サニブラウン・アブデル・ハキーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サニブラウン・アブデル・ハキーム Portal:陸上競技
DOH80519 4x100m men final lyles (48910954971) (cropped).jpg
選手情報
フルネーム サニブラウン・アブデル・ハキーム
ラテン文字 SANI BROWN Abdul Hakim
愛称 ハキーム、サニー
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 短距離走
所属 タンブルウィード・トラッククラブ
大学 フロリダ大学
生年月日 (1999-03-06) 1999年3月6日(23歳)
出身地 福岡県北九州市[1]
身長 190cm[2]
体重 83kg[2][3]
コーチ担当者 レイナ・レイダー
自己ベスト
60m 6秒54(2019年)日本記録
100m 9秒97(2019年)
200m 20秒08(2019年)
獲得メダル
日本の旗 日本
陸上競技
世界陸上選手権
2019 ドーハ 4×100mR
世界ユース選手権
2015 カリ 100m
2015 カリ 200m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

サニブラウン アブデルハキーム[4](Abdul Hakim Sani Brown、1999年3月6日[5] - )は、日本陸上競技選手。専門は短距離走100m200mでは日本歴代2位[6]60mでは日本タイ記録の保持者。また、2022年オレゴン世界選手権大会で日本人初の決勝進出。

来歴[編集]

福岡県北九州市出身[1]ガーナ人の父と日本人の母を両親に持つ[7]。戸籍上の姓は「サニブラウン」、名は「アブデルハキーム」[8]。名付けたのは祖父である[10]

父親はサッカーの経験があり、母親は100mハードル全国高等学校総合体育大会陸上競技大会に出場した経歴を持っているアスリート一家であった[11]。サニブラウンも子供の頃はサッカーに取り組み、ポジションはフォワードだったが、小学校3年生の時に母親からの薦めで陸上競技を始める[7][11][12]

港区立お台場学園港陽小学校を卒業後[13]城西大学附属城西中学校・高等学校に進学し[14]、クラブ顧問の山村貴彦(元日本代表・シドニーオリンピック出場)の指導を受けるようになり、その年のインターハイ男子200mで準優勝をし、その約1ヶ月後の第69回国民体育大会100m(少年B)に10秒45の高1最高記録で優勝[7]。10月に行われた日本ジュニア陸上では100mで10秒47を記録し第3位、200mでは高1歴代最高記録となる21秒09を記録し、並み居る年上の強豪を抑え優勝した。

2015年[編集]

2015年1月には、東京オリンピック代表選手候補に期待される日本陸上競技連盟の「ダイヤモンドアスリート」に認定された[7][15]

同年6月の日本陸上競技選手権大会は3着と同タイム着差ありの100m2位、2着と同タイム着差なしの200m2位であった[7]

同年7月にコロンビアサンティアゴ・デ・カリでおこなわれた第9回世界ユース陸上競技選手権大会では、100m10秒28、200m20秒34と共に大会記録で優勝し、2冠を達成した[16]

また2015年世界陸上競技選手権大会中華人民共和国北京市)日本代表にも選出され、男子200mでは史上最年少(16歳)で準決勝に進出し[17]、男子4×100mリレーでも予選でサニブラウンを温存して決勝レースでのアンカー起用の構想があったが、日本チームが予選敗退を喫したため、幻に終わった[18]

同年の国際陸上競技連盟年間表彰『IAAF World Athletes of the Year for 2015』にて、「RISING STAR AWARD」(新人賞)を受賞することが発表された[19][20]

2016年[編集]

2016年11月10日、2017年の秋期からフロリダ大学に進学し、練習拠点もフロリダ州ゲインズビルに移すことを発表[21]

2017年[編集]

2017年6月の第101回日本陸上競技選手権大会男子100mでは、予選・準決勝と10秒06をマークして決勝進出、当時の自己ベストを0秒12縮めた。決勝では突然の雨の中、更に縮めて10秒05のタイムで初優勝を勝ち取った。男子200m決勝でも20秒32の自己ベストで初優勝、末續慎吾以来14年ぶりとなる短距離2冠を達成した[22]

同年8月の2017年世界陸上競技選手権大会・男子100m予選では、向かい風0.6mで自己ベストタイとなる10秒05を記録、組1着で準決勝に進出した。準決勝ではスタート直後にバランスを崩してしまい、10秒28で敗退した。男子200mでは史上最年少(18歳5か月)で決勝進出、20秒63で7位入賞を果たした。

同年9月からフロリダ大学へ進学。

同年12月に行われた日本陸上競技連盟の年間表彰式「アスレティックス・アワード2017」では、優秀選手賞を受賞した。

2019年[編集]

2019年3月、NCAA室内陸上競技選手権大会の60m予選で室内日本タイとなる6秒54を記録[3]。決勝では6秒55で3位に入った[23]

5月11日にアーカンソー州フェイエットビルで開催されたSEC屋外陸上競技選手権大会の100m決勝で日本歴代2位となる9秒99を記録して優勝、日本人として桐生祥秀に次ぐ9秒台ランナーとなった[3]。この記録により、日本人の男子100mでは最初に2020年東京オリンピックの参加標準記録(10秒05)を突破した[3]

6月6日、テキサス州オースティンで行われたNCAA屋外陸上競技選手権大会の男子100m準決勝で、追い風2.4mの参考記録ながら9秒96を記録[24]。翌日の決勝では、9秒97(追い風0.8m)の(当時)日本新記録を樹立して3位に入った[25]。その45分後に行われた男子200m決勝では、20秒08(追い風0.8m)の日本歴代2位の記録で3位に入った[25]

生まれ故郷の福岡県で行われた第103回日本陸上競技選手権大会では、100mで大会新記録となる10秒02(向かい風0.3m)[26]、200mで20秒35(向かい風1.3m)を記録して2度目の短距離2冠を達成[27]。2種目で2019年世界陸上競技選手権大会代表に選出された[28]

2021年[編集]

2021年8月の東京オリンピック陸上男子200m予選では21秒41の2組6着となり準決勝に進めなかった[29]

2022年[編集]

第106回日本陸上競技選手権大会の準決勝において、100m世界選手権標準記録の10秒05を突破する10秒04を記録。

翌日の決勝ではスタートで飛び出した坂井隆一郎を中盤で逆転し10秒08の好タイムで3年ぶりの優勝を果たした。

2022年7月世界陸上男子100mに出場。大会初日に行われた予選をセカンドベストとなる9秒98(−0.3)の組1着で通過した。翌日の準決勝では、1組3着となりタイムで決勝に進出。これは、日本人として初めての快挙であり、世界大会男子100mで日本選手が決勝に進出するのは1932年ロサンゼルス五輪吉岡隆徳以来実に90年ぶりのことだった。

決勝では10秒06で7位入賞を果たした。

戦績[編集]

国際大会[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2015 世界ユース選手権 コロンビアの旗カリ 100m 優勝 10秒28(-0.4) 大会新記録
200m 優勝 20秒34(-0.4) 大会新記録
第15回世界選手権大会 中華人民共和国の旗北京 200m 準決勝 20秒47(-0.2) 2組5着
16歳での準決勝進出は同種目で史上最年少となる。
2017 第16回世界選手権大会 イギリスの旗ロンドン 100m 準決勝 10秒28(-0.2) 2組7着
予選の10秒05(-0.6)は世界選手権における日本最高記録、日本歴代6位
200m 7位 20秒63(-0.1) 18歳5ヶ月での決勝進出は同種目で史上最年少となる。
2019 第17回世界選手権大会 カタールの旗ドーハ 100m 準決勝 10秒15(-0.3) 1組5着
4x100mR 3位 37秒43 アジア記録

日本選手権[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2015 第99回日本陸上競技選手権大会 新潟市 100m 2位 10秒40(-0.9)
200m 2位 20秒57(+0.8)
2017 第101回日本陸上競技選手権大会 大阪市 100m 優勝 10秒05(+0.6) 大会記録タイ
日本歴代6位
200m 優勝 20秒32(+0.3) 日本歴代8位
2019 第103回日本陸上競技選手権大会 福岡市 100m 優勝 10秒02(-0.3) 大会新記録
200m 優勝 20秒35(-1.3)

ベスト記録[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風、-は向かい風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 9秒97(+0.8) 2019年6月7日 アメリカ合衆国の旗 オースティン 日本歴代2位
200m 20秒08(+0.8) 2019年6月7日 アメリカ合衆国の旗 オースティン 日本歴代2位
4×100mR 37秒43 2019年10月5日 カタールの旗 ドーハ 4走、アジア記録、日本記録、国別歴代4位
室内
60m 6秒54 2019年3月9日 アメリカ合衆国の旗 アラバマ州 日本記録タイ

年次記録[編集]

太字は自己ベスト。歴代記録は当時。

100m 風速 備考 200m 風速 備考
2012年
(中学2年)
11秒65 +0.6 24秒00 不明
2013年
(中学3年)
10秒83 -0.3 21秒85 +0.9
2014年
(高校1年)
10秒45 0.0 高校1年歴代1位 21秒09 +1.4 高校1年歴代1位
2015年
(高校2年)
10秒28 -0.4 高校歴代5位タイ 20秒34 -0.4 日本歴代8位
U18世界歴代2位
日本高校記録
2016年
(高校3年)
10秒22 +1.0 U18世界歴代4位
U18日本歴代2位
高校歴代2位
20秒54 +1.0 高校3年歴代2位
2017年 10秒05
10秒05
+0.6
-0.6
日本歴代6位
U20世界歴代10位タイ
U20日本歴代2位
20秒32 +0.3 日本歴代8位
U20日本歴代2位
2018年
(大学1年)
10秒46 +1.4 20秒64 +1.4
2019年
(大学2年)
9秒97 +0.8 日本歴代2位 20秒08 +0.8 日本歴代2位
2020年
2021年 10秒29 +0.5 21秒41 +0.9

脚注[編集]

  1. ^ a b “サニブラウン、ゆかりの福岡でハーフで日本記録期待 母の地元 6月日本選手権”. 西日本新聞. (2019年5月13日). https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/509577/ 2019年5月13日閲覧。 
  2. ^ a b “サニブラウン アブデルハキーム”. 日本陸上競技連盟公式サイト. https://www.jaaf.or.jp/athletes/profile/abdul_hakim_sanibrown/ 2019年9月6日閲覧。 
  3. ^ a b c d “サニブラウン9秒99!桐生祥秀に次ぐ2人目9秒台”. 日刊スポーツ. (2019年5月12日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201905120000180.html 2019年5月12日閲覧。 
  4. ^ サニブラウン アブデルハキーム:チームJAPAN” (日本語). 日本陸上競技連盟公式サイト. 2021年11月19日閲覧。
  5. ^ エントリー選手一覧 - 日本陸上競技連盟
  6. ^ サニブラウン「やっぱりスタートのところがいつも問題」日本選手権へ抱負”. 日刊スポーツ (2021年6月2日). 2021年6月2日閲覧。
  7. ^ a b c d e 日本短距離の新星。17歳、サニブラウン・ハキームの将来性(2015年7月22日時点のアーカイブ) - Sportiva 2015年7月1日
  8. ^ asahi_runnerのツイート(636443455426695168)
  9. ^ 朝日新聞スポーツ部陸上担当さんのツイート Twitter 2015年6月26日
  10. ^ 「朝日新聞スポーツ部陸上担当」はアブデル=「司る人」、ハキーム=「賢い」という意味をもつと聞いている[9]
  11. ^ a b “潜在能力は桐生以上!?…陸上界最強ハーフ、サニブラウン”. 産経WEST. (2015年8月6日). https://www.sankei.com/article/20150806-DU66UY4JJVP4XGZZ57MJRHLTIQ/ 2017年8月11日閲覧。 
  12. ^ 【世界陸上】サニブラウン、香川真司から激励ユニ 決勝進出は「いい報告になった」
  13. ^ 港区教育委員会ひろば”. 2022年7月16日閲覧。
  14. ^ 城西高校陸上部Member 城西大学城西高等学校陸上競技部ホームページ参照
  15. ^ 2020東京オリンピック「ダイヤモンドアスリート」を認定!(2015年1月27日時点のアーカイブ) - 日本陸上競技連盟
  16. ^ ““怪物”高校生ハキームが2冠に”. デイリースポーツ. (2015年7月20日). http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2015/07/20/0008227167.shtml 2017年8月11日閲覧。 
  17. ^ “サニブラウン200m史上最年少の決勝進出ならず”. 日刊スポーツ. (2015年8月26日). http://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1528769.html 2017年8月11日閲覧。 
  18. ^ “日本男子400リレー敗退 サニブラウン温存裏目”. 日刊スポーツ. (2015年8月30日). http://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1530585.html 2017年8月11日閲覧。 
  19. ^ Eaton and Dibaba are crowned 2015 IAAF World Athletes of the Year IAAFプレスリリース 26 NOV 2015
  20. ^ サニブラウンに国際陸連新人賞 世界ユース優勝を評価(2015年11月27日時点のアーカイブ) - 朝日新聞 2015年11月27日閲覧
  21. ^ “サニブラウン、フロリダ大学へ進学 将来の夢はスポーツマネジメント”. スポニチアネックス. (2016年11月11日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/11/11/kiji/K20161111013700960.html 2017年8月11日閲覧。 
  22. ^ “サニブラウン 200も制し末続以来14年ぶりの2冠”. スポニチアネックス. (2017年6月25日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/06/25/kiji/20170625s00056000349000c.html 2017年8月11日閲覧。 
  23. ^ “サニブラウンが日本タイ記録で復活!60m走6秒54ってどのくらい凄い?”. NunberWeb. (2019年3月15日). https://number.bunshun.jp/articles/-/838619?page=1 2019年6月9日閲覧。 
  24. ^ “サニブラウンが100メートルで決勝進出 追い風参考記録で9秒96 全米大学陸上”. 毎日新聞. (2019年6月7日). https://mainichi.jp/articles/20190606/k00/00m/050/031000c 2019年6月9日閲覧。 
  25. ^ a b “9秒台は当たり前 サニブラウン日本人初2度目大台”. 日刊スポーツ. (2019年6月9日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201906090000112.html 2019年6月9日閲覧。 
  26. ^ “サニブラウン・ハキームが陸上日本選手権100mで優勝! 9月「世界陸上ドーハ」出場が内定”. ザテレビジョン. (2019年6月29日). https://thetv.jp/news/detail/195563/ 2019年7月3日閲覧。 
  27. ^ “強さはDNAだけじゃない サニブラウンを変えた“脱昭和指導””. 日刊ゲンダイ. (2019年7月2日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/257304 2019年7月3日閲覧。 
  28. ^ “サニブラウン、世界選手権100メートル日本人初ファイナリストへ!東京五輪へ“虎”視眈々「集中」”. スポニチアネックス. (2019年7月1日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/07/02/kiji/20190702s00056000043000c.html 2019年7月3日閲覧。 
  29. ^ “飯塚翔太「めちゃくちゃ悔しい」初の予選通過ならず/陸上”. サンケイスポーツ. https://www.sanspo.com/article/20210803-ZZLHJDST4FKRJH2YR6SLCBKG3Y/?outputType=theme_tokyo2020 2021年8月3日閲覧。 

外部リンク[編集]