岡本直己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡本 直己(おかもと なおき、1984年5月26日 - )は、日本の陸上競技選手、専門は長距離走鳥取県出身。由良育英高校(現・鳥取中央育英高校)、明治大学政治経済学部卒業。中国電力陸上競技部所属。

経歴[編集]

小学校のマラソン大会で好成績を収めたことをきっかけに、中学校で陸上部に入り本格的に陸上を始める[1]。中学時代から都道府県対抗駅伝に鳥取県代表として出場していた。鳥取県の駅伝の強豪・由良育英高校を経て、明治大学に進学。当時の明治大学は総合優勝経験がありながらも、長らく箱根駅伝出場から遠ざかっていたが、岡本が2年生の時に14年ぶりに予選会を勝ち抜き2005年箱根駅伝への出場を決めた。以後、2007年箱根駅伝まで3年連続で明治大学は箱根駅伝本戦に出場する。岡本自身も3年連続で出走し、古豪復活の礎を築いた[2]

大学卒業後は中国地方に戻り、中国電力に入社。入部時から現在までチームの主力として活躍。特に、元日に開催される全日本実業団駅伝では毎年安定した走りを見せ、チームを上位入賞に導いている。ルーキーとして迎えた2008年の全日本実業団駅伝では強力な外国人選手がひしめく3区を走り区間12位(日本人1位)。2009年・2010年には主要区間である5区を走り、それぞれ区間4位・区間賞と好走。2011年に満を持してエース区間4区に出走し区間3位。2012年・2013年も4区を走りそれぞれ区間3位となり、各チームのエースが集う区間で3年連続区間3位という抜群の安定感を見せた。2014年も4区を走り区間4位にまとめている。

駅伝での活躍は全日本実業団駅伝に留まらず、中国電力の所在地である広島県で開催される都道府県対抗駅伝でも毎年好走している。中国電力入社後は、開催地・広島県チームから出場(入社以前は鳥取県チームから出場していた)。2008年から2014年までに出走した6度の大会ですべて区間順位一桁で走っている(特に2009年の第14回大会では7区区間賞獲得)。また、同駅伝への出走回数は15回と全選手中最多であり、通算で94人を追い抜いている[3]。このような実績から、NHKによる同駅伝の放送ではミスター駅伝と形容されている。

30代としてはじめて迎えた2015年の全日本実業団駅伝・都道府県対抗駅伝では、それぞれ区間13位・区間18位と、両大会とも区間二桁順位に沈んだ。同年、それまで努めていた主将を明治大学の後輩でもある石川卓哉に引き継いだ。

駅伝での実績と比べ、マラソンでは長年結果が出せずに苦しんだが、「今大会で結果が出なかったらマラソンから足を洗って、駅伝に専念しようかな」と考え臨んだ2018年2月の青梅マラソン(30㎞)で優勝を果たす [4]。そして同年8月の北海道マラソンでは、フルマラソン初優勝を果たしマラソングランドチャンピオンシップ2020年東京オリンピック男子マラソン選考会)出場権を獲得した [5]

自己ベスト・主な成績[編集]

自己ベスト[編集]

全日本実業団駅伝成績[編集]

年(回) 区間 区間順位 記録 備考
2008年(第52回) 3区 区間12位 32分33秒 ※日本人1位
2009年(第53回) 5区 区間4位 47分45秒
2010年(第54回) 5区 区間賞 46分48秒
2011年(第55回) 4区 区間3位 63分53秒
2012年(第56回) 4区 区間3位 63分40秒
2013年(第57回) 4区 区間3位 63分21秒
2014年(第58回) 4区 区間4位 64分22秒
2015年(第59回) 4区 区間13位 64分22秒
2016年(第60回) 4区 区間12位 64分32秒
2017年(第61回) 3区 区間9位 39分01秒
2018年(第62回) 3区 区間7位 39分00秒

都道府県対抗男子駅伝[編集]

年(回) チーム 区分 区間 区間順位 記録
2000年(第5回) 鳥取県 中学生 2区 区間13位 8分50秒
2002年(第7回) 高校生 1区 区間6位 20分16秒
2003年(第8回) 1区 区間10位 20分23秒
2005年(第10回) 一般 7区 区間28位 38分52秒
2006年(第11回) 7区 区間14位 38分46秒
2007年(第12回) 7区 区間18位 38分54秒
2008年(第13回) 広島県 3区 区間2位 23分51秒
2009年(第14回) 7区 区間賞 37分55秒
2010年(第15回) 3区 区間4位 24分19秒
2011年(第16回) 3区 区間6位 24分17秒
2013年(第18回) 3区 区間4位 23分59秒
2014年(第19回) 3区 区間8位 24分07秒
2015年(第20回) 3区 区間18位 24分38秒
2016年(第21回) 鳥取県 3区 区間26位 25分16秒
2018年(第23回) 3区 区間19位 24分31秒

脚注[編集]

  1. ^ [1]中国電力陸上競技部 ランナーズ・ブログ 『第12回インタビュー(岡本選手・藤森選手)』
  2. ^ [2]箱根駅伝公式Webサイト
  3. ^ [3]選手別データ-岡本直己
  4. ^ [4]【青梅マラソン】岡本直己、背水Vだった「結果が出なかったら駅伝に専念しよう」 スポーツ報知
  5. ^ [5]北海道マラソン 男子は岡本直己(中国電力)が優勝:どうしん電子版(北海道新聞)