菊地賢人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菊地 賢人
きくち まさと
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 菊地 賢人
ラテン文字 Masato Kikuchi
愛称 きくりん、まーくん
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離走
所属 コニカミノルタ
大学 明治大学理工学部数学科卒業
生年月日 (1990-09-18) 1990年9月18日(28歳)
出身地 北海道ニセコ町
身長 173cm
体重 57kg
自己ベスト 5000m : 13分35秒18(2014年)[1]
10000m : 28分04秒25(2014年)
ハーフマラソン : 1時間00分32秒(2015年)
30km : 1時間32分09秒(2016年)
マラソン : 2時間17分32秒(2017年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

菊地 賢人(きくち まさと、1990年9月18日 - )は日本陸上競技選手、専門は長距離種目室蘭大谷高校明治大学卒業。コニカミノルタ所属。

人物[編集]

  • 北海道ニセコ町出身。小学6年生の時に本格的に陸上をはじめる。[2]高校生まで道内で過ごし、室蘭大谷高校在学中に10000mで30分06秒50の北海道高校生記録を樹立する。
  • 高校卒業後は明治大学に進学し、競走部のメンバーとして活躍。箱根駅伝には4年連続で出場した。中でも3年時の第88回箱根駅伝では、チームの主将であり絶対的エースであった鎧坂哲哉(現・旭化成所属)が坐骨神経痛の影響から回避したエース区間2区を菊地が担当し、区間5位の走りでまとめ、明治大学史上49年振りの総合3位以内に貢献した。[3]大会後に鎧坂から主将を受け継ぎ、4年時にはチームをまとめた。なお、明治大学時代は、3学年上に石川卓哉、2学年上に鎧坂哲哉、1学年下に北魁道、2学年下に大六野秀畝有村優樹八木沢元樹、3学年下に横手健木村慎がいた。
  • 大学卒業後コニカミノルタに入社。第97回日本選手権では5000mに出場し4位入賞、2014年のニューイヤー駅伝では最終区間7区を担当し、区間2位の走りで先頭を独走しコニカミノルタ2連覇の優勝テープを切るなどルーキーイヤーから活躍する。2年目のシーズンも好調を維持し、第98回日本選手権では5000mに出場し、前年より1ランクアップの3位入賞。2015年のニューイヤー駅伝ではスピード区間3区を担当し、1位の日清食品グループと11秒差の2位でタスキを受け取ると、先頭を走る日本選手権10000mで4連覇中の日本屈指のスピードランナー佐藤悠基を猛追し、4秒差まで追い上げタスキを繋いだ。菊地も佐藤相手に差を詰める快走だったが、明治大学の先輩である旭化成の鎧坂が菊地を上回り区間賞を獲得。菊地は2年連続の同駅伝区間2位となった。同年の都道府県対抗男子駅伝では北海道チームの3区を走り区間賞を獲得し、北海道はチーム史上最高の総合18位となった。
  • 近年のハーフマラソンの走力には定評があり、現在日本記録と15秒差の1時間00分32秒という日本歴代4位の記録を保持している。最後の箱根駅伝後の2013年の香川丸亀国際ハーフマラソンで1時間02分26秒の自己記録をマークしたところから始まり、翌2014年の丸亀ハーフでは1時間01分50秒の記録で5位入賞(日本人3位)、その2週間後の全日本実業団ハーフマラソンでは1時間01分17秒の記録で準優勝(日本人1位)を果たし、翌月の世界ハーフマラソンにも日本代表として出場し、日本人トップの18位となった(記録1時間01分22秒)。さらに翌2015年の丸亀ハーフでは日本歴代5位(当時)となる1時間00分57秒の記録で7位(日本人1位)となり、2週間後の全日本実業団ハーフで日本歴代3位(当時)となる1時間00分32秒の記録で3位入賞(日本人1位)を果たす。このようにわずか2年ほどの間に5度自己ベストを更新、6度63分以内の記録をマークと絶え間無い成長と安定感を見せている。特に日本歴代3位(当時)の記録をマークした2015年の全日本実業団ハーフマラソンでは20km地点まで佐藤敦之の日本記録(当時)と同じペースで走っており、今後の日本記録の樹立が期待されている。[4][5]

駅伝戦績[編集]

大学駅伝戦績[編集]

学年 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2009年度)
第21回
2区-区間10位
16分52秒
第41回
- - -
出走なし
第86回
7区-区間10位
1時間06分31秒
2年生
(2010年度)
第22回
1区-区間16位
25分02秒
第42回
4区-区間6位
41分25秒
第87回
3区-区間4位
1時間03分23秒
3年生
(2011年度)
第23回
6区-区間7位
30分43秒
第43回
8区-区間9位
1時間02分35秒
第88回
2区-区間6位
1時間08分47秒
4年生
(2012年度)
第24回
- - -
出走なし
第44回
- - -
出走なし
第89回
3区-区間5位
1時間06分27秒

実業団駅伝戦績[編集]

年度 大会 所属 区間 区間順位 記録 総合順位
2013年度(入社1年目) 第58回全日本実業団対抗駅伝競走大会 コニカミノルタ 7区 区間2位 47分37秒 コニカミノルタ優勝
2014年度
(入社2年目)
第55回東日本実業団対抗駅伝競走大会 1区 区間2位 33分31秒 コニカミノルタ優勝
第59回全日本実業団対抗駅伝競走大会 3区 区間2位 38分38秒 コニカミノルタ2位
2015年度
(入社3年目)
第56回東日本実業団対抗駅伝競走大会 4区 区間7位 29分29秒 コニカミノルタ4位
第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会 3区 区間2位 38分20秒 コニカミノルタ2位
2016年度
(入社4年目)
第57回東日本実業団対抗駅伝競走大会 1区 区間5位 33分35秒 コニカミノルタ7位
第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会 3区 区間4位 38分39秒 コニカミノルタ5位

自己ベスト[編集]

種目 記録 大会 備考
5000m 13分35秒18 2014年5月10日 ゴールデンゲームズinのべおか
10000m 28分04秒25 2014年11月29日 八王子ロングディスタンス
ハーフマラソン 1時間00分32秒 2015年2月15日 全日本実業団ハーフマラソン 日本歴代3位(当時)
30km 1時間32分09秒 2016年2月21日 熊日30キロロードレース

出典[編集]

  1. ^ コニカミノルタ陸上競技部-菊地賢人”. 2015年6月25日閲覧。
  2. ^ がんばれニセコ 先輩からのメッセージ (PDF) 」 、『広報ニセコ』2011年10月、ニセコ町 p. 8
  3. ^ 箱根駅伝公式Webサイト”. 2015年6月25日閲覧。
  4. ^ 香川丸亀国際ハーフマラソン”. 2015年6月25日閲覧。
  5. ^ 全日本実業団陸上競技連合‐ハーフマラソン”. 2015年6月25日閲覧。

外部リンク[編集]