村山謙太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
村山 謙太
むらやま けんた
Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Kenta MURAYAWA
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走
所属 旭化成
生年月日 (1993-02-23) 1993年2月23日(25歳)
生誕地 日本の旗 宮城県
身長 176cm
体重 55kg
自己ベスト 1500m : 3分42秒31(2016年)
5000m : 13分34秒53(2014年)
10000m : 27分39秒95(2015年)
10マイル : 46分08秒(2015年)
ハーフマラソン : 1時間00分50秒(2014年)
マラソン : 2時間09分50秒(2018年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

村山 謙太(むらやま けんた、1993年2月23日 - )は宮城県出身の陸上競技選手。専門は長距離種目明成高等学校駒澤大学経済学部経済学科卒業、旭化成陸上部所属。 同チームに所属する村山紘太双子の弟である。

人物・経歴[編集]

  • 高校3年時に10000m高校歴代3位となるタイムをマーク。
  • 2011年日本学生陸上競技対校選手権大会5000mにおいて、1年生ながら優勝を果たす。
  • 2013年全日本大学駅伝4区で区間記録を5年ぶりに更新し、優勝に貢献した。
  • 丸亀国際ハーフマラソンで日本人学生新記録(日本歴代3位〈当時〉)を樹立[1]
  • 2014年関東学生陸上競技対校選手権大会2部10000mで優勝し、1部10000mで優勝した弟とのアベック優勝となった。
  • 2014年に行われた全日本大学駅伝1区で弟の村山紘太と対決して中継所まで激しいスパート合戦を繰り広げる。タイム差なしの同着ながら区間賞を獲得した[2]
  • 2015年卒の選手として、明大の大六野秀畝と共に学生三大駅伝フル出場を果たした。
  • 2015年5月9日ゴールデンゲームズinのべおか 男子10000mで日本歴代6位となるタイムで北京世界陸上 参加標準(27分45秒00)を突破した。
  • 世界陸上代表を狙って出場した第99回日本選手権10000mでは11位に沈む。しかし、4月の第63回兵庫リレーカーニバルで日本人1位になり選考基準を満たしていたため世界陸上代表に内定した。村山紘太と揃って双子での代表内定となった。
  • 2015年8月、2015年世界陸上競技選手権大会 北京大会10000mに出場。29分50秒22で22位となった。
  • 2016年1月、初の全日本実業団対抗駅伝競走大会で各チームが出揃う花の4区で、1時間04分11秒で区間10位でチーム順位も、4つ上げ、エースの役割を果たした。
  • 2016年2月、東京マラソン でマラソンデビュー。日本人でただ一人、海外選手のハイペースに食らいついたが、序盤で足のまめがつぶれ出血した影響もあり、終盤大きく失速。全体の30位に終わった[3]
  • 第61回、62回全日本実業団対抗駅伝競走大会においては、いずれも5区で区間賞を獲得し、チームを連続優勝へと導いている。

成績・記録[編集]

主な戦績[編集]

大会 種目 順位 記録 備考
2011 第95回日本陸上競技選手権大会 10000m 11位 28分49秒07
2012 第26回福岡国際クロスカントリー大会 シニア 10km 13位 31分16秒
2012 第14回世界ジュニア陸上競技選手権大会 10000m 6位 29分40秒56
2012 第25回上尾シティハーフマラソン ハーフマラソン 優勝 1時間02分46秒
2013 第67回香川丸亀国際ハーフマラソン ハーフマラソン 4位 1時間01分19秒
2013 第27回福岡国際クロスカントリー大会 シニア 10km 23位 31分31秒
2013 第8回ニューヨークシティーハーフマラソン ハーフマラソン 10位 1時間02分02秒
2013 第27回ユニバーシアード競技大会 10000m 10位 30分02秒46
2014 第68回香川丸亀国際ハーフマラソン大会 ハーフマラソン 2位 1時間00分50秒 日本歴代3位(当時)、日本人学生記録
2014 第21回世界ハーフマラソン選手権大会 ハーフマラソン 56位 1時間03分52秒
2014 第98回日本陸上競技選手権大会 10000m 4位 28分39秒03
2015 第29回福岡国際クロスカントリー大会 シニア 10km 2位 29分31秒
2015 第99回日本陸上競技選手権大会 10000m 11位 29分02秒88
2015 第99回日本陸上競技選手権大会 5000m 30位 13分57秒91
2015 第15回世界陸上競技選手権大会 10000m 22位 29分50秒22
2015 第40回甲佐10マイル公認ロードレース 10マイルロードレース 2位 46分08秒 日本歴代9位
2016 第100回日本陸上競技選手権大会 10000m 9位 28分37秒13
2017 第101回日本陸上競技選手権大会 10000m 18位 29分24秒04
2018 第23回世界ハーフマラソン選手権大会 ハーフマラソン 46位 1時間03分07秒 弟・紘太とともに出場
2018 第102回日本陸上競技選手権大会 10000m 6位 28分42秒46

マラソン全成績[編集]

大会 順位 記録 備考
2016 第10回東京マラソン 30位 2時間16分58秒 初マラソン
2018 第73回びわ湖毎日マラソン 21位 2時間17分43秒
2018 ゴールドコーストマラソン2018 2位 2時間09分50秒 初サブテン
2018 ベルリンマラソン2018 16位 2時間15分37秒

大学駅伝戦績[編集]

学年 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2011年度)
第23回
1区-区間13位
23分54秒
第43回
2区-区間3位
38分23秒
第88回
2区-区間9位
1時間09分04秒
2年生
(2012年度)
第24回
2区-区間9位
17分27秒
第44回
2区-区間4位
38分04秒
第89回
5区-区間8位
1時間24分25秒
3年生
(2013年度)
第25回
3区-区間賞
22分36秒(区間新)
第45回
4区-区間賞
39分24秒(区間新)
第90回
2区-区間2位
1時間08分27秒
4年生
(2014年度)
第26回
3区エントリー
大会中止
第46回
1区-区間賞
42分58秒
第91回
2区-区間4位
1時間07分46秒

実業団駅伝戦績[編集]

年度 大会 区間 区間順位 記録 備考
2015年度
(入社1年目)
第52回九州実業団対抗毎日駅伝大会 7区 区間賞 41分59秒 旭化成優勝
第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会 4区 区間10位 1時間04分11秒 旭化成7位
2016年度
(入社2年目)
第53回九州実業団対抗毎日駅伝大会 3区 区間3位 37分46秒 旭化成2位
第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会 5区 区間賞 46分36秒 旭化成優勝
2017年度
(入社3年目)
第54回九州実業団対抗毎日駅伝大会 5区 区間8位 41分41秒 Bチーム(オープン)
より出場
第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会 5区 区間賞 47分09秒 旭化成優勝

自己記録[編集]

種目 記録 大会 備考
5000m 13分34秒53 2014年5月10日 ゴールデンゲームズinのべおか
10000m 27分39秒95 2015年5月9日 ゴールデンゲームズinのべおか 日本歴代7位
ハーフマラソン 1時間00分50秒 2014年2月2日 香川丸亀国際ハーフマラソン 日本歴代3位
マラソン 2時間09分50秒 2018年7月1日 ゴールドコーストマラソン
歴代記録は当時の順位

脚注[編集]

  1. ^ ハーフマラソン、村山謙太が2位 丸亀国際、日本歴代3位 共同通信(2014-02-02)
  2. ^ 城西大・村山 双子兄は駒大エース、雪辱へ闘志「万全で臨める」 スポニチ(2014-12-12)
  3. ^ [1] 初挑戦の村山、先頭に一人食らいつくも30位…足のまめつぶし失速/マラソン

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

先代:
永田宏一郎
ハーフマラソン日本人学生記録
1時間00分50秒
次代:
(記録保持者)