大西智也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
男子 陸上競技
東アジア競技大会
2009 香港 ハーフマラソン
ユニバーシアード
2009 ベオグラード ハーフマラソン

大西 智也(おおにし ともや、1987年3月28日 - )は、日本の元陸上競技選手。種目は長距離種目岐阜県岐阜市出身。岐阜県立岐阜商業高等学校東洋大学経済学部経済学科卒業。旭化成陸上部で実業団選手として活躍し、現在は同部のコーチを務める。大西一輝カネボウ陸上競技部所属)は三つ子の兄。

来歴・人物[編集]

中学入学後はバスケットボール部に入部予定だったが、三つ子の兄・一輝が先に入ったため、それを避けて陸上競技を始める(ただし兄も後に陸上競技部へ転部)。高校時代には全国都道府県対抗男子駅伝の代表に兄弟で選出される。高校卒業後は兄弟をセットではなく、一人ずつ個人としてスカウトしてくれたという理由で東洋大学へ進学。大学入学後は川嶋伸次佐藤尚らの指導を受けた。1年の第82回箱根駅伝で5区を走り、序盤から東海大学・伊達秀晃と併走する場面を見せる。第83回箱根駅伝では1区を任され、区間新記録を打ち立てた佐藤悠基に喰らい付こうとする走りを見せた。2009年第85回箱根駅伝では3区を竹澤健介、佐藤悠基に次ぐ区間3位で走り、柏原竜二らとともに東洋大学初優勝に貢献した。

大学卒業後は旭化成へ進み、2009年7月のユニバーシアードセルビアベオグラード大会ではハーフマラソンで2位入賞を果たした。12月13日香港で開催された第5回東アジア競技大会ハーフマラソンに出場し、1時間06分05秒の記録で優勝した。

2010年、1月第54回ニューイヤー駅伝で3区を走り9人抜きの走りを見せると、第15回都道府県対抗男子駅伝では3区を走り、大学生の村澤明伸・柏原らを抑えて区間賞を獲得する貫禄を見せた。静岡国際陸上5000m、九州実業団選手権10000mで相次いで自己記録を更新し6月の第94回日本選手権に出場。10000mでは5位入賞、5000mではラスト1周で先頭に立つ走りを見せて2位に入った。10月、中華人民共和国・南寧で開催された第19回世界ハーフマラソン選手権に出場し、1時間01分31秒の自己新記録で日本勢最上位の9位に入った。

主な戦績[編集]

記録[編集]

自己ベスト
日本代表歴
  • 2006年-2008年 国際千葉駅伝 (日本学連選抜で出場)
  • 2009年 ユニバーシアード ハーフマラソン
  • 2009年 東アジア競技大会 ハーフマラソン
  • 2010年 世界ハーフマラソン選手権

参考資料・外部リンク[編集]

関連項目[編集]