木原真佐人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

木原 真佐人(きはら まさと、1986年7月13日- )は、兵庫県西宮市出身の陸上競技選手長距離種目)。報徳学園高校中央学院大学卒業。佐川急便陸上競技部所属。

人物・来歴[編集]

報徳学園高校では竹澤健介と同級生であった。また、中央学院大学で指導を受ける川崎勇二監督も報徳学園高校の同窓で先輩に当たる。高校時代はインターハイ予選の兵庫県大会・近畿大会の5,000mで竹澤健介西脇工業高校のエース東野賢治に競り勝ち優勝をしている。島根インターハイでは予選を通過、決勝では10位(日本人選手では5位)の成績を残している。

大学1年(2006年)から箱根駅伝に出場し、1区(21.4km)区間賞を獲得。このときはまだそれほど有名ではなく、その日解説を務めた瀬古利彦も木原の名前を知らなかった。2006年には、上尾シティマラソン大会(ハーフマラソン)で1時間01分50秒と日本人学生記録を樹立。日本インカレ、関東インカレ(2部)、箱根駅伝予選会では2位に入った。箱根駅伝では2年次(2007年)から3年続けて各校のエースが集う花の2区(23.2km)を任され、3年次(2008年)には日本人トップとなる区間3位の快走を見せた。9区で区間新記録を出し最優秀選手にも輝いた主将の篠藤淳とともに母校の箱根駅伝史上初の3位に大きく貢献、4年次(2009年)も日本人トップの区間3位でチームの順位を8つ上げた。 2008年にはチームが3位に入った箱根駅伝2区の他、積極的に先行した札幌国際ハーフマラソンでは5位(日本人1位)となり、世界ハーフマラソン選手権日本代表に選出された。また同年の全日本大学駅伝では2区区間賞の成績を残している。

大学卒業後はカネボウ化粧品に入社。2010年1月1日に行われたニューイヤー駅伝では、社会人1年目にして1区(12.3km)区間賞を獲得した。

2016年3月、カネボウ化粧品を退社し、佐川急便陸上競技部に移籍した。

主な戦績[編集]

記録[編集]

自己ベスト[編集]

日本代表歴[編集]

外部リンク[編集]