大西一輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大西 一輝(おおにし かずき、1987年3月28日 - )は、日本の陸上競技選手。種目は長距離種目。 岐阜県岐阜市出身。岐阜県立岐阜商業高等学校東洋大学経済学部経済学科卒業。カネボウ陸上競技部所属。同じ東洋大学卒業の大西智也(旭化成所属)は三つ子の弟。

来歴・人物[編集]

中学入学当初はバスケットボール部に入部。後に陸上競技部へ転部(ちなみに弟の智也は「(一輝と)一緒が嫌だ」という理由で入学と同時に陸上部へ入部)。

高校時代は全国都道府県対抗男子駅伝の代表に兄弟で選出される。

東洋大学在学中の2007年、2008年の箱根駅伝で、2年連続「山下り」の6区を走る。

2009年は当日のメンバー変更で箱根駅伝は走れなかったが、元部員の不祥事で監督・部長が辞任、箱根への出場も危ぶまれた中、チームを主将として支え続け、東洋大学の初優勝に貢献した。

2009年、カネボウへ入社。

記録[編集]

自己ベスト

関連項目[編集]