大久保初男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大久保 初男(おおくぼ はつお 1955年2月26日-)は、日本の陸上競技選手。専門は長距離。元仙台大学助教授。

来歴・人物[編集]

宮城県柴田町出身[1]。東北高等学校卒業[1]大東文化大学時代に箱根駅伝で大活躍[1]。とりわけ山登りの技術に長け、5区で4年連続区間賞を獲得するという金字塔を打ち立てた[1]。山登りの名人との異名をとった。いわゆる「山の大東」を象徴する野武士の一人。

スポーツライターの生島淳今井正人以前の『元祖・山の神』は大久保であると言及している[2]

大学卒業後は大昭和製紙に奉職。仙台大学助教授などの要職を歴任し[1]、仙台大学陸上競技部監督も務めた。

長男の大久保陸人も陸上選手で、2015年に父と同様、大東文化大学に入学[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e [襷の記憶]大東大・大久保初男さん(74~77年) スポーツ報知
  2. ^ 生島淳 『箱根駅伝』 幻冬社、2011年、41-44頁。
  3. ^ 【箱根への道】大東大・大久保、伝説の父超える スポーツ報知

関連人物[編集]

外部リンク[編集]