戸邉直人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
戸邉直人 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 戸邉 直人
ラテン文字 Naoto tobe
国籍 日本の旗 日本
種目 走高跳
所属 日本航空
大学 筑波大学(2010年 - 2013年)、筑波大学大学院
生年月日 (1992-03-31) 1992年3月31日(27歳)
出身地 千葉県野田市
身長 194cm
体重 74kg
自己ベスト
走高跳 2m35(2019年) 日本記録
 
獲得メダル
日本の旗 日本
陸上競技
アジア競技大会
2018 ジャカルタ 走高跳
世界ジュニア陸上競技選手権大会
2010 モンクトン 走高跳
編集 テンプレートのヘルプを表示する

戸邉 直人(とべ なおと、1992年3月31日 - )は、日本陸上競技選手。男子走高跳日本記録保持者(2m35)。千葉県野田市出身。

略歴[編集]

野田市立第二中学校出身。第33回全日本中学校陸上競技選手権大会に中学3年で出場。1m94で優勝した。中学卒業後、専修大学松戸高等学校に進学。高校3年次にインターハイ出場、2m18で優勝。インターハイから約2ヶ月後に行われたトキめき新潟国体では高校新記録となる2m23で優勝し、高校2冠となった[1]。大学は筑波大学に進学。大学2年次に第94回日本陸上競技選手権大会で5位入賞、第19回アジア陸上代表となる。3年次は第95回日本陸上競技選手権大会において2m22で初優勝する[2]。アジア大会では、初出場ながら2m21で5位入賞を果たす[3]。大学卒業後、千葉陸協を経てつくばツインピークスに所属。2015年の第99回日本陸上競技選手権大会で自身2度目の優勝を果たし、2015年世界陸上競技選手権大会代表に選ばれた。近年日本代表から遠ざかっていたが、第102回日本陸上競技選手権大会において2位に入賞し、第18回アジア大会出場を決めた。2018年7月11日、欧州遠征中に出場したイタリアの試合で日本歴代2位タイとなる2m32を記録した[4]。 2018年8月27日インドネシアジャカルタで行われた第18回アジア大会において自身初の銅メダルを獲得した[5]2019年2月2日ドイツカールスルーエで行われたIAAFインドアミーティング英語版において2m35を記録して優勝[6]、13年ぶりに日本記録を更新した。また室内日本記録も13年ぶりの更新となった[7]

2019年、日本航空に入社[8]。6月に行われた第103回日本陸上競技選手権大会では2m27で優勝し[9]2019年世界陸上競技選手権大会代表に選ばれた。

日本選手権はこれまでに2011年、2015年、2019年の3度優勝を飾っている。

年次ベスト[編集]

主な戦績[編集]

国内での成績[編集]

国際大会での主な成績[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ トキめき新潟国体・走り高跳び 高校新で優勝-戸邉直人選手(専大松戸高校3年)|東葛まいにち”. 2018年8月14日閲覧。
  2. ^ 第95回日本陸上競技選手権大会 競技結果 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2018年8月14日閲覧。
  3. ^ 第19回アジア陸上競技選手権 兵庫・神戸大会 男子走高跳決勝 競技結果 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2018年8月14日閲覧。
  4. ^ 男子走高跳日本歴代2位の2m32!戸邉直人選手からメッセージが届きました!:日本陸上競技連盟公式サイト”. 2018年8月14日閲覧。
  5. ^ Athletics - Men's High Jump|Asian Games 2018 Jakarta Palembang” [陸上 - 男子走高跳結果|2018 ジャカルタ/パレンパン アジア大会] (英語). 2018年9月13日閲覧。
  6. ^ High Jump Result|Indoor Meeting - Karlsruhe|iaaf.org” [男子走高跳結果 - 2019カールスルーエ室内陸上競技会] (英語). 2019年2月11日閲覧。
  7. ^ 走り高跳びで13年ぶり日本新記録。実業団を断り海外で育った戸邉直人。(Number Web) - Yahoo!ニュース”. 2019年2月11日閲覧。
  8. ^ “JALにトップアスリートが入社|プレスリリース|JAL企業サイト” (プレスリリース), 日本航空株式会社, (2019年2月23日), https://press.jal.co.jp/ja/release/201902/005074.html 2019年7月22日閲覧。 
  9. ^ 第103回日本選手権 TOP8リザルト (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2019年7月22日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
醍醐直幸
男子走高跳日本記録保持者
2019/2/2 -
次代:
-