(2015年)を33秒上回る2時間08分32秒のタイムで大会新記録を樹立した[9] [10]

11月の第54回全日本大学駅伝では2区に出走。1区・円健介から4位で襷を受けると、中央大、青学大、大東大をかわし創価大・葛西潤と共に先頭集団を形成。その後しばらく並走状態が続いたが、10km手前で単独トップに立つ。しかし、中継所目前で葛西に抜き返され1秒差の2位。従来の区間記録を4秒更新したものの、わずか1秒及ばず区間賞とはならなかった[11]。なお駒澤大は3区でトップに立つとそこから独走状態となり、5時間06分47秒の大会新記録で3連覇を成し遂げた[12]

2023年1月2日、3日の第99回箱根駅伝にも出走予定だったが、胃腸炎により欠場[13]

2023年10月4日のアジア大会では5000mに出場し、13分39秒18で6位だった[14]

10月9日の第35回出雲駅伝では前回同様2区に出走。アジア大会から中4日での出場となったが、青学大・黒田朝日と同タイムで2年連続の区間賞を獲得[15][16]。1位で3区・山川拓馬に襷を繋いだ。結果的に駒澤大は1区から一度も先頭を譲らず、2時間07分51秒の大会新記録で2年連続5回目の優勝を果たした[17][18]

11月5日の第55回全日本大学駅伝でも前回と同じく2区に出走すると、区間記録を11秒更新し区間賞を獲得。その後も6人全員が区間3位以内と安定した走りを見せ、4連覇を達成した。

11月25日、八王子ロングディスタンスA組で、自身初の10000mながら27分28秒50で日本人トップとなる。この記録は大野龍二(当時旭化成)が持っていたU20日本記録を19年ぶりに30秒以上更新する記録であり、日本人学生歴代で見ても先輩の田澤に次ぐ2位の記録である。

2024年1月2日、第100回箱根駅伝では往路3区に出走。鈴木芽吹から先頭で襷を受けたが、7km過ぎに青学大・太田蒼生に追いつかれる。その後10km以上に及ぶデッドヒートの末、最終的に青学大と4秒差の2位で4区に襷を繋いだ。区間賞こそ太田に譲ったものの、佐藤の区間記録は同区間の日本人記録を42秒更新する記録であった。駒大はその後青学大を逆転することはできず、総合2位となった。

2024年1月26日、ジョン・トーマス・テリア・クラシックの室内5000mで13分09秒45の9着で走破した。その記録は、5000mにおいて室内日本記録を樹立した。また、屋外を含めても日本歴代2位、日本学生歴代2位の記録である。[19]

2024年2月11日、米国・ニューヨーク、第116回ミルローズ・ゲーム、室内2マイル(約3218m)で8分14秒71を記録。途中通過の3000m(7分42秒56)と共に室内日本記録を樹立し、2レース続けての室内日本記録をマークした。[20][21]

戦歴・記録[編集]

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2018 全国都道府県男子駅伝 6区 2位 8分53秒
2018 全国中学校体育大会 1500m 3位 3分59秒71
2018 ジュニアオリンピック陸上競技大会 1500m 1位 3分57秒34
2019 全国高等学校駅伝競走大会 2区 1位 8分07秒
2020 全国高等学校駅伝競走大会 3区 5位 23分40秒 日本人1位
2021 U20日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走 U20男⼦8km 1位 23分19秒
2021 全国高等学校総合体育大会 1500m 1位 3分41秒26
2021 全国高等学校総合体育大会 5000m 4位 13分41秒72 日本人1位
2021 全国高等学校駅伝競走大会 3区 4位 23分10秒 日本人1位、日本人歴代最高タイム
2022 日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走 シニア男子10km 8位 29分18秒
2022 U20世界陸上競技選手権大会 3000m 7位 8分00秒17 予選、決勝進出
DNS - 決勝
5000m 11位 14分26秒19 決勝
2023 2023年アジア室内陸上競技選手権大会 3000m 2位 7分56秒41i 決勝、室内
2023 2022年アジア競技大会 5000m 6位 13分39秒18 決勝

大学三大駅伝[編集]

学年 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2022年度)
第34回
2区-区間賞
15分27秒
区間新記録
第54回
2区-区間2位
31分13秒
(区間新記録)
第99回
― - ―
出走無し
2年生
(2023年度)
第35回
2区-区間賞
16分08秒
第55回
2区-区間賞
31分01秒
区間新記録
第100回
3区-区間2位
1時間00分13秒

自己記録[編集]

種目 記録 大会 備考
1500m 3分37秒18 2021年7月17日 ホクレンディスタンスチャレンジ 千歳大会 日本高校記録、U20日本記録、U18日本記録、日本歴代6位
3000m 7分42秒56 2024年2月11日 第116回ミルローズ・ゲーム 日本学生記録、日本歴代3位、室内日本記録
2マイル 8分14秒71 2024年2月11日 第116回ミルローズ・ゲーム 室内日本記録
5000m 13分09秒45 2024年1月26日 ジョン・トーマス・テリア・クラシック 日本学生歴代2位、日本歴代2位、室内日本記録
10000m 27分28秒50 2023年11月25日 八王子ロングディスタンス U20日本記録、日本学生歴代2位、日本歴代8位

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 第71回全校高校駅伝3区 - 日本放送協会(2021年11月22日閲覧)
  2. ^ “全国高校駅伝 男子・洛南11位 女子・立宇治7位/京都”. 毎日新聞. (2019年12月23日). https://mainichi.jp/articles/20191223/ddl/k26/050/154000c 2021年11月22日閲覧。 
  3. ^ a b c d “春高校駅伝で初優勝の洛南エース佐藤圭汰「将来、5000メートルで12分台を出したい」”. スポーツ報知. (2021年3月21日). https://hochi.news/articles/20210321-OHT1T50146.html?page=1 2021年11月22日閲覧。 
  4. ^ “洛南高・佐藤圭汰が男子1500mで22年ぶり特大高校新の3分37秒18!!!/ホクレン千歳大会”. 月陸Online. (2021年7月17日). https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/39404 2021年11月22日閲覧。 
  5. ^ “洛南高・佐藤圭汰5000mで13分31秒19の高校新!1500mと2種目の高校記録保持者に”. 月陸Online. (2021年10月3日). https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/45405 2021年11月22日閲覧。 
  6. ^ “佐藤圭汰が3000mで7分50秒81の日本高校最高! 従来の記録を8秒以上更新/京都陸協記録会”. 月陸Online. (2021年11月21日). https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/50675 2021年11月22日閲覧。 
  7. ^ 日本陸連ファン投票2021 結果発表!〜陸上ファンの心を熱くしたナンバーワンは田中希実に決定!〜 - 日本陸上競技連盟(2021年12月20日)2022年9月6日閲覧。
  8. ^ a b 駒澤大・佐藤圭汰「挑戦者」として臨んだ初の日本インカレは7位、この悔しさは駅伝で - 4years(2022年9月14日)2022年10月11日閲覧。
  9. ^ “【出雲駅伝】駒大が大会新記録で9年ぶり4度目V!2区で怪物ルーキー佐藤圭汰が区間新”. 日刊スポーツ. (2022年10月10日). https://www.nikkansports.com/m/sports/athletics/news/amp/202210100000467.html 2023年2月11日閲覧。 
  10. ^ “【出雲駅伝】駒大・佐藤圭汰が2区区間新で衝撃の学生駅伝デビュー 夏まで不調も「これから調子を戻していける」”. 月陸Online. (2022年10月11日). https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/83140 2022年10月11日閲覧。 
  11. ^ “2区は駒大スーパールーキー佐藤圭汰が区間新!順大・三浦龍司は9人抜き!/全日本大学駅伝”. 月陸Online. (2022年11月6日). https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/85033 2023年2月11日閲覧。 
  12. ^ “駒大 大会新で3連覇!!!ルーキーの佐藤&山川が快走、田澤が驚異的な区間新/全日本大学駅伝”. 月陸Online. (2022年11月6日). https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/85100 2023年10月17日閲覧。 
  13. ^ “【箱根駅伝】出走なかった駒大の佐藤圭汰「この状態で走ったらチームの目標を達成できないかも」”. スポーツ報知. (2022年1月3日). https://hochi.news/articles/20230103-OHT1T51114.html 2023年2月11日閲覧。 
  14. ^ “5000m・佐藤圭汰が13分39秒18で6位入賞!2度目のアジアの舞台でも力走/アジア大会”. 月陸Online. (2023年10月4日). https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/116253 2023年10月17日閲覧。 
  15. ^ 第35回出雲全日本大学選抜駅伝競走 第2区 区間記録
  16. ^ “【出雲駅伝】2区はアジア大会から中4日の駒大・佐藤圭汰が独走、区間賞もタイム不満「悔しい」”. 日刊スポーツ. (2023年10月9日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/202310090000363.html 2023年10月17日閲覧。 
  17. ^ 第35回出雲全日本大学選抜駅伝競走 総合成績
  18. ^ “出雲駅伝は駒澤大学が2年連続5度目の優勝! 史上初「2度目の駅伝三冠」へ好発進”. 4years.. (2023年10月9日). https://4years.asahi.com/article/15024768 2023年10月17日閲覧。 
  19. ^ 米国遠征中の佐藤圭汰が室内5000mで13分09秒45! 日本歴代2位相当、日本人2人目の13分10秒切り達成!”. 2023年2月18日閲覧。
  20. ^ 駒大・佐藤圭汰が2マイルで8分14秒71!! 大迫傑の記録塗り替え、2試合連続の日本最高タイム!/WA室内ツアー”. 2024年2月19日閲覧。
  21. ^ Millrose Games Armory Track&Field Center, New York, NY (USA) (i) 09–11 FEB 2024 A”. 2024年2月19日閲覧。

参考文献[編集]

https://komazawa-ekiden.com/team/team-2th/

外部リンク[編集]

先代
佐藤清治
1500m日本高校記録
3分37秒18
次代
(記録保持者)
先代
遠藤日向
3000m日本高校記録
7分50秒81
次代
(記録保持者)
先代
石田洸介
5000m日本高校記録
13分31秒19
次代
吉岡大翔